外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜

血迷ったトモ

第17話 殺す気か!? (死ねない人が言うと、ただのネタ)

「ま、【魔法創造マジッククリエイト 、時間停滞タイムスタグネーション】!」

 門付近の櫓から、矢が放たれた瞬間、聡は予め考えておいた魔法を発動させる。
 この魔法は、自分の思考以外の時間を、全て停滞させるというものだ。タキサイキア現象、いわゆるスローモーション現象とは違い、実際に周囲の動きが鈍くなるという点がミソだ。

-さて、どうすっかな。って、怖っ!もう届くまでに、そんなに距離無いやん!-

 見ると、既に聡から20メートル程しか離れていない位置に、矢はあった。長らく危機に晒されていない聡にとっては、いや、普通の人間にとっても、十分に恐ろしい光景だろう。

-そ、それよりも、対処法だ。慌てて回避しようものなら、村ごと破壊するようなパワーが出かねないからな。あの位置から予測すると…ふむ、一応は急所は避けてるみたいだな。狙いは右の肩口辺りか?大半の人間には防ぎにくい、嫌な位置だな。-

 この世界でも、多くの者が右利きであると聞いているため、恐らくは殺さずに無力化するためだろうが、防御しにくい場所を狙われるのは、良い気分では無いようだ。

-かと言って、態々受けてやる義理も無いか。じゃあ、自然を装って下にしゃがみ込むか。【時間停滞タイムスタグネーション解除リムーブ】!-

 考えを纏めてから、魔法を解除する。そして世界の動きが元に戻った瞬間、聡は普通の人間レベルの速さで、叫びながら頭を抱えてしゃがむ。

「うわぁ!?」

 聡が心の中で『成功!』と考えると同時に、右後ろの方で、矢が地面に刺さった音が聞こえてくる。
 聡に矢が当たっていない事を、慌てて確認したマリウスは、何かを思い出したかのように、ポンと手を打つ。

「あ!合言葉叫ぶの忘れてたわ!今までで使った事が無かったから!『エンデ村は、最強の村です』!」

 マリウスが大声で言うと、村の方からも大声が聞こえてくる。

「『何故ならば、村長が最強だからです』!」

 …この合言葉のセンスの無さ、恐らくマリウス自身で決めたのだろうが、それを忘れるとは何事かと、聡は恨みがましく視線を向ける。

「す、すまん。俺が村長に就任して15年になるんだが、その際決めたこの言葉を、俺は使った事が無くてだな。その、なんだ。む、村での滞在費を、全て俺が持つから許してください!!」

 聡の視線に負けたのか、マリウスは深々と頭を下げて謝る。
 一方の聡は戸惑ってしまう。

「え、えぇ?」

 確かにマリウスが悪いのだが、それでもいきなり矢を放つなど、誰が想像出来ようか。それにこう言ってはなんだが、こんな辺鄙な土地に来る者など、滅多に居ないため、来客が来た際の合言葉など忘れてても、責められないのではと思っていたからだ。
 恨みがましい視線を送ったのも、一般人を装うための必要な演技であり、本気で不快感を懐いている訳では無い。

「い、いや、大丈夫です。結果として、私には当たってないので。はい。」

「そ、そうか?俺だったら射った奴、タコ殴りにしてるけどな?」

 呆気なく許した聡を、マリウスは信じられない物を見る目で見てくる。

「まぁ、マリウスさんが滞在費持ってくれるっていうのには、勿論乗らせて頂きますけどね。」

「何!?って、俺に拒否権は無いか。せ、せめて射った奴と折半にしてくれないか?」

「ふむ、許可します。…拒否されてたら、マリウスさんの亜麻色の髪の毛が、明日の朝には禿げ上がっているところでしたよ。」

 『フフフフ』と、聡は怪しい笑みを浮かべて呟く。

「ちょ!?なんて事を言うんだ!」

 聡の言葉に、慌てて頭を抱えて飛び退くマリウス。一悶着あったものの、こうしてどうにか無事(?)、村に入る聡達だった。


「本当に、申し訳ございませんでしたっ!!」

「え、えぇ?」

 目の前で深々と下げられる、金髪の頭を見ながら、本日2度目の戸惑いの声を上げる聡。
 村に入った途端、いきなり大声で謝られれば、誰でも戸惑うだろう。

「あ、若しかして、私の右肩辺りを狙って、矢を射った人ですか?」

 この状況でそれ以外無いのだろうが、暗に『貴方にそこまで怒ってませんよ』アピールとして、態々急所で無い所を狙ったと分かってる事を伝える。

「そ、その通りです!良く私の狙いが分かりましたね!」

 矢が飛んでくるやいなや、速攻頭を抱えて蹲った者とは思えない程の観察眼に、頭を下げていた人物は驚いて顔を上げる。

「…おぉ。これはまた。」

 上げられた顔を見て、聡は思わず感嘆の声を洩らす。何故ならば、矢を射った人物は、声で女性とは分かっていたものの、普通に可愛い少女だったからだ。
 長年女性と話さなかった聡は、相手が可愛いという事も起因となったのか、動悸が上がるのを感じながらも、何とか冷静を保ち、隣に居るマリウスに話しかける。

「マリウスさん。」

「何だ?」

「村での滞在費は、全てマリウスさん持ちで決定です。」

良い笑顔で、聡は残酷な宣言をする。

「な、何だと〜!?」

 こうして平和なエンデ村に、朝っぱらからマリウスの図太い叫びが、響き渡ることになった。

「外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く