外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜

血迷ったトモ

第12話 棚ぼたってこういう事を言うんですかね?

根気よく確認を続け、何があるかを把握し終えた聡は、次にトイフェルを倒した事による、ステータスの変化を確認する事にした。

「レベル1で、RPGで言うところのラスボスを倒したんだ。20くらい上がってても、罰は当たらないと思うけどな。【ステータス オープン】!」

この300年、一切変化しなかったステータスに、何らかの向上が見られることを期待して、聡は目の前に現れたステータス板を見る。

「…。」

すると聡は、口が空いたまま、フリーズしてしまう。

「…えと、【クローズ】。…【ステータス オープン】。」

聡は一旦ステータス板を消し頭を振ってから、もう一度開いて良く見てみる。



名前:サトシ・アライ
性別:男
年齢:321(肉体年齢は21歳で固定)
種族:ひとにあらず
Lv:1491
HP:-
MP:∞
STR:3129000
VIT:1043000
AGI:596000
INT:4917000
MND:298000
LUK:19072000
スキル:算術 Lv:4、礼節 Lv:8、
不老不死 Lv:-、気配察知 Lv:6、
気配遮断 Lv:5、魔力感知 Lv:7、
魔力遮断 Lv:1、武術 Lv:9、
魔法創造 Lv:-、
称号:元異世界人、不死者、魔王殺し、
奇跡の体現者、達人、魔導王、賢者、
不屈の精神、億万長者、限界突破者、
亜神



「…ちょっとはチートになってると思ってたけど、流石にこれは想定外だなぁ。」

あまりにぶっ飛んだステータスに、聡は寧ろ落ち着いた口調になっているようだ。

「さてさてさ〜て、何処からツッコんだものかな?種族から順繰りに、分からないところだけいくか?」

そう言いながら、聡はステータス板をタップし、スキルの詳細を開く。



ひとにあらず・・・ひとじゃないひとじゃない!こわいよ!せいぶつのげんかい、もろこえてるじゃん!あ、こいつ元々、不老不死の、なんちゃって人族だった。今更だったわ。

魔法創造 Lv:-・・・魔法を、自由に創造出来る。自由度は魔力に依存。

元異世界人・・・元の世界の理を外れ、こちらの世界の理の中に居る者に与えられる称号。レベルアップ時のステータス上昇値が、初期ステータス分となる (通常2〜3)。

魔王殺し・・・魔王を倒した者に与えられる称号。難行を成し遂げたボーナスとして、レベル (スキル含む)が上がりやすくなる。
因みに魔王を倒すと、倒した魔王のステータス値を、1つ引き継ぐ事が出来る (ランダム)。

奇跡の体現者・・・通常では、到底不可能な所行を成し遂げた者に与えられる称号。レベルアップ時のステータス上昇値が、100倍になる。またランダムで、最高位スキルが1つ与えられる。

達人・・・武術系のスキルが、レベル8以上の者に与えられる称号。

魔導王・・・魔法のプロフェッショナルに与えられる称号。MP効率の上昇や、発動までの時間が大幅に短縮されるボーナスが与えられる。

賢者・・・数多くの知識を溜め込んだ者に与えられる称号。完全記憶、忘却補正等のボーナスが与えられる。

不屈の精神・・・余人では、耐え切れない程の痛苦を以てしても、折れる事の無い心を持つ者に与えられる称号。危機的状況下において、打開策を見つけやすくなる。

限界突破者・・・レベルの上限を超えたものに与えられる称号。上限を突破するには、レベル差600以上の敵を、直接倒す事が条件。
以降、レベルに上限は無くなる。

亜神・・・生物としての枠組みを、大きく外れた者に与えられる称号。神に限りなく近しい存在。
この称号を持つ者が、他者から信頼や愛情、憎悪といったような、強い感情を懐かれると、その分ステータスが上昇する。



「いえーい!超チートだー!やったー!…ってなるか〜!!『ひとにあらず』ってなんやねん!?」

死んだ表情から一変、憤怒を懐く聡。チートはチートで嬉しいのだが、種族に対するコメントが明らかにおかしい事に、怒りを覚える。

「100歩譲って、もう人間のステータスじゃない事は認める。だが、それでも、言い様はあるだろ!人の心抉ってんじゃねぇ!」

ハァハァと肩で息をしながら、見知らぬ誰かに対して叫ぶ聡。
その昔トイフェルは、ステータスは何やら目に見えない何かが、判断していると言っていたが、人間味感じるコメントに、この世界の謎が深まる。

「…はぁ、もうこれ以上何か言っても無駄やな。しゃあないから、さっさと人里に降りて、暮らしを安定させるとするか〜。」

散々叫んで気が済んだのか、聡は疲れ切った表情で呟く。

「さて、そうと決まれば、アイテムボックスに入ってる筈の…そうそう、地図と方位磁針。」

心の中で『アイテムボックス オープン』と念じ、目的の物にカーソルを合わせ、取り出すと強く考える。すると聡の掌に、この付近の地図と、方位磁針が現れる。

「確か、魔王城はこの地図で言う所の、中央付近にある山の天辺に…?」

ここまで呟き、聡はとある事に気が付く。

「え?ここ、どう見ても、一面の荒野だよな?」

呆然とした表情の聡は、そのまま数分間微動だにしなかった。

「外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く