外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜

血迷ったトモ

プロローグ

「クハハ!余は満足だ!これで何の心残りもなく、逝けるというものだ!」

「うるせぇ!このクソ変態魔王・・・・が!さっさと死にやがれ!」

荒廃した広野に、荘厳さを感じる中年男性と、子供っぽさの残る青年の、2人の声が響き渡る。青年の足元には、現代日本で持っていたら即お巡りさんを呼ばれそうな、鉄製の剣が転がっている。中年男性には一筋の浅い傷が入っている。

「最後の最後までドSだな!」

しかし中年男性は、笑いながら妙な事を言う。

「そういうのは良いから、さっさと去ねや!もうHP・・はゼロなんだろ!?」

そんな男性の言葉を切り捨て、これまた妙な事を言う青年。

「うへへへへ。これは手厳しいな!…では、さらばだ!」

その言葉を最後に、青年に『魔王』と呼ばれた、2メートル超の身長、ガッシリとした体型であり、燃えるように赤い髪をもつ、頭の両脇に角が生えた彫りの深いイケメンの中年男性が光の粒子・・・・となって消えていく。
消える寸前の笑い方や表情は、最早魔王の威厳が無いものであったが、青年は最早そんな事には一々ツッコミを入れない。

「逝ったか…。はぁ〜!くっそ長かった〜!漸く終わったか〜!さっさと地上したに降りて、美味い飯食って、酒でも飲むか!」

目の前で人ひとりが、光の粒子となって消えたのにも関わらず、青年は一仕事終えたおっさんみたいな事を言いながら伸びをし、そのまま広野に寝っ転がった。
そしてそのまま、疲れきっていた青年は、深い眠りにつくのだった。


青年、荒井聡あらいさとしは現代日本で平和に暮らす大学生であった。

「おぉ!この小説は当たりかも!ん?書籍化もしてる?買いだな!」

大学の夏休みのある日、聡は自室でパソコンに向かいながら、日課の小説漁りをしていた。本人は否定するが、れっきとしたオタクであり、実家で暮らす聡のバイト代の大半は、小説や漫画の代金でほぼ全て消えていた。

「はぁ〜、今日は運が良いな!当たりばっかじゃん!」

そう。普段なら『へ、何コレ?』となるようなものを引き当てるのだが、今日は見るもの全てが面白い、掘り出し物であったのだ。

「はは。この後ヤバめの異世界召喚に巻き込まれたりして。マジでチートも無く、バットエンドで死ぬパターンのやつ。」

噂をすれば影がさすというように、この世の中滅多な事を言うものではないだろう。

「な〜んてな。あははは…って、え?」

馬鹿な事を言ってんな〜と1人笑っていると、椅子に座っている自分の足元に現れる、漆黒に禍々しく輝く魔法陣。

「え、ちょ!この色合い、絶対アカンやつやって!に、逃げ…うわぁぁぁ!?」

ガタッと椅子から立ち上がり、聡は大慌てでその場から逃げ出そうとする。しかし時すでに遅し。聡は全力をもってしても全く抗えない魔法陣の引力に、為す術もなく引き摺り込まれるのだった。唯一出来たことといえば、近くにあったパソコンとスマホを掴むだけであった。


「フハハハハ!成功だ!これで余の目的が果たせるというものだ!」

引き摺り込まれた衝撃で、少しの間気を失っていた聡の耳に、ビリビリと空気が震えるほどの威圧感を感じる、男性の声が飛び込んでくる。それが目覚ましとなり、意識が完全に覚醒した聡は飛び起きる。

「うわ!え、ここどこぉ?」

そして飛び起きた聡の目に飛び込んできたのは、教科書でしか見た事のないような、フランス辺りの宮殿を彷彿とさせる内装の部屋であった。そのため若干語尾がおかしくなりながらも、何とか言葉を発する。

「ぬ。目が覚めたか、異世界人・・・・よ。こちらを見よ。」

「え。」

いきなり後ろから声がかけられた聡は、声の主から発せられる威圧感から湧く恐怖を、力づくで抑えながら振り向く。
するとそこには、1人の角の生えたおっさんが、玉座と見られる椅子に座っていた。

「ふむ。余を前にしてその態度、貴様は大分肝が据わっているのだな。」

「は、はぁ…。」

『状況がイマイチ分かっていないだけなんですけどね』と心の中で毒付きながら、取り敢えず聡はその場で跪くのだった。

「外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く