外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜

血迷ったトモ

第16話 エンデ村へ

 驚きから回復した聡を連れ、マリウスは村へと向かう。先程水浴びをしていた他の村人は、これから畑仕事だそうで、サボる口実の出来たマリウスに、ぶぅぶぅと文句を垂れていたが、現在は、『そんなに俺と喧嘩してぇのか?』という、マリウスの言葉と獰猛な笑顔により、全員せっせと働いている最中だ。

「仕事の邪魔をしてすみません、マリウス村長。」

「いや、気にするな。今の時期は、そんなに忙しくないから、人手は足りてんだ。」

 文句を垂れていた村人達を思い起こし、歩きながら恐縮した様子で謝る聡だが、マリウスは全然気にしていないようだ。

「あの、少し質問良いですか?」

「おう、何だ?」

「ちょっとヤバい質問んですけど、ここって何という名前の国なんですか?」

 聡はずっと疑問だった事を聞く。聡が持っている地図では、アーツレンドという国になっていた。だが山が吹き飛ばされている以上、国が滅んでいても仕方無いと、地図を信頼していないのだ。

「確かにヤバい質問だな。出会い頭にしてたら、警戒されまくりだぞ?」

「す、すみません。こうも目印が無いと、正直自分の位置が、分からなくなってしまいまして。」

「…まぁサトシは信用出来ると、俺の直感が言ってるから、別に良いんだがな。ここは、リスカント王国だ。」

 聡の言い訳に若干目を細めるマリウスだが、問い質すのを止めて教えてくれる。

「…さっきの言い訳、完全にアウトじゃないですか。」

 リスカント王国という名前から、この大陸には1つしか国が無いと判断し、顔を青ざめさせる。
 そんな聡に、マリウスは苦笑しながら言う。

「まぁな。このリスカント大陸には、1つしか国が無いのに分からないとなると、よっぽどヤバい奴だよな。」

「マリウス村長に、人を見る目があって助かりましたよ。少なくとも悪人では無いと、判断していただいてるんですよね?」

 マリウスの表情を見て、一応は信用されていると安心する聡。

「まぁな。それに…。」

「え?それに…何ですか?」

 急に言葉を途切れさせ、黙り込むマリウスに、聡は不安を覚える。

「いや、何でもない。それよりもサトシ、年は幾つだ?」

「え、えっと、21歳・・・です。」

 一瞬不穏な空気になったものの、その後は特に問題無く村へと歩いていく2人であった。


 川から10分も歩いたところで、段々とエンデ村の影が見えてきた。

「お、見えてきましたね。って、思ってたより立派ですね。」

 予想外過ぎて、思わず本音を言ってしまう。

「サトシがどんなものを想像していたのかは、取り敢えずは聞かない事にしようか。まぁ、立派と言われるのは、村長である俺も鼻が高いってもんよ。」

 『ガハハハ』と笑いながら、随分と嬉しそうなマリウス。これは聡の知る由もない事だが、エンデ村には滅多に来客は来ないため、外の人からから褒められる事はまず無いので、余計に嬉しいのだろう。
 聡は牧歌的な、木造りの家々が十数軒バラけて点在する村を想像していたのだが、意外にもしっかりとした、石造りの家が並んでいた。そして村の周囲には堀が掘ってあり、その内側には丸太で組まれた柵が設置されている。

「村の入口は、反対側だから、少し回り込むぞ。」

「はい。やっぱり、川からはあんまり魔物が来ないからですか?」

「そうだな。直ぐに迎撃出来るように、川とは反対側に門がある。」

 この世界の通常の魔物は、RPGの魔物と同様に、一旦敵を見つけると、永遠と追いかけて来る性質を持つらしく、ならば早いところ決着を着けるという結論に至っているらしい。
 幾ら守りを固めても、何時までも付近を彷徨かれるのは、気分の良いものでは無いのだろう。それにプラスして、おちおち畑にも出られなくなってしまうというのも、困りものだ。

「そういえば、この頃魔物の動向はどうですか?やっぱり増加傾向で?」

「何だサトシ?暫く人里離れていた所で、ずっと引き篭もっていたみたいだぞ?そりゃ勿論、ここ数百年ずっと増加傾向だろ?」

 『何を言ってるんだ?』と呆れながらも、ちゃんと教えてくれるマリウスは、厳つい見掛けによらず、案外優しい性格なのかもしれない。

「そ、そうですよねー。あはは…。」

 一方聡は自分の危なっかしさに、肝を冷やしていた。何でか分からないが、信用してくれているマリウス相手で無かったら、今頃首を刎ねられていても、問題無いくらいには怪しいのだ。…まぁ、即座に回復するのだが。

「さて、そろそろ門番に声掛けないと、矢で射られちまうからな。主にサトシがな。」

 門が見える位置になった所で、いきなり人の悪い笑みを浮かべながら、冗談に聞こえない口調で言うマリウス。

「か、勘弁してください。まだ死にたくは無いです。」

 「まぁ、俺が居るから、そんなすぐには射ってこないだろうがな。」

 即座に冗談を取り消すマリウスだが、どうにか嫌な予感がする聡は、念の為門の方向に注意を向ける。

「何か、嫌な予感がします。」

「嫌な予感?ってあれ?何か大事な事忘れてるような。ま、いっか。お〜い!」

 聡の呟きに反応するマリウス。そんな彼の口から、不穏な言葉が聞こえてきたため、引き攣った笑みを浮かべる聡。
 するとなんと、マリウスが大声で村に向かって叫んだ瞬間、1本の矢が高速で聡に向かって飛んでくるのだった。

「外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く