異世界冒険EX

たぬきち

魔王②

「……やっと父さん達の仇を討てる」

「ああ。エレナ、勇者はユウトさんが倒してくれるはずだ。僕たちはこいつを……」

 アルフとエレナはそれぞれ武器を構え、アロードを睨みつける。

 周囲には焼けた家屋や、無数の墓石が並ぶ廃村。

「…………そういうことか」

 一方でアロードは自身の服を眺め、呟く。

 いつもは表情豊かな彼女だが、今は能面のように無表情だ。

 アルフ達もいつもと違うアロードの様子に少しだけ動揺する。

「ど、どうした? いつもと雰囲気が違うじゃないか」

「うるさいよ」

 アロードが瞬時にカードを生成し、重ね、発動する。

「っ!?」

「お兄ちゃん!」

 途端に辺り一面の地面がぬかるみ、残っていた家屋も墓も柵も何もかもが沈んでいく。

「僕たちの村が……!」

 アルフはアロードに対し、少し問答をしようと考えていた。

 何故自分たちの両親を殺したのか、それだけでなく村の大人達までも殺したのか。

 聞きたいことがいくつもあったからだ。

 だがそれはアルフだけだった。アロードにとってはそんなことどうでもいい話だ。

 だから彼女はもう――。

「…………っ!」

 泥沼になった地面に、アルフ達も沈んでいく。慌ててエレナが闇属性魔法を使い、足場を生み出すが……すでにアロードは次の攻撃を終えている。

 上空から雨のようにいくつもの石化魔法が降り注ぐ。

「……エレナ! <<炎剣開放>>」
 
「……任せて」

 アルフは剣に指を滑らせ、剣に炎を纏わせるとアロードに向かい、飛び上がる。 

 アルフからの呼びかけに応じると共に、エレナは生成したカードにタッチする。

 正方形の黒い板が上空に生み出される。

「拡大」

 エレナが呟くと同時に黒い板は巨大化し、降りそそぐ石化魔法をその闇に吸収していく。

 同時にアルフが、開放した剣を振り上げながらアロードへと迫る。

「終わりだ!」

「…………」

 容赦なく振り下ろされた剣は、アロードの体を燃やしながら斬り裂く。

 しかし、

 真っ二つになって燃えながらも悲鳴一つあげないアロード。

「……ちっ。やっぱり分身だ」

 アルフが吐き捨てると同時に、さっきまで燃えていた死体が炎ごと消失する。

「とりあえず連絡を……」


◆◇◆


「やってくれるわね。ユウトのヤツ。罰としてメイド服を着せてやるわ!」

「……悪いけど足止めさせてもらうわ」

 前後左右に果てしなく広がる草原。 
 
 ヴェノメ平原と呼ばれるその場所は、魔王城から遠く離れた所にある。

「足の早いあなたでも、もう間に合わないわ。諦めておとなしくして貰うと助かるのだけれど」

「あらぁ? フロリアちゃんは私に恨みはないのかしらぁ?」
  
 そこで向かい合う二人の女性。フロリアとカーラだ。

「別に無いわ。そこまでね。街の人たちの前だったら別だけれど」

「……ふーん。意外とドライなのね」

「ただ勇者の奴だけは別よ」

 フロリアにとって勇者パーティーは全員許せない、という訳ではない。

 当然憎しみはあるが、殺されなければならない程ではない。

 勇者達が弱ければ、逆にこちらが殺していたはずだ。だから両親の仇を取る、なんて今はそれほど考えていない。

 女神の手駒として戦う内に、そう変わってしまった。

 だが、それでも許せないのがスレイの態度だった。両親を殺した時も、そのあとこちらを見た時も、スレイの目はまるで虫でも見るような、一切の興味を持っていない目だった。

 だが、そんなスレイの態度が気に入らないから殺す、ではいくらなんでも周囲から賛成は得られないだろう。

 だから仇討ちを大義名分としていたのだ。

「……そう言われるとおとなしくする訳にはいかないわねぇ」

「そう……抵抗するのね。なら……」

「<<ALL UP L V.2>>」

 フロリアが片手にレイピアを構え、カードも生成しようとした瞬間、カーラの姿は消えていた。

 見えるのは舞い上がる草花。超人的な速度でカーラは逃げていった。

「……これでいいのかしら?」

 追うこともせず、フロリアは誰にでもなく呟いた。


◆◇◆


「…………」

「これはこれは……一番つまらなそうな人が来てしまいましたね」

 メアリーはすでにカードを生成し、ノードを待ち構えていた。

 いや、それどころではない。

「…………っ!」

 ノードの足元には更に魔法陣。そして、二人がいる場所は神竜の巣と呼ばれる火山の麓だ。

 思わず顔を引きつらせたノードは全力で抵抗しようとするが、出来るものではない。

「では、頑張ってください」

「…………くそ」

 いい笑顔で一礼するメアリーに、最後の足掻きとばかりにノードが槍を突き出し、もう片方の手でカードにタッチする。

 すると槍の先から紫色のシャボン玉が飛び出していく。

 槍の先に塗ってあった毒を水魔法で利用したノードのオリジナル魔法だ。

「無駄ですよ。では」

 しかし、その魔法が届く前にメアリーはその姿を消し、同時にノードも姿を消した。



◆◇◆


「眠いけど……戻らないと」

「そうはいかないんですよ」

 眠たそうに目を擦るスフィリアの前には、三人の男女の姿が映る。

 盾を構えた男、厚手のローブを着た少女、薄手の服にいくつかの暗器を隠している女性。

 フロリアの元パーティーの三人だ。

「…………」

 キョロキョロと辺りを見回すスフィリア。

 やがてそこに誰もいないのに気づくと、大きくため息をついた。

「私がやるしかないのかぁ……面倒」

「? あなたは回復しか出来ないはず……」

 言いながら盾を構え、警戒するアレン。今まで回復魔法しか使っていなかったが、もしかすると攻撃魔法も使えるのかも知れない。

 そう考えたようだ。

 だが、

「…………終わり」

「う、うわあああああ! 俺の腕が!」「ああああ!」「きゃあああああ!」

 空から降り注いだ光の欠片。

 日の光の元ではほぼ見えないそれらが、三人の肌に触れた瞬間、触れた箇所が膨張し、破裂する。

「……ふぅ。スレイさんかアロードが来てくれるのを待ちますか」

 飛び散る赤い血を気にすることもなく、スフィリアはその場に座り込み、眠りについた。


◆◇◆


「始める前に一ついいか?」

「……ああ」

 俺とスレイは互いに武器に手を置いたまま、会話を交わす。

 抜いてしまえばもう戻れない。そう考え、抜けずにいた俺にとっては願ってもない展開だ。

「何で俺たちと敵対するんだ? 表情から察するにお前は、明らかに悩んでいるようだが……」

 意味がわからないと言った表情でこちらを見るスレイ。

 ……やっぱりそうなのか。他人から見てわかるぐらい今の俺は……。

 アイギスの修行で、初めての殺人は終えている。だから必要なら俺は殺せる、と思っていた。

 見知らぬ他人と、知人ではこんなにも違うのに。

 馬鹿な作戦を考えて、挙げ句の果てはこの状況だ。

 本当に無様だな。俺は。 

「……生きる為」

 それでも譲れないものはある。

 俺はまだ大好きな茜に何もしてやれていない。

 それに毎日思い出す茜の泣き顔。

 あれが最後の表情なんて最悪だ。

 だから、茜の笑顔を見る為に俺はスレイを殺し、元の世界に戻らないといけないんだ。

 もう一度、茜と生きる為に。

「……? 俺達を倒すこととそれが何の関係があるんだ?」

「それは――」

 決意した俺が刀を抜き、答えようとした瞬間、巨大な火球が降ってくる。

 相当な魔力を使用して作られたであろうその火球は、半端ではない熱量を持っている。

 近づいてくるにつれ、全身の皮膚からダラダラと汗が吹き出てくる。

「どうやら邪魔者がいるようだな」

「邪魔者はお前だろう?」

 スレイが軽く剣を振り、火球を打ち消しながら上空を睨む。

 そこには先程俺が倒した筈の魔王が、笑みを浮かべてこちらに手を向けている。

「……分身、か」

「正解だ」

 はっきり言って、俺一人でスレイに勝てる自信はない。

 負けるとも思わないが、勝てるとも思えない。予想がつかない相手なのだ。

 だから一人で戦おうとは思わなかった。だから……

「……ちっ。気付くべきだったな。何であれだけ反対してたお前が孤児作りを手伝いだしたのか」

 俺は信頼を得るために孤児作りにも協力したかった。だが、それはとても許容出来る行いではない。

 だから分身魔法を覚えたのだ。

「だが、おかしいな。確か自分の分身以外は作れないはずじゃ……」

 そう。便利すぎる分身魔法の不便な所の一つ、それは自分自身の分身しか生み出すことができないという点だ。

 魔力を元に分身を作る以上、自分の分身にしかならないのは当然だが、それでは殺害対象の分身を作り、それを殺すという俺の計画はうまくいかないことになる。

 だが、俺にはフロリアがいた。

 フロリアの魔力変換を利用し、俺の魔力をそれぞれの魔力に変換すれば、分身は生み出せる。

「そこは内緒かな。でもって当然……」

「あいつらを待ち構えていたのも分身か」

「正解よ。流石ね、勇者様?」

 部屋の入り口にはフロリアを先頭に、アルフ、エレナ、メアリー、アレン達三人が揃っている。

「ユウトさん、話している時間はありません! アロードが向かっているはずですし、カーラも向かっているそうです!」

 アルフが叫ぶ。その手には既に開放されている剣が握られている。

「だ、そうだ。魔王、協力しろよ」

「わかっている。ユウト」

 八対一。

 卑怯すぎる気もするけれど、こうでもしないと不安要素が多すぎる。

 そして最後に……。

「……降参しない? スレイ」

「…………」

 武力を盾に降参を促すなんて、あんまり趣味じゃないけれど、出来ればそうして欲しい。

 全員で考えれば、もしかしたら誰も犠牲にならない方法が思い付くかも知れないし。

 そう考え、スレイの言葉を待つ。

「…………残念だが」

 本当に残念だよ。スレイ。

「異世界冒険EX」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く