異世界冒険EX

たぬきち

新たな世界と同行者

「よく来たな! 神木悠斗! 私が! デュエルの女神、アッサムだ!」

「どうも。よろしくお願いします」

 転移を終えた俺の目の前には、筋肉質の巨体の女神が仁王立ちで立っている。

 ふむ。凄い筋肉だ。髪も短いし、もしや男じゃないだろうな……。

 いや、女神って言ってたし女か。顔立ちはいいだけにもったいないな。

 残念ながら俺に筋肉属性は無いのだ。

「お前はアイギス様のお気に入りみたいだからな! 期待しているぞ!」

「……お気に入り、ですか?」

 壊れにくいおもちゃとしてだろうか。それなら納得だ。

「ああ! 今までのアイギス様の手下は長くても十年程度の修行だったからな! 七十年なんて初めての事だ!」

 ……ふむ。何だかきな臭いな。気に入るも何も最初から七十年と決めていたみたいだし。

 その話が本当なら俺には七十年掛けるだけの理由が別にあるはずだ。

 …………ま、どうでもいいか。

「まあ、おかげで酷い目にあいましたけどね」

「確かにちょっとやりすぎな所はあるな! だけど、今までは最低限の苦痛耐性と武器の扱い程度しか教えてなかったんだぞ!」 

「……そうなんですか。それは意外ですね。実戦の時は鬼や悪魔、いやもはや魔王のように厳しかったですが、その後はいらないことまで丁寧に教えてもらいましたし」

「まあ問題解決の前に死ぬことも多かったからかもな!」

「っ! ……なるほど。じゃあ、反省したのかもしれないですね」

 今度はなるべく死なないようにちゃんと育てたって事か。それでもそういう話を聞くと少し怖いな。

「だな! まあ、それより本題だ! お前にやってもらいたいことは一つ! 勇者の奴の排除だ!」

「はあ……それはまたどうしてですか?」

 勇者と言えば魔王を倒す為の存在だし、必要な気がするけど……。

「……強すぎるからだ!」

「……?」

「おかげで人間が増えすぎてるんだ! 魔王もすぐやられるし!」

「はあ……」

「せっかくこの前SSRの魔王が出たのに……!」

 おいおい。魔王ってガチャ産だったのかよ。そりゃ課金キャラなら強いはずだわ。

「このままだといずれ世界の崩壊に繋がってしまう! ……という訳で頼んだぞん!」

 ぞんって何だよ。急なキャラ付けしやがって。

「……よくわからないですけれど、わかりました。とにかくその勇者とやらを排除すればいいんですよね?」

「そうだ! ぶっ殺してくれ! それとこれ、女神の指輪だ! この指輪を嵌めた手で触れば生物以外は吸い込めるぞ! 取り出す時には頭で取り出したいものをイメージしろ!」

 手に乗せられた指輪は飾り気の無いシンプルな装飾のもので、サイズも俺の指にピッタリだった。

「……便利ですね。元の世界でも使えるんですかね?」

 らくらく模様替えが出来そうだ。

「使えるは使えるぞ! だが、世界によっては呼び出せなくなるものもあるからな、世界ごとに分けておいた方がいいぞ! お前の世界の担当はアイギス様だ!」

「……なるほど。わかりました」

 地球で使うなら地球用の女神の指輪を使うのが良さげだな。

 後でアイギスに伝えてみよう。

「それとそれは私の女神の指輪とも連動している! だからこっちで吸い込んだものもお前の方で取り出せるぞ! ただ、注意しないといけないのが一人が戦闘中に吸い取りを行うと、吸い取られた物のイメージがもう一人にも伝わるから戦闘の邪魔になることもある!」

「えー……」

「だが、まあ私のほうで送るものは特に無いからな! 心配要らない! ただし!」

 ズキューンとアッサムが指差した先が光りだす。

 やがて光が収まったそこには、一人の少女が居た。

「フロリア・ディスグランドよ!」

「あ、どうも。神木悠斗です」

 転移してきてそうそう自己紹介。それもしっかりとポーズを決めて。凄いやつだ。

 それに……金髪、ツインテール、ツリ目、更にこの口調……ツンデレ。盛り過ぎだな。

 それに子供っぽい女の子はあんまり好きじゃないんだよなあ。胸も絶壁じゃん。顔は綺麗だけどね。

 年上みたいだけど……敬語使うべきか?

「今回、悠斗は初めてだろ!? という訳で今回は二人で解決しろ! 当然、フロリアにも女神の指輪を渡している! だからお前ら同士で物のやり取りするときは気をつけるんだぞ!」

「はあ」

「わかったわ!」

「それじゃあ、この世界についてはフロリアに聞け! この世界の出身だからな! 頼んだぞん!」

 アッサムにより、俺とフロリアの体から光が溢れ出す。転移か。

 フロリアも大変だな。さっき呼び出されたかと思ったらまた別のところになんて。

 ……いつか俺もそうされるのだろうか……。

 そんなことを考えていると、いつの間にか目の前には平原が広がっていた。

「異世界冒険EX」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く