外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜

血迷ったトモ

第2話 魔王軍が負けた理由

「失礼ですが、何故先程のようなお力がありながら、その…「全滅したのか?だろ?」はい。お聞きしてもよろしいですか?」

その理由が聡は気になり、つい失礼だと分かっていながらも聞いてしまう。
するとトイフェルは、聡が言い淀んだ部分を補足し、静かに目を閉じた。

「そうさな…。魔王軍が全滅した理由は、主に2つある。」

「2つ、ですか?」

この話を聞いてしまえば、後戻りは出来ないとでもいうような緊張感漂う中、トイフェルは重々しく理由を述べる。

「…一つに、人間族側に多くの力を持った存在が居すぎた事が挙げられる。」

「純粋な戦力差で負けてしまった、という訳ですか?」

「クク。その通りだ。貴様は案外毒を吐くな。」

ストレートに『弱かったから負けた』と言われてしまったトイフェルは、逆に清々しさを感じたのか笑っている。

「す、すみません。言い方が悪かったです。」

「いや、気にせんで良い。事実だからな。理由には、もう一つ、余が戦闘向きの魔王で無かったという点にあるな。」

「…は?戦闘向きでは無い?それはどういった意味ですか?」

魔王に戦闘向きも何もあるのかと、聡は驚いてしまう。

「意味が分からんか?ならば、余のステータスを見るがいい。【ステータスオープン】。」

驚く聡に対して、自身のステータスを見せると言うトイフェル。
トイフェルが目を閉じて、【ステータスオープン】と言った時、聡は『本当に異世界なんだな〜』と若干ニヤけそうになっていたが、何とか表情筋を動かさないように努力し、耐え抜く。

「クク。何度見ても情けないステータスだ。【共有ジョイント、サトシ】。」

トイフェルは目の前に現れた白いA4サイズの板を見て自虐的に笑うと、更に何かを唱える。

「お!」

すると聡の目の前に、その白い板が移動してくる。

「どうだ?読めるか?」

移動したのを確認すると、トイフェルは読めるかどうかを聞いてくる。

「あ、はい。読めますね。何語か分かりませんが、理解は可能です。」

白い板(以後ステータス板)にざっと目を通した聡は、頷いて答える。

「そうか。ならば最後まで読んでみろ。」

「はい、分かりました。」

トイフェルに言われるがまま、聡はステータス板を熟読していく。


名前:トイフェル
性別:男
年齢:1967
種族:魔王
Lv:-
HP: 3153600000
MP:∞
STR:120
VIT:-
AGI:248
INT:310
MND:-
LUK:951
スキル:剣術 Lv:2(最大)、
闇属性魔法 Lv:2(最大)、
魔力操作 Lv:10、物理無効 Lv:-、
全属性魔法無効 Lv:-、
全状態異常無効 Lv:-、無敵(仮) Lv:-、
超回復(条件付き)Lv:-、知略 Lv:10、
算術 Lv:7、家事 Lv:4
称号:長寿、魔王、奇跡の存在、変態、
不死


「…こ、これは。」

「どうだ?酷いものであろう?」

「ひ、酷いというか、偏りすぎではありませんか?」

トイフェルのステータスを貶す程、肝は据わっていないので、聡は言葉に気を付けながら、感想を言う。

「そうだな。魔王になった時、余はこのステータスに目を見張ったものだ。」

トイフェルは実に感慨深そうに目を閉じながら、椅子にもたれかかる。昔の事を思い出しているのだろう。
その仕草は、2000年近くを生きた歴史を感じさせるものであった。

「あ、その、ステータスに表示されている、スキルや称号の意味について、説明をお願い出来ますか?」

「ん?あぁ、分かった。」

聡は、取り敢えず情報収集という事で、トイフェルに説明をお願いすると、今までの行動からの予想通り、快諾してくれるのだった。

「外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く