植物人間

透華

箒の音

「新しいバイト?感じ悪いわね」
おばさんは俺を品定めするように舐め回すように視線を這わすと、そう言った。
感じ悪くて悪かったな。
俺は箒の柄を握りしめた。
それでも、表情は崩さずに店のドアを開ける。
ドアについたベルがカラカラと俺を嘲笑うかのように鳴いた。
初日でクビになったら厄介だ。
おばさんはさも当然と言うようにドアを潜ると、カウンター席にドッシリと腰を下ろした。
俺はドアを閉めると、箒を持った手の力を緩める。
パラパラと木屑のようなものが手の間からこぼれ落ちた。
掌を開くと、箒が真っ二つにへし折れていた。
箒ってこんなに簡単に折れるものだっけ…?
水瀬さんになんていったらいいのだろう。
初日で店の備品を壊すなんて、あってはならないことだ。
俺は深い溜息をつくと、店内へと入った。
カウンター席ではさっきのおばさんが、どうやら、俺の悪口を言っているようだ。
水瀬さんはその話を気まずそうに聞いている。
おばさんは、おれが入ってくるのを見て、ニヤリと笑った。
俺はおばさんに冷ややかな視線を向けると店の奥へと入っていった。

「植物人間」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く