話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜

血迷ったトモ

閑話 不穏な動き

???某所

 聡がエンデ村を出た頃、暗く、陽の光が届かない、ジメジメとした場所で、2人の男が会話をしていた。

「おい、とんでもない事になってるぞ!」

「…騒がしいな。貴様は静かに喋れないのか?」

 一方は、落ち着きのない、頭の禿げ上がった痩せ気味の男で、無駄にゴテゴテした、法衣のような服を着ている。もう一方は体全体をすっぽり覆う灰色のローブを着た、冷たい声色の男だった。

「それどころじゃない!あの忌々しい魔王が封印されていた城が、跡形もなく消えたんだぞ!?」

 唾を飛ばしながら、興奮した様子で叫ぶ痩せ気味の男。
 そいつにより齎された情報は、感情の見えないローブの男でさえも、狼狽しているのが丸分かりになってしまう程のものであった。

「なん…だと?それはいつの事だ?」

「あ、あそこの巡回は、月に1度きりだ!だから、少なくとも1ヶ月以内としか言えない!」

「つまり、魔王が生きているか、死んでいるかさえ分からんという事か。」

「あの化け物が死ぬわけないだろ!?山を丸ごと吹き飛ばすような攻撃くらっても、まるで効いてない奴だぞ!?」

「耳障りだから黙れ。ここで兎や角言ってても、何も始まらんのだから、部下共を動かして、さっさと付近を捜索させたらどうだ?」

 飛んでくる唾を避けながら、ローブの男は皮肉げに口元を歪めて言う。

「貴様に言われんでも、既にやっている!だが魔王が野放しになっているなど、万が一にでも許されん事だ!だからこそ、『鏖殺』!貴様にも動いて貰うぞ!」

 その瞬間、『鏖殺』と呼ばれたローブの男から、とんでもない密度の殺気と魔力が、一帯に撒き散らされる。

「おい、それは、魔王を見つけた時は、自由に動いて良いって事だよな?」

 先程とは打って変わって、好戦的な声色の『鏖殺』が、そこには居た。

「あ、あぁ。す、好きに動いてくれて構わない。」

 痩せた男が、その雰囲気に圧されながらも、何とか頷くと、『鏖殺』から一気に殺気と魔力が消える。

「そうか。」

 そして無感情に頷くと、煙のようにその場から消え失せるのだった。

「…ふぅ。恐ろしい奴だ。」

 痩せた男は、冷や汗を拭いながら呟く。

『鏖殺』。その名は、裏の世界では、知らぬ者が居ないとまで言われた名である。
 彼に、盗賊に襲われている村を救えと命ずると、その村どころか、周辺の十数個の村を巻き込み、そのまま消失・・させてしまうのだ。その跡地に生き残る生物は、『鏖殺』ただ1人のみである。

 そんな男が、魔王討伐の為、封印されていた場所へと、向かったのだ。

「『鏖殺』なら、魔王を消滅・・させられるだろう。くくくく…。この300年間、辛酸をなめた我々の歴史に、遂に終止符が打たれるだろう。くくくく…。ふははははは!!!!!」

 暗く不快なその空間に、気味の悪い笑い声が、響き渡るのだった…。

「外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く