異世界冒険EX

たぬきち

勇闘会①

「……ちょっと緊張するな」

 周囲を見渡し、俺は思わず呟く。

 大観衆が見守る闘技場の中央。四角い石造りの舞台の上には、俺を含め百人近くの人間が立っている。

 その中にはあのフロリアの元仲間の三人の姿もあった。表情を見る限り、納得して来ている訳ではなさそうだ。

「…………」

 メアリーが倒れた日から、一ヶ月近くの時が過ぎた。

 その間に俺はAランクになり、属性魔法も全て覚え、カード化もその選別も済んでいる。

 勇者パーティーの前回の戦いの様子も見れたし、使用する魔法に関しても把握できている。 
 
 不安に思う必要はないはずなのに、何だか落ち着かない。

 もちろん失敗した時の為の策もあるけれど、フロリア的には国民の前でしっかりと倒すことに意味があるらしい。

「あら? 悠斗らしくないわね?」

 と、フロリアの事を考えていると、本人のご登場だ。少し姿を消していた彼女は、いつの間にか俺の横に戻ってきている。

 それにメアリー、アルフ、エレナも一緒だ。

「いやいや、だってほらもし負けたら……」

「その時はその時よ。失敗にはなるけれど、別に命までは取られないわ。ま、あり得ない話だけれど」

「…………」

 どこから来るのかこのフロリアの自信は。

 ……いや、違うか。フロリアにとってはここで不安な様子を見せるわけにはいかないんだ。

 周りにはフロリアの集めたAランクのパーティーがいる上に、勇者の倒し方も重要だから。

 勇者がいなくなれば、魔王を倒せる者もいなくなり、国民は混乱してしまう。だけど勇者を倒した者がいれば、その混乱もすぐに収まる。

 だからフロリアは、国民の前で勇者パーティーを倒したいらしい。

 だがまぁ、実際には次の魔王を倒す訳にはいかないから、フロリアは勇者を倒した後は女神の手下として別の世界へ向かう事になっているけれど。

 そしてメアリーがこの世界の王女として、皆を率いて戦う事になる。

 やがて人類の数が調整された時、アッサムにより新たな勇者が生まれ、その勇者とメアリーにより魔王は倒され、ハッピーエンドという訳だ。

 と、ここまでがフロリアの計画だ。

 勇者パーティーを堂々とこの場で倒し、その後自分は魔王に殺されたことにでもして異世界へ、妹のメアリーは王女として勇者や冒険者を率いて魔王と戦う。

 ……フロリアはそれがベストだと言ったけれど、本当にそれがベストなんだろうか。

「…………」

「悠斗」

 フロリアは考え込む俺の耳元で、小さな声で呟く。

「これは私が私の為に立てた計画、そして実行するのも私。例えこの先、多くの命が失われようと悠斗が気にする事はないわ」

「…………そんな事じゃないよ」

 それも気にはなるけれど、一番気がかりなのはフロリアとメアリーがどう考えても幸せになれないと言うことだ。

 異世界で孤独に戦うフロリアも、勇者が生まれるまでは減らし続けるとわかっていながら戦わないといけないメアリーも。

 本当にこれでいいのか? もっと――

「……前回の戦いを見て、よくもこれだけの数が集まったものだ」
  
「っ!?」

 舞台上空、雲ひとつない青空に浮かんだ五つの影。

 風と共に現れた五人の姿は、アッサムにより見せられた勇者パーティーの姿と一致する。

 一般的な槍よりも更に長い槍を使う褐色の少年、ノード。

 彼がもつ槍はただ長いだけではなく、特殊な構造により魔法を槍から放つことが可能となっている。

 カード戦でも強いが、カードに縛られない戦いでは勇者と並ぶ程らしい。

「…………本当にこの中にいるのか?」

「もちろん。あの五人ならきっと魔王も倒せるよ」

 そのノードと笑いながら会話を交わしているのがアロード。

 勇者パーティーの中でも一番のクズ野郎であり、魔法の実験と称して何百人もの犠牲者を生み出している。

 だが、その実験の成果である通常と違う魔法は驚異だ。先の戦いで見た透明化や石化、それに分身魔法。

「……あら? フロリアちゃんがいるじゃない」

 フロリアに手を振ってくるフロリアと同い年位の少女カーラ。

 彼女は類稀なる運動能力を持ち、相手にカードを出させない、出させても使わせないとばかりに距離を詰めてくるインファイターだ。

 更に自身はしっかりとカードを使用してくる。これまた厄介な少女だ。

「ふぁーあ、早く終わらせて、ずっとお昼寝したいですねぇ」

 目を閉じ、欠伸しながら浮かんでいる少女スフィリア。彼女はその圧倒的な魔力量で戦線を支える回復術の使い手だ。

 前回の戦いではオートヒールを設定していたのか、眠りながら十秒ごとに勇者パーティーを回復していた。

 ダメージも負っていないのに回復を続ける勇者パーティーの姿は、若干シュールだった。

「始めるぞ」

 そして真ん中に佇む少年、彼こそが勇者スレイだ。

 前回の戦いではほとんど何もしておらず、戦闘スタイルも剣を使うこと以外はわからない。

 俺からするとそこまで驚異的な剣技でもなかったが……逆にそれが俺の不安の種なのかも知れない。

「まずは俺達と戦う一組を決める。申請してきたパーティーの数は二十組。トーナメント表はこちらで作っておいた。早速――」

「「俺(私)達は棄権する!」」

 男性、女性入り混じった声が闘技場に響く。

 かねてから決めていた話だ。

 フロリアは他国含め全てのAランクパーティーに出向き、勝負を挑んだ。そして勝利すると、カードを返す代わりに勇闘会を棄権するよう迫った。

 その成果が今である。

「…………頼むわよっ!」

 そしてこの一瞬こそが、最初にして最大のチャンスだ。

 戦う準備の出来てない勇者パーティーに向けて、フロリアはCHAOSの準備を始める。

 そのフロリアを囲むようにアルフ、レオナとジーク達三人が勇者パーティーそれぞれを相手取りカードを生成し、構える。

 フリーの俺とメアリーも刀と槍を創造し、フロリアの前に立ち、相手の動きを待つ。

「<<魔力変換>>」

 更に今回はそれだけでは無い。

 フロリアは女神の指輪からAランク以外の他の冒険者から奪ったカードを取りだし、地面へとばら撒く。

 そしてその次の瞬間には、ばら撒かれたカード全てが消失し、巨大な魔力の塊が生まれた。

 フロリアの持つ二つの固有魔法の一つ、魔力変換。これはその名の通り魔力を変換する能力だ。

 他人の魔力を自身の魔力に変換できる強大な能力だが、もちろんそれには条件がある。

 その条件の一つは、二秒以上触れたことのある魔力しか変換できない、と言うことだ。

 簡単そうだが意外と難しい条件だったりする。俺のように仲間であるなら簡単だが、敵の場合攻撃魔法に触れるか、防御魔法に触れるかしないとならない。

 実際他の異世界ではあまり使い勝手は良くなかったようだ。

 が、この世界にはカードがある。
 
 カードも元は魔力。つまり、フロリアは相手のカードに触れる事が出来ればそれだけで、相手の魔力を自分のものに出来るのだ。

 俺に頼んで来た冒険者狩りもその為だ。結局俺が断ったので自分でやったようだけど。

 そして更に……。

「な、魔力が……!」

「おい! 聞いてないぞ!」

 魔力変換のもう一つの条件。それは半径二十メートル内にある魔力だけ。

 つまり、先程ばら撒いた他の冒険者のカード化してあった魔力は変換できるが、現在離れた場所にいるその冒険者の体に残っている残りの魔力は変換できないと言うことだ。

 だが、それも同じ舞台にいるAランクの方々は違う。

 カードを返す前に二秒以上触れている上に、半径二十メートル以内に居るのだ。あるだけ全て変換できる。

「…………くそ……」

 ばたりばたりと倒れていくAランクパーティー。

 それに比例するようにフロリアの目の前に生まれた魔力球は大きくなっていく。

 これがフロリアがAランクパーティーを増やしていた理由だ。

 それにしても……。

「……フロリア、おかしいぞ……っておい! 大丈夫か!?」

「だ、大丈夫よ……!」

 ある違和感に気づき顔だけで振り返ると、フロリアの目と鼻からとめどなく血が流れている。
 
 膨大な魔力があっても、それを制御出来るかはフロリア次第だ。どうやら相当無理をしているようだ。

「シフォン、回復魔法!」

「必要ないわ! それよりさっき言いかけたのは何なの?」

 必要ないって言われても明らかにやばいって。下に血の池出来てるし。

 だが、本人がそう言ってるのに加え、これ以上話しかけて負担を掛けるのも不味い、更にもしかすると他の魔力が影響して、魔力の制御が上手くいかないかも知れない。

 様々なかも知れないが浮かんだ結果、俺は何も言わないことに決めた。

「……いや、気のせいだった」

「なによそれ……」

 気になったのは勇者パーティーの動きだ。てっきりすぐに戦闘態勢に入るかと思っていたが、驚いた顔でこちらを見るだけ。

 あれは驚きで動けないだけってことなのか……?

「あとは……」

 フロリアは二十枚のカードを生成し、その全てをスライドさせ重ねていく。

「……はぁ……はぁ……うっ……!」

 短く息を吐き、遂に膝をついたフロリア。

 額には大粒の汗が浮かんでおり、目と鼻だけでなく口や耳からも血が流れている。

「これはっ……ちょっと……一発、しか無理、ね……」

 フロリアはそう呟き、震える指で重ねたカードをタッチした。

「本当に大丈夫かよ…………っえ?」

 明らかにおかしいフロリアの状態に、メアリーと視線で合図しあい、体ごとフロリアの方を振り向く。

 そしてそこには、爆発音、雷鳴、地響き、あらゆる轟音を鳴らしながら佇む、真っ黒な球体が浮かんでいた。

 球体の周囲の空間は歪み、振り返った際に当たってしまったのか俺の刀が消失している。

 俺の右手ごと。

「……これ俺達もやばくねーか?」

「やばいわね……でも行きなさい!」
  
 フロリアの声に合わせるように、球体は空に浮かんだ勇者パーティーの元へと飛んでいく。

「全員退避! メアリー、皆を頼む!」
「はい! フロリア姉さまは頼みます!」

 俺は慌てて他のメンバーに指示をだし、ジークの盾を創造する。

 俺とフロリアもメアリーに移動させて貰いたいが、人数オーバーな上に位置関係が悪すぎる。

「悪いけど、私の命は預けたわよ」

「わかってるって!」

 動けない様子のフロリアを抱き締め、盾の影に隠れる。

 この時ばかりは体が小さくて良かったと心の中で思った。

「……いや、凄いな。混合魔法の前の魔法もそうだけど、よくこれだけの魔力を制御出来たものだね?」

 CHAOSの球体が迫ってもアロードはただただ驚きの表情を浮かべている。

 それ以外の面々も驚いてはいるようだ。

 だが、焦りは見えない。

「……素晴らしい魔法だが……」

 勇者のスレイは静かにつぶやくと、爆発寸前のCHAOSの球体に近づき、腰の剣に手をかける。

 何だ? 斬るのは不可能…………まさか!

「俺に魔法は効かない」

 空気を切り裂く音と同時に、轟音を鳴らしていた球体が消失し、世界は静寂に包まれる。

「…………」

「…………」

 ずっとざわついていた観客も、俺も、フロリアも。

 その場の誰もが口を開くことが出来なかった。

「じゃあ、始めようか? 戦いを」

 そんな中でただ一人、勇者スレイだけがそう呟き、舞台に降り立った。

「異世界冒険EX」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く