話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜

血迷ったトモ

第52話 反応に困ります

「は、はぁ…。ありがとございます。」

 急に優しくなったエーリカに、聡は内心で首を傾げるが、取り敢えずお礼を言っておく。

「おいおい!まさか、エーリカ…。」

「何でしょうか?」

 またまたどこかで見たことあるやり取りが発生し、『今日は、こんなんばっかりだな』と聡はため息をつく。

「…サトシは、エーリカの恋人なのか!?」

 ルドガーは、少し溜めを入れてから、とんでもない事を口にする。
 その言葉に、エーリカは一瞬呆けた顔を見せるが、直ぐに顔を真っ赤に染めながら、顔を勢い良く横に振って否定する。

「…い、いえ、違います!恋人じゃありません!」

「そんなに必死に否定されると、事実でもそれなりに凹むんですが…。」

 どんよりとした空気を纏いながら、暗く落ち込んだ声音で呟く。
 告ってもないのにフラれるこの気分、余計な事を口走ったルドガーで落とし前をつけてやろうかと、殺気を飛ばそうとするが、その前に、隣のエーリカが聡の手を握ってくる。

「ごめんなさい。私、そういう手の話に弱くて、つい慌てちゃったの。別にサトシさんが嫌いだとか、そういうのじゃないのよ?」

「な、なら良いんですが…。」

 急に手を握られて、ドギマギしてしまう聡。
 綺麗な女の子に手を握られれば、誰だって反応に困るだろう。しかもエーリカは、今日会ったばかりの女性である。
 女性との会話がそんなに得意では無い聡は、ただ戸惑う事しか出来ない。

「ほ、本当よ?何なら、サトシさんが寿命を迎えるまで、付き合ってあげても良いんだからね。」

「ありがとうございます。エーリカさんみたいな優しい人が居る人生、悪く無さそうですね。」

 壮大な事を言われて、つい聡もそんな事を口にする。
 永遠の時を生きる事になる聡にとって、エーリカのような長命種のエルフ族は、友好な関係を築いておくに越したことはない。

「そ、そう?」

 見た目ではなく、中身の性格・・・・・を褒められて、エーリカはすっかり顔を赤くして、照れてしまう。

ーこ、これはやっぱり恋…なのかしら?さっき初めて会話したばかりだというのに、最初から心を許せそうな安心感。そして、あの魔力放出・・・・を見てから、胸の高まりが収まらない!で、でも、私が恋なんてする訳無いし、もう少しだけ、考えてからじゃないと…。ー

 聡に熱い視線を送りながら、そんな事を考えるエーリカ。

「…えっと、俺は一体、何を見せられてるんだ?」

「「あ…。」」

 そこで、今まで、空気と化していたルドガーが、非常に言いにくそうに、2人に声をかける。
 途端に、慌てて手を離して、佇まいを整えたエーリカは、ルドガーに向かって頭を下げる。

「と、とんだ醜態をお見せしました。申し訳ございません。」

「いや、俺としても、エーリカに…。いや、何も言うまい。」

「?」

 意味深な事を口にするルドガーを、首を傾げながら見る聡。

「何を言おうとしたのか、非常に気になりますが、何か考えがあって言うのを止めたのでしょうから、問い詰めるのは後にしますね。」

 だが、何を言おうとしたのか、容易に察する事が出来たエーリカは、惚れ惚れする笑顔を浮かべながら、恐ろしい事を言うのだった。

「じゃ、じゃあ次の質問だ。サトシには、婚約者とか恋人とかは居るのか?今までのを全て答えてくれると助かる。」

「…(がたっ)。」

 その質問に過剰に反応してしまい、エーリカは机の足を蹴飛ばしてしまう。

「い、居たこともありませんが?」

「…(ほっ)。」

「?」

 傍から見れば、エーリカがどんな感情を抱いているかなど、丸分かりなのに、人とのコミュニケーションという点において、経験が浅い聡は全く気付く気配が無い。ただ首を傾げるだけだ。

「それじゃあ、次は好きな女性のタイプは?」

「答えなきゃいけないんですか?」

「答えてくれると助かる。」

「…まぁ、好きなった人がタイプ、としか言い様が無いですね。特定の好みは無いと思います。強いて挙げるなら、優しい方・・・・が良いとは思いますが。」

「今まで好きになった女性は?」

「居ませんね。何分、そっち方面には、てんで縁がありませんでしたから。」

 酷い責め苦を受けている気分の聡のテンションは、徐々に下がっていく。
 反対に、隣のエーリカの表情は明るくなっていくのだが。

「結婚願望は?」

「…出来ればしたいとは思いますが、出来ません・・・・・。」

「出来ない?」

 聡の言葉を、オウム返しのように呟くエーリカ。
 結婚とは、その根本は、次の世代の生命を育むという事が、意義の大部分を占める。特に、人の生き死にが、現代日本よりも激しいこの世界において、子を成す事は何よりも重要視される。

 だが、ほぼ完全無欠の、絶対に死ぬ事の無い生物(?)が、子を成す必要があるだろうか?その答えは、『否』である。

 だからこそ、聡は結婚が出来ない・・・・と言い切るのだ。

「…なるほど。御身・・の事情は大体察した。」

「あ、別に身分は高くないですよ?私は大分特殊な、普通の平民です。」

 今までのやり取りから、聡がやんごとなき身分の人間だと勘違いしたルドガーが、呼び方を変えてきたので、苦笑しながら返す。

「いや、大分特殊な奴は、普通の平民とは言わんだろう…。しかし、そうなると、サトシの事が、全く分からなくなるな…。」

「あはは…。」

 ボリボリと頭を掻きながら、ルドガーは難しい顔をする。
 こうして、今日はお開きとなったのだが、暫くは聡の担当として、エーリカが補助として付く事になり、彼女は内心、大層喜んでいたそうだ。

「外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く