外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜

血迷ったトモ

第23話 道徳的な人間 (1)

 正午を回る前、聡はマリウスに連れられて、マリウスの仕事部屋に居た。

「さて、そろそろ俺がサトシを村に入れた理由のうち、信頼出来る以外の理由を話しておこう。」

「え?何か理由があるんですか?」

 『話があるから着いて来い』と唐突に連れられて来た聡は、いきなり妙な事を言われて首を傾げる。
 それもその筈、初対面の人間に何か、実は悪党かもしれないという危険を犯してまで、村に入れる理由など、到底ある訳ないからだ。

「あぁ、ある。まぁ、ただの勘だがな。」

「勘かい!」

 思わずツッコミを入れてしまう聡。

「何か問題があるか?サトシが信用出来るってのも、俺の直感なんだがな。」

「そう言われると、弱いですね〜…。」

 『あはは』と頬を掻きながら、聡は観念した様子で下座のソファーに座る。
 部屋の主人の許しなく、勝手に座るのは如何なものかと思ったが、自身とマリウスの関係性を鑑みるに、そこまで気を遣う必要無しと判断したのだろう。

「じゃあ本題だ。」

「はい。」

 言いながら、マリウスは上座側のソファーに腰を下ろし、ちょっと緊張した面持ちになる。
 そんなマリウスに釣られ、唾をゴクリと飲み込んで、何を言われるのかと緊張する聡。

「サトシ、お前実は、…。」

「はい。」

「実は、今朝会った時に居た連中と、俺を併せても、一瞬で殺すことが出来るくらいには強いだろ?」

「へ?」

 何を言われるのかと身構えていた聡は、予想の斜め上を行くマリウスの言葉に、間抜けな声が漏れてしまう。
 だがマリウスは、そんな聡には構わず根拠を話し出す。

「俺にはな、【直感】っていうスキルがあって、それが発動した時に感じた事は、間違いだった事が無いんだ。」

「なるほど…。で、村には危害は加えないが、滅茶苦茶に強いと感じた訳ですか?」

 トイフェルから、スキル【直感】の事を聞いていた聡は、別段驚く様子も無く、冷静に予想を建てている。

「あ、あぁ、概ねその通りだ。」

 一方でマリウスは、予想外の反応を示した聡に、困惑気味である。もっと戸惑ったり、驚くものであると考えていたのだ。

「しかし、その事を私に告げる理由が分かりませんね。話のタネにしたかった…なんて事は無いでしょうに。」

 ちょっと目を細めて聞く聡。

「当然だ。ところで、イルマからこの村の成り立ちは聞いたな?」

 聡からの視線に動じず、マリウスは至極余裕な様子だ。

「えぇ、聞きましたよ。何かやばい貴族が領主だってところまで。」

「そうか。なら話が早い。」

 聡が領主という単語に触れた途端、眉を顰めるマリウス。その表情から、早くもこの村から出たくなってきた聡。

-あ〜、これは、絶対にお約束奉仕活動で決定だな…。-

 聡は思う。自分が日本に居た頃好きだった、ファンタジー小説の主人公達は、よっぽどのお人好しか、馬鹿であったのだろうと。
 例え人助けとはいえ、自分に利があるとは限らない事を、平然と、息をするようにするのは、損得勘定が出来ないか、した上で助けているかの2択であると、聡は思っている。
 因みに聡にとって、今回は利があるかと言えば、ほぼ無いと言っても過言では無い。何故なら、聡は金を余るほど持っているし、その他諸々の欲は、ここ300年でコントロール出来るようになった。

「…。」

 無言で考えを巡らせる聡。そんな聡に、マリウスは静かに語りかける。

「なぁ、サトシ。」

「…はい。」

「お前の力、ちょっとばかし、貸しちゃくれないか?」

 軽い口調だが、真っ直ぐに聡に向き合い、真剣な声音だ。
 聡とて鬼では無い。人間として、道徳的に、彼の話を聞かないのは、悪い事のように感じたため、頭を押さえつつ質問する。

「具体的には、何に力を貸してほしいんですか?」

 反応が芳しくないと感じていたマリウスは、一応は話を聞く気があると思ったのか、少し嬉しそうに、しかし深刻そうに話し出す。

「実はだな、これも俺の直感で感じたものなんだが、近いうちに、あのクソッタレ領主が、うちの村で、何かヤバい事をやらかす可能性がある。まだ誰にも話していないがな。」

「なるほど、ヤバい事ですか。」

 『ほら来た!』と、聡は心の中で溜息をつく。こちらの世界の内情に詳しくない聡には、そのような問題を解決するには、純粋に力で無理矢理抑えつけるしか方法は無い。しかしそれでは、暴力ではなく権力も兼ね備えている貴族相手には、いささか相性が良くない。

「あぁ、ヤバい事だ。曖昧な表現だが、その内容は概ね想像つく。金銭などの財物が略取されるのは目に見えている。後は、この村では人数は少ないが、奴の大好きな、年端もいかない少女が拐かされるだろう。恐らく、イルマも含めてな。」

 無感情な口調だが、烈火の炎の如き怒りを感じているようだ。その手は握り拳を作り、血の気が失せるほど力が込められている。
 そんなマリウスの様子を、聡は悩ましげな表情で眺めるのだった。

「外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く