異世界冒険EX

たぬきち

魔王③

「なっ!?」

「……相手の魔法を覚えたのはお前たちだけだと思ったか?」

「くそっ! よりによって……」

 スレイの返事を受け、斬り掛かった俺の刀を受け止めたのは、槍を構えたノードだった。
  
 いくつか火傷や裂傷を負っているが、戦闘に支障がある程でもないようで、相変わらずの無表情も健在だ。

 他にも勇者を囲むようにカーラ、スフィリア、アロードが立っている。

 どうやらメアリーと同じエリアテレポートを使い戻ってきた後、今の今まで透明化で隠れていたようだ。

「……何でスレイが転移先で待ち受けていた事を知っているのかと思ったけど……」

「僕たちが教えたからに決まってるじゃん。この裏切り者」

「ユウト、メイド服を着てお姉さまと呼びなさい。そうしたら許してあげるから」

 アロードは顔を顰めてこちらを睨みつける。カーラはいつも通り何かほざいている。

 それにしても裏切り者、か……。

「まあ、待ち構えていたのが分身とは思わなかったけどね」

「スフィリアからの情報でな、気づいた」

「でも、魔王が分身だって気づけたのは僕のおかげだよね」

 そう言って自分の服をアピールするアロード。あれだけの血肉を浴びたというのに今は染み一つない。

 水で誤魔化したつもりだったが、バレてしまったか。

「さてと、こうして僕たちが揃った以上君たちに勝ち目はないわけだけど?」

「それはどうかな?」

 確かに状況はこの前の勇闘会と同じに思える。だが、

「今回は私が万全なのよ? 負けるのはあなた達の方よ!」

 入ってきたフロリアが、胸を張りながら指差す。

 更に、

「今回は私も戦えますしね」

「僕達もね」

「…………」

 メアリーやアルフ、エレナも堂々とした態度で俺の近くへと歩いてくる。

 が、

「……俺は戦わないぞ。もともと協力はここまでだったはずだ」

「私達もね」

「……うん」

 フロリアの元仲間の三人は部屋には入らず、しかし帰ることもせず、立っている。

 勝ち馬にでも乗るつもりだろうか。

「おい! 私を無視するな! 私は魔王だぞ! それにお前らはユウトの側から離れろ!」

 上空からの一撃以降、空気だった魔王が慌てて俺の後ろへと降り立つ。

 翼は黒い光となって消え、目の前の勇者パーティーを睨みつけ、その後俺の隣にいたフロリアとメアリーを警戒するように唸る。

「あら? 私がどこに立とうと文句を言われる筋合いはないはずだけれど?」

「貴様……!」

 だがフロリアは挑発するように、俺の左腕に自身の腕を絡ませてくる。

 マジでやめて欲しい。今は割とシリアスなシーンなのだから。何でそんなに無駄に敵を作るのか。

「…………」

 更にそれを見たメアリーまでもが俺の右腕に絡んでくる。

 記憶を取り戻したあとに行った模擬戦以降、メアリーの俺に対する態度がおかしい。

 何かした覚えはないのだけれど。

 しかも……くそう。フロリアと違って微妙に腕に感じる感触が俺の意識を奪う。

 今は目の前の事に集中せねばならぬというのに。

「……この人数で暴れては城が壊れるな」

「一対一の勝ち抜き戦にでもするか?」

「それも面白そうだがその前に……質問がある」

 出来ればこっちは急造チームである以上、集団戦は避けたいのだが、流石に上手くはいかないか。

 案の定、スレイは軽く流しながら魔王を指差し、口を開く。

「何故魔王と協力している? いつ魔王と知り合えたんだ?」

「…………それは」

 スレイ達は魔王が半年の周期で生まれると言っていたが、それはアッサムがそうしていただけに過ぎない。

 魔王との共闘計画をアッサムに持ちかけた時点で、次の魔王を生み出してもらい、時間を作っては模擬戦や交流を重ねた。

 おかげで妙に懐かれてしまったが、それでも共闘する上で必要な事だったと思う。

 とまぁ、別に答えてもいいのだけれど……。

「それに答えても俺に得はないんだけど?」

「ん……そうだな。じゃあ、さっきの提案を飲んでもいい」

「個人戦での勝ち抜きか?」

「ああ」

「別にあれは冗談のつもりだったんだけど……」

「嘘をつけ。それに、だ」

 スレイは横に立っているアロードの頭に手を置き、ニヤリと笑う。

 ……ちょっと前に見た笑顔とは違う種類の、悪そうな笑顔だ。

「俺たちは逃げてもいいんだぞ? アロードのエリアテレポートでな」

 やはり気づいていたか。

 まさかエリアテレポートを覚えてるなんて思わなかったから、俺もつい言ってしまった。

 俺がスレイを殺さないといけないことを。

「……わかった。答える。だから逃げるのはナシだ」

「約束しよう」

(いいよな? アッサム)

 特にアイギスからも注意されていないし、大丈夫なはずだが、一応女神に確認を取る。

 報連相は大事だ。

(まあしょうがないな。逃げられるよりはマシだろうし)

(居場所のサーチが出来ればもっと簡単だったのになぁ)

(だからそういうのは苦手だって言ってるだろう。それよりさっさと片づけろ。もう気持ちの整理は済んだだろ)

(……まあ、ね)

「よし、じゃあ……」

 アッサムに確認を取った俺は左を向き、告げる。

「フロリア、頼む」

「はぁ?」

「いや、その、あんまり詳しいことは俺わかんないし」

 フロリアの冷たい視線に思わず言い訳してしまう。

 いやだって魔王の事を説明するなら、必ず女神や世界についても説明しないとならなくなるけれど、俺はその辺はちょっと自信がない。

 スレイを殺さないと世界がヤバイみたいな事は覚えているけれど……。

「…………」

 スレイもまたもの言いたげな視線を俺に向けてくる。

 仕方ないだろ。もう二ヶ月以上前の話だし。

「ユウトってあんまり頭は良くないよね。物忘れも激しいし」

「作戦とか計画とか人を貶めることだけはそれなりに考えれるのにねぇ」

 アロードとカーラがわざと聞こえるように話している。

 きっと俺の精神に揺さぶりをかける為だろう。うん。傷ついてなんかいない。

「……しょうがないわね」

 フロリアが大きなため息をついて、説明を始める。

「……その、ユウト! 私は少しアホの方が好きだぞ!」

「そっか。ありがと」

 まさか魔王に慰められるなんて。まあ、慰めつつ微妙に攻撃されてるんだけど。

 流石は魔の王。


◆◇◆


「……なるほど、な」

「どれだけ罪深い存在かわかったかしら?」

 改めて聞くと理不尽な話だ。人類の生存の為に頑張っているとも言えるスレイ達を殺さないといけないなんて。

 それにフロリアは罪深いだの言ってるが、街での事はともかく魔王を倒すのはこの世界の人間なら当然だ。

 というか、話を聞いていて一つ気づいてしまった。

「あのさ、これもしかしてスレイ達が魔王倒すのやめれば解決じゃね?」

 スレイ達も自由になるし、魔王が適当に人類滅ぼしてればいい訳だし。

「駄目よ」

「駄目だな」

 しかし、フロリアからだけでなくスレイからまで反対されてしまった。

「え? 特に問題ないと思うんだけど……」

「コイツは私達の両親の仇なのよ? アロードはアルフ達のご両親の仇だし」

「ま、そういう事だ。それに俺たちにも目的はある。その為には魔王は存在してはならない」

「目的……?」

「ああ。夢と言ってもいい。だが、まあお前たちにはわからないだろうから言うつもりはないがな」

「…………」

 そう言われると気になるな。

 魔王が存在してはならない、大人を殺す、奴らのやっていた事を考えればわかるはずだけど……。

「……それより今回俺達が勝った場合、俺を殺すのは諦めて貰うぞ。じゃないとお前たちを殺すしか無くなるからな」

「……わかった。だけど……」

「俺は殺さないといけないんだろ? 理解している」

 ……スレイは凄いな。自分が負ければ殺されるのに、俺達の事は殺そうとしないなんて。

 それなのに何でフロリアの両親や、他にも沢山の人を殺したんだろうか? 理由がないとは考えにくいが……。

「ま、僕としてはユウトにだけは裏切りの代償は払ってもらうけどね。ほんと……信じてたのに」

「ごめん」

 アロードが冷たい目で俺を睨みつけている。最初の出会いの時よりもずっと、強く敵視しているみたいだ。

 …………はぁ。

「じゃあ、始めるか」

「ああ」

 そう答えて俺はみんなを集める。

 スレイも同じように輪になり、順番を決めているようだ。

 さて、と。

「じゃんけんでいいか?」

「ま、そうね。誰がどこで出てくるかわからない訳だし」

 俺の提案にまずフロリアが賛成し、他のみんなもそれぞれ頷いている。

 出来れば手を汚さず終わらせれる可能性が高い最後が良い等と考えている俺は卑怯者だろうか。

「…………なるほど」

 その願いが通じたのかわからないが、じゃんけんの結果、俺は最後となった。
 
 アルフ、エレナ、魔王、フロリア、メアリー、俺の順だ。

「アロード! 勝負だ! 今度こそ殺してやる!」

「……はぁ。僕は君に興味はないんだけれど。まあでもご指名とあらば、ね。ほんと、モテる女は辛いよ」

 アルフは燃える剣を片手に、アロードを挑発する。

 それに面倒臭そうに答えて、立ち上がるアロード。

「……む。まあ、しょうがないか。だが、わかってるな?」

「はいはい」

 そんな二人を見て、顔を顰めたスレイだったが結局は了承したようで、最初の二人が決定した。

 アルフとアロード。

 どちらの実力も知っている俺としては望ましくない組み合わせだけど……。まあ、どちらにしても避けては通れないか。

「まったく……父親が勝てなかったのに、君が勝てる訳ないのに」

「うるさい。僕はもう父さんを超えたんだ」

「へえ? それじゃ見てあげるよ。亡き君のご両親に代わってね」

「…………」

 どうやら口喧嘩のスキルはアロードの方がだいぶ上のようだ。

 アルフは平静を装っているが、明らかに怒り心頭のご様子。

 あんなに気負ってちゃ勝てるものも勝てそうにない。……仕方ないなぁ。

「頑張れよ!」

「ひゃうっ!」

 声を掛けると共にアルフの尻を軽く揉んでやる。

 するとアルフは甲高い声で悲鳴をあげ、顔を真っ赤にすると共にこちらを振り返る。

「な、何をするんですか!」

「力が入りすぎだ。もっと落ち着いていけ」

「あ……ありがとうございます」

 アルフは自身が冷静さを失っていた事に気づくと、すぐに頭を下げてくる。

 ……相変わらず素直な奴だ。同い年位のはずだけど、孫感がヤバイ。

 とても冒険者登録するまでの間、魔物の肉を食って暮らしていたとは思えない。

「カーラ的にはあの子どうなの?」

「……アリね。ボーイッシュな女の子と思えばイケるわ」

 ……聞こえなかった事にしよう。

 相性的にアルフじゃカーラには勝てないだろうなぁ……ご愁傷様。

 まあ、でもアルフもある意味肉食系だからいい組み合わせかも知れないな。

「……まさかこんな近くにライバルが居たなんてね」

「フロリア様が仰っていたのは本当の事のようですね」

「ぬぬぬ……ユウト! 私も緊張してるんだが!」

 何事か後ろでフロリア達三人が騒いでいるが、面倒な予感しかしないのでスルー安定だ。

「じゃあ、始めようか?」

「ああ。覚悟しろ」

 二人は部屋の中央へと向かい、アルフは剣を、アロードはカードを生成し、構える。

 ……勝ち目は薄い、が無いことはない。頑張ってくれよ。アルフ。

「異世界冒険EX」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く