外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜

血迷ったトモ

第19話 鬼よm…ナンデモナイデス

 揶揄われているマリウス見て、聡はニヤニヤ、イルマは恥ずかしそうな表情で眺めていた。…マリウスは顔を赤くして、ナイスガイな雰囲気は、完全に消えている。
 そんなほのぼのとした雰囲気は、エマの一言によって崩壊する事となる。

「で、さっきは何を騒いでいたの?」

 ニコニコと曇りない笑顔で告げられた言葉に、マリウスとイルマが『ピシリ』と音が聞こえるような勢いで、動きを止めてしまう。

「あ〜、いや〜、別に大した事は無いですよ?客人が珍しいというお話を伺っていただけですので。はい。マリウスさん、特に何も無いですよね?」

 言い知れぬ圧を感じ、言葉数が多くなる聡。どうやら彼は、緊張すると口数に出る質であるようだ。
 そしていきなりふられたマリウスは、冷や汗をかきながら口を開く。

「お、おう。そうだな!うん!何もないよ!なぁ、イルマ!」

「うん!何にもないよ!だってサトシさんは、大事なお客様だから!」

 だが話を振ったのは失敗だったようで、何かを恐るような表情で、『問い詰めて下さい』と言っているかのような、そんな素振りを見せる2人。

「…焦り過ぎでは?」

 そんな彼らの様子を見て、何かがヤバいと感じた聡は、後退りをして村の出口に近付く。が、直ぐにそれは阻まれてしまう。

「サトシ君?何処に行くの?」

「はい!?な、何の事でしょう?」

 何時の間にかエマにガッシリと左肩を掴まれ、身動きが取れない聡。今の彼は、成人男性の約2倍程の力で動こうとしているのにも関わらずだ。
 エマは笑顔のままだ。だが聡には見える。彼女の背後に、スタ○ドの如く居る鬼面を被った化け物の姿が。

「さぁ、サトシ君?何があったのか、正直に話してもらえるよね?」

「は、はい。」

 幾らステータスが生物の限界を超えてても、勝てないものはあるとヒシヒシ感じる聡。ここで聡の脳裏には、3つの選択肢が浮かんでくる。

1、大人しくぶっちゃけて、解放される
2、嘘ついて酷い目にあう
3、1人生贄を捧げる (責任を押し付ける)

 碌な選択肢が浮かばない事に、聡は内心頭を抱えるが、それでもこれが限界なのだ。
 1を選べばほぼ間違い無く聡は解放、寧ろ丁重に扱われるだろうが、これではイルマが、ついでにマリウスも哀れである。
 2では、何故被害者である自分が酷い目にあうのかは分からないが、兎も角そんな義理は無いので当然却下である。
 そして最終的に3が残るのだが、この場合可愛い女の子のイルマに責任を押し付けるのは、聡には有り得ない選択となる為、結論として―

「かくかくしかじか、という事で、全部マリウスさんが悪いです。因みに矢は、恐らくあのまま立っていても、私からかなり離れた位置を通り過ぎていたと思います。」

―マリウスを売る事になった。

「な、何ぃ!?う、嘘だろ!?」

「あ〜な〜た〜?」

 真っ青を通り越し、紙のように真っ白な顔色になるマリウス。『てへぺろっ』と、合掌する聡。イルマは呆気にとられている。

「さ、サトシ!実はお前、最初の時俺が色々と見破ったの、根に持ってるだろ!?」

「さぁ?何の事でしょう?あ、エマさん。私はあまり、というか全然気にしていないので、他の人に迷惑をかけないようにという1点のみで、お説教をお願いします。それにマリウスさんには、先程から色々と便宜を図っていただいてますので。」

 涙目で悲鳴を上げるマリウスを見て、流石に可哀想になった聡は、軽く助け舟を出してやる。

「そうかい?被害者がそう言うんじゃ、仕方無いね。今回は軽めにしておいてあげるわ。」

 『はぁ』と溜息をついて、エマは減刑を約束する。そんな聡とエマのやり取りに、ホッとした表情のマリウス。本気で怒ったエマが、どれだけ恐ろしいのか興味は尽きないが、薮蛇になっても困るので、その辺はオールスルーする聡。

「さて、マリウスさんのお説教が終わるまで、どうしますかね?」

 マリウスが村の端までドナドナされていくのを横目に、聡は呟く。マリウスは実に悲しそうな目でこちらを見ていたが、これ以上聡にはどうしようも無いので、彼の事は綺麗さっぱり忘れる事にしたようだ。

「そ、それなら、私が村を案内しようか?さっきお父さんと滞在がどうとかって話が聞こえたから、サトシさんは、この村に暫く居るんだよね?」

 嵐が去った事に安堵し、気が抜けたのか、年相応の口調になったイルマ。
 そんなイルマの言葉に、聡は戸惑いながらも、大人しく案内を受ける事にする。

「え、あ、はい。様子見も含めて、少し滞在しようかと思ってます。ですので、そのお誘いは嬉しいです。よろしくお願いします。」

 14歳の少女に、敬語を使って堅苦しく話す321歳の自称旅人の男。全事情を知る者から見るとそれは、実に奇妙な組み合わせだったであろう。

「うん、分かった!じゃあ、最初は―」

 パァーっと明るい笑顔を浮かべて、案内する順序を決めるイルマ。滅多に来ない他所の人に、村の自慢出来る場所を紹介したいのだろうか。そんなイルマに、聡は穏やかな表情で着いていくのだった。

「外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く