異世界冒険EX

たぬきち

世界の崩壊②



「ありえない……ありえちゃ駄目なんだよ! こんな事は!」

 駄目だ。俺にはわかる。今、召喚されたのは間違いなく茜だ。

 崩れ行く世界の中で、俺は女神の指輪から転移結晶を取りだし、砕く。

 青白い光に包まれた俺の体は消失し、アイギスの空間へと転移する。

「どういうことだよ! アイギス! 俺、言ったよな!? 二度と茜が巻き込まれないようにしてくれって! あの時に! 茜が転移に巻き込まれて! 俺が死んだときに!」

 頭が混乱する。今はアイギスを責めている場合じゃないのに。茜を早く助けなきゃ。傍に行かなきゃいけないのに。

「わからない……。茜ちゃんの存在は確かに私の世界にロックしてたはずなのに……」

 アイギスもまた混乱しているようだ。

 茜が召喚された事に加え、ニルギリの世界は崩壊を始めている。

 このままでは連鎖していくつもの世界が崩壊してしまう。
 
「っとにかく! すぐに俺を茜の傍に送ってくれ」

「……今はちょっとどこに物体があるかわからないから、空中になるぞ? ……それにたとえそうしても最悪の場合……。世界の崩壊まで、十秒も無いし……」

「構わない!」

 現在、ニルギリによってロックがされた為、ニルギリの世界の様子がわからないようだ。

 適当に転移させてその場所に何かあった場合、もともと存在したものが優先されてしまう。

 つまり後から来たものは弾け飛ぶ。

 それに加えて、世界の崩壊に巻き込まれたら流石に俺も生き残れないだろう。

 だが、そんな事を気にしている場合じゃない。 

 今、気にするべきは茜のことだけだ。

 例え、世界が崩壊しようとも俺の隣に茜が居て、茜の隣に俺が居るならなにも問題はない。

「じゃあ、いくよ」

 今度は遊び無しのようで、光る事も無く視界が消失する。

 狙いは茜の存在を目印にして、その上空。

「っ! 回復!」

 目を開くと真っ赤な空が見える。

 鳥が飛んでいた為に体の一部が弾けてしまったが、瞬時に回復魔法を行使する。

「茜は……」

 自由落下しながら茜が居るはずの下へと視線を向ける。

 そこに見えたのは……。

「え?」

 ……膝をついている一人の少年。

 そして、その近くに震えながらしゃがみ込んでいる二人の男。その更に周囲には十人程度の人間や獣人が倒れていた。

 そして、その全員が大きな結界で捕らえられている。彼らのいる丘の上のほとんどを覆っている結界。

 だが一人だけ、一人だけ結界の外、丘の淵で鼻歌を歌いながらこちらに手を振っている少女が居た。

 ……茜だ。

 世界の崩壊はいつの間にか止まっていた。

「異世界冒険EX」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く