異世界冒険EX

たぬきち

勇闘会②

「不味いねこれは……」

 現在の状況は最悪と言っていいだろう。

 魔力を殆ど使い果たしたフロリア。無傷の勇者パーティーに国民の前というこの状況。

 もしもここで俺達がボロボロに負ければ、国民達からの信頼を得ることは到底不可能だろう。

 どうするかねぇ……。

「仕方ない、か」

 俺はジークの盾を放り投げ、メアリーに視線を送る。

「フロリア、頼む」

 そしてフロリアに耳打ちし、少し距離を取り、刀を勇者へと向ける。

「人使いが荒いわね……もう」

 ふらつきながらも何とか自分の足で立つフロリア。

「……信じてますよ。ユウトさん。……アルフさん! エレナさん! 退却します!」

 俺からの視線を受け取ったメアリーはアルフとエレナを呼びよせる。

「はぁ……はぁ……」

 その一方で荒く息を吐きながらフロリアはアロード達に向けてカードを生成する。

 これでフロリアと生成しっぱなしのジーク達三人により、勇者パーティーの面々は物理的な攻撃は出来ないはずだ。

 あとは……。

「おっと、逃さないよ!」

「逃がせよ<<ALL UP LV.10>>」

 筋力や判断力、思考力に魔力など、あらゆる能力を十段階上げた俺は、メアリー達目掛けて降りてこようとするアロードに巨大な火球を飛ばす。

 慌てて回避するアロードだが、服の一部が焦げている。

「うわっと! ってスレイ、ちゃんとやってよ!」

 メアリーがエリアテレポートを発動するのを邪魔してくるアロードに対し、勇者スレイは棒立ちのままだ。

「…………っ」

 結局彼は、黙ったままメアリー達を見送った。

 ように見えた。

「……やっている」

 そう呟いた勇者の周囲から、金属がぶつかり合う音が響く。

「マジかこいつ……」

 俺の全速力の斬撃。この数秒間で何十回と斬り込んだというのに、全て弾かれてしまった。 

 音すら今鳴り響く程の速度で斬り込んだのに、馬鹿げている。何なんだこいつは。

「代役はこいつで充分だろう。……他の死にかけと雑魚四人は捨て置き、お前らは空から牽制しろ。両手で攻撃されては俺も無事では済まないからな。だが、これ程の強化魔法なら長くは持つまい」

「っ……くそ」

 正確にこちらの状況を読んでくるスレイに、思わず悪態をつく。

 ……それにしても代役、ねえ……。

「スレイがそこまで言うなんて……君は本当に何者なのかな? まあいいや。ノード、カーラ、それからスフィリアも起きなよ。仕事の時間だよ!」

 アロードはそう言うと生成しているカードを同時に三枚重ね、何らかの魔法を発動する。

「「さてさて、この人数の攻撃を防げるかな?」」

 同時にアロードの姿が一瞬ぶれ、二人に増え、四人に増えたかと思うと倍々ゲームのようにどんどんその数を増やしている。

「分身魔法か……!」

「「あれ? 知られてるみたいだね?」」

「と、あぶねえな!」

 石化の魔法が一歩下がった俺の足元に着弾する。

 その隙を突くように二つの影が視界の端にちらつく。

「見えてるって!」

 アロードの影に隠れるように近づいていたノードとカーラに向け、雷と氷の槍を飛ばす。

「ちっ!」

「…………」

 アロードの分身はただの目くらましだ。アイツの分身はただそこにあるだけ。攻撃してこないし、攻撃しても無意味。

「面倒な魔法だな……」

 ただし、それもアロードが意識を移せば別だ。

 アロードは分身のどれにでも意識を移せ、どの分身からでも攻撃してくる。

 しかも分身は分身だからそれを破壊しても無駄、という訳だ。あくまで本体を攻撃しないと、ダメージが入らない。

 ゲームによくいるタイプの敵だ。面倒くさい。

「「スレイと斬り合いながら死角からの攻撃を防げるかな?」」

 既に空は増え続けるアロードによって埋め尽くされている。

 時折、その隙間から石化魔法や属性魔法、カーラやノードが飛び出てくる。

「……くっそ。イライラする」

 一番ムカつくのが、スレイやアロード、ノードやカーラ達も本気で俺をどうにかしようと思ってない事だ。

 奴らの目的は現状維持。時間が経てば経つほど俺が不利になるのをわかっているのだ。

「あーもう! 邪魔だって!」

 苛ついた俺は風魔法を発動し、空に浮かぶアロード達を吹き飛ばし、その影に隠れていた二人も弾き飛ばす。

「お前さえ倒せば……!」

 そしてその隙にスレイの目の前に移動し、瞬時に納刀した刀を再び抜き放つ。

 神速の抜刀術だ。片手の力で足りないのならば、鞘走りを利用するだけだ。

「あら? そっちに行くならフロリアちゃんには眠って貰うわね」

「おやあ? カーラがフロリアに迫ってるよ? 助けなくていいの?」

 わざとらしいアロード達の声が上空から聞こえる。

 嘘くさいが確かにカーラがフロリアに迫っているのを背中に感じる。

 だが、今はこちらが優先だ。

「…………ふっ!」

 俺は最速で刀を抜き放ち、

 そのまま投げ飛ばした・・・・・・・・・・

 鞘走り? 何それ。

「「な……何で?」」

 俺の右手上空と背後で、アロードとカーラの驚愕の声が上がる。

 何もないように見える右手上空の空間には、投げ飛ばした俺の刀が突き刺さり、夥しい血が流れている。

「く、くそ…………」

 と、呟く声と同時にドサリと何かが落ちる音が響く。

 そして舞台上には、血だらけで横たわるアロードの姿が現れた。

「…………くっ!」

 透明化の魔法が解けたのか、胸に刀が突き刺さったまま青い顔でこちらを睨んでいる。

「あまり俺達を甘く見るなよ」

「まったくですね」

 スレイの前から一歩飛び退き、フロリアの所に戻ると、そこには逃げたはずのメアリー達三人が立っていた。

「……貴女も終わり」

 と、エレナによって倒れていたカーラの首が、黒い鎌で斬り落とされる。

 あまり……見たくはなかったな。

「よし。問題はここから、か」

 何はともかく作戦は成功だ。あらかじめ決めていた作戦の一つが綺麗にハマった。

 今回の作戦は、何らかの手段でフロリアのCHAOSが防がれた場合の為に考えていたものだ。

 まずフロリアには、囮になってもらう。明らかに弱っているフロリア狙ってくるのは確定だからな。

 一方でメアリー、アルフ、エレナにはエリアテレポートで別の場所へ逃げてもらう。

 前回の戦いを知る勇者パーティーからすると、また今回も第二王女のメアリーを逃したように見えただろう。

 だが、今回は違う。狙うは勇者パーティーの一人であるインファイターのカーラ。

 奴の戦闘スタイルは一見、この世界にあったもののように思える。

 圧倒的なスピードで相手に接近。自身の魔法を発動後、相手の腕を掴むことで防御魔法を使わせないまま、自身の魔法を当てる。

 運動性能とこの世界の仕組みを利用した見事な戦術。

 だが、本当にそうだろうか?

 俺はこの戦闘スタイルは弱点の裏返しではないか、と考えた。

 何故なら魔法の一番の利点は、離れた場所からでも攻撃可能な点だ。

 地球でも戦闘においては、射程は長いほど有利なのだ。

 なのにわざわざ接近するなんて、おかしい。もちろん、ここに至るまでは相手の防御魔法を封じる為、というもっともらしい理由があった為に半信半疑ではあった。

 が、今回。

 奴はアロードやノードとは違い、俺やフロリアに向けて一度の魔法も使用していない。

 やはり……カーラは魔法の制御を近くでしか出来ない。

 そう確信した俺はカーラだけを突破させる事で、フロリアの近くへと誘い出し、そのカーラをフロリアを目印に再び現れたメアリー達が、不意を突き倒したのだ。

 少し卑怯な気もするが、堂々と倒すことが不可能になった以上、なりふり構っていられない。

 アロードの方も似たようなもので、だまし討ちに近い。

 アロードは気づかなかったようだが、三枚カードを重ねていたのが視力を強化した俺には見えていた。

 そして、分身を始めたアロードから石化の魔法が飛んできた。

 あの時見える範囲で起こったのはそれだけだ。つまり一枚は分身、もう一枚は石化魔法ということだ。

 じゃあ残り一枚は?

 アロードの分身魔法の弱点は、他の分身に意識を移している間は本体が隙だらけという点だ。

 だからアロードは覚えたのだろう、透明化の魔法を。

 あとは前回と同じだ。苛ついた振りをして風魔法を使い探知し、スレイに攻撃する振りをしながら、攻撃した訳だ。

 抜刀術なんてわざわざ納刀してまでやる技じゃない。格好良いけれど。奥義はいつか必ず使うけど。

 ま、とにかくこれで向こうは四人、こちらはフロリアを抜いても七人。

 何とかなりそうだ。

「……スフィリア」

「あ、はーい」

 そう、甘く考えたのがいけなかったのか。また奴らは俺の想像を超えてくる。

「は? 嘘……だろ?」

 いつの間にか地上で立ったまま眠っているスフィリアが、一枚のカードにタッチする。

 すると首を斬り落とされたカーラの切断部から、骨が肉が血管が、新しい首と頭部が生えてくる。

「……う……」

 最悪なものを見た。……ちょっと今日はご飯は食べれそうにない。

 普通にグロすぎる。

「……アロードも何を遊んでいる」

「「はーい」」

「なっ!?」

 いつの間にか倒れていたはずのアロードの姿がない。

 代わりとばかりに上空を埋め尽くすアロードの分身達。

「「いい読みしてたけど、そもそも僕の本体はここにいないんだよー♪」」

 無駄に明るい声でこちらを挑発してくるアロード。

「…………やられた」

 最悪だ。どうやらここに来ていたアロード自体が、分身だったようだ。

 前回の戦いでフロリアのご両親が暴いた弱点も、こんな真似されては意味がない。

「…………」

 ここまで卑怯な相手だったなんて。そうだよな、所詮奴らにとっては力を見せつける為の舞台。姿さえ見せれば本物か分身かなんて関係ない、か。

「……どうする? まだやるか?」

 迎撃の為に、なのかそれとも答えがわかっているとでも言いたいのか、一度抜いた剣を再び腰に戻しながらスレイが尋ねてくる。

「…………無理。降参」

 ちょうど魔力も切れた俺は、そう言って刀を地面に突き刺し、座り込む。

 もう駄目だ。これ以上は戦えない。ここまで作戦は全てハマった。なのに、その度に向こうが想像を超えてきている。

 今の状況からでも使える作戦はあるが、無理だ。どれも犠牲無しに進められそうにない。

 そう考えた俺は尋ねてきたスレイに降参の意思を伝えた。

「ユウトさん! 何を言っているんですか!?」

「…………」

 メアリーは驚いた顔で叫び、こちらを見る。フロリアも黙ったまま、じっとこちらを見てくる。

 アルフ達も黙ったままだが、何か言いたげにこちらを見ている。

「……ただし、俺以外は見逃して欲しい」

「……っ!」

 後ろでメアリー達の息を呑む音が聞こえる。彼女達も気づいたようだ。

 もうフロリアの作戦は駄目だ。俺の作戦へと移行する。

「…………」

 あとは……最後まで俺の読み通りにいくかどうかだ。

「だ、駄目ですよ! そんな、ユウトさん一人を犠牲するなんて……!」

 思い出したように後ろで騒ぐメアリー達を無視して、俺はスレイの言葉を待つ。

 ここが正念場だ。

「…………」

 スレイは黙ったまま俺に近づき、しゃがみ込み、俺の目を覗き込む。

 キスでもするのかという程の至近距離で。

「ち、近くね? 俺にそんな趣味ねーぞ?」

「え?」

 内心の動揺を悟られぬよう、少し冗談めかして答えてみる。

 何故かフロリアから反応があったが、今は気にしている場合ではないだろう。

「………………」

「………………」

 一方でただ黙って俺の目を真っ直ぐに見てくるスレイ。

 ……くそ。なんて目をしてるんだ。こいつ。

 暗い、ただただ暗い。光の欠片も感じさせ無いほどの、真っ黒な目。

 ……絶対にこいつの過去は知りたくないな。

「……いいだろう。他の奴は見逃してやる」

「ありがとさん」

 そう言ってホッと一息ついた俺に、スレイは立ち上がり言葉を加える。

「だが、条件がある。それは――」

 ……まあ、予想通り……かな。

「異世界冒険EX」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く