外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜

血迷ったトモ

第25話 一家団欒

 エマに紅茶を淹れてもらい、何とか落ち着いた聡とマリウスは、ソファーに腰を下ろし、再び向かい合って話し始める。

「では、具体的な解決について、じっくり話し合いましょう。」

「あぁ、そうだな。というか、頼む。」

 聡の言葉に頷くマリウスだが、彼には打開策は無いため、実質、聡に丸投げ状態なので、どこか申し訳なさそうだ。
 そんなマリウスに構わず、聡は笑顔で方法を提案していく。

「まず、単純にその厄介者の貴族を、プチッと文字通りに潰す方法がありますね。」

「い、いや、サトシになら確かに可能だと思うが、その後、大罪人として国に追われるぞ?てか何で笑顔?」

 マリウスに表情を指摘され、聡は慌てて真面目な顔をする。

「すみません、気にしないで下さい。まぁ恐らく、長年の鬱憤が漸く晴らせると、今からワクワクしてるのでしょう。」

「な、長年の鬱憤って、貴族を痛めつけるのがそんなに楽しいと感じる程か!?一体サトシに、どんな苛酷な過去が!?」

 漫画を読みたい、アニメを見たい、ネット小説の続き読みたい、コンビニ行きたい、ライブ行きたいなど、様々な欲を長年我慢してきた聡は、格好のストレス発散の機会として、今回の厄介事を有効に活用するつもりのようだ。

「冗談ですよ。しかし、何か良い案はありませんかね?小児愛者から大人の女性を、1人だけに限定して愛する事が出来るよう、調きょ…教育的指導を行うとか。」

「い、今、礼儀正しいサトシの口から出るとは思えない様な発言をしたよな!?」

 わぁわぁと騒ぎながら話し合いを続ける2人。しかし、中々良い案が浮かばず、結局夕方になり、イルマが夕食の支度が整った旨を伝えに来た事により、一時中断となったのだった。


 テールブルに座らされ、自身の席の目の前に設置された皿と、スプーンやフォークを見て、驚きの声を挙げる。

「え?私も頂いて宜しいんですか?」

 イルマに夕食と告げられたマリウスは、急に聡の肩に腕を回し、『エマの料理は美味いんだぞ〜』とリビングまで引っ張って来た。そのため聡は、イマイチ状況が掴めておらず、自分の分が用意されている事に驚いたのだ。

「え?食べて行かないの?」

 途端に悲しそうな表情をするエマ。見るとマリウスとイルマは残念そうな表情を浮かべている。

「い、いえ、喜んで食べさせて頂きます。」

 他人と食事を共にするなど、久し振りな上に、日本でも滅多に機会が無かったので、ガチガチに緊張してしまう聡。

「あら、良かったわ!」

 心の底から嬉しそうにするエマ。そんなエマの様子に、少し疑問を感じる聡だが、『ただ単純に良い人なだけか』と結論付ける。
 しかしそんな聡の疑問は、イルマの一言により、解決される。

「4人で食べるなんて、久し振りだね・・・・・・!」

「そうだな…。」

「はい?」

 まるで以前は、4人で食卓を囲むのが当たり前であったかの様なイルマの発言と、マリウスのしんみりとした言い様に、思わず心の声が、口に出てしまう聡。

「あぁ、サトシにはまだ言ってなかったな。俺には、息子が居るんだ。」

 不穏な空気を感じる衝撃の発言に、聡は驚きが隠せない。

「む、息子さんですか。…今はどちらに?」

 地雷原に突っ込むこと覚悟で、その話題の核心をつく質問をする。

「息子は、エルマーっていうんだが、今は…。」

「えぇ。」

「今は、ここから遠く離れた、王都の学園に通ってるんだ。」

「そうですか…。って、学園?」

 沈痛な面持ちで、マリウスの言葉を待っていた聡は、間抜けな表情で聞き返す。

「あぁ、学園だ。エルマーがここを発ってから、もう3年になるな…。まぁたまに手紙が来るから、元気にやってるのは分かっているんだがな。」

 寂しそうに呟くマリウス。周りを見ると、エマとイルマも同じ表情をしている。

「あ〜、その〜、人が作ってくれた料理なんて、久し振り過ぎて、凄く楽しみです!」

 暗い空気に耐えきれなくなった聡は、精一杯頑張って、明るく言う。
 事実、他人の作る料理は久し振りであるし、この世界の料理は、トイフェルの買い込んだ料理本の挿絵くらいでしか見た事が無いため、楽しみなのも本音であるため、嘘っぽくならなかったのは、救いであろう。

「あらあら。お口に合うと良いのだけれど。」

 その甲斐あってか、エマは実に嬉しそうだ。
 こうして何やかんやありつつも、無事に始まる夕食。マリウスの言う通り、エマの料理は美味しく、初めて食べる具材でも抵抗無く残さず平らげる事が出来た。

「いや〜、美味しかったです!」

 食後のお茶になり、食べ過ぎて満腹のお腹も落ち着いて来た頃、聡は笑顔でエマに告げる。

「ありがとう。そう言ってもらえると、嬉しいわ。」

 聡が食べっぷりが良かったからか、エマは上機嫌だ。
 ここまで来ると、聡も当初の他人と食卓を囲む緊張感はすっかり解け、そのままマリウス一家の団欒に溶け込み、ゆっくり過ごすのであった。

「外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く