異世界冒険EX

たぬきち

仮面会議



「全員集まったね。じゃあ始めようか」

 王都アッサムの中心にそびえ立つ城の一室には、十四人の男女が集まっていた。

 先程発言した少年とその近くに立つ二人を除き、それぞれ一から十一までの数字が刻まれた仮面を被っている。 

「急に呼び出してどうしたんですか?」

 少年の隣に座る女性が尋ねる。彼女の名前はセリエ。仮面には三の数字が刻まれている。

「申し訳ない。ちょっと問題が起きてね」

「問題ですか?」

「ああ。だが、その話をする前に二つ、報告がある」

 少年はそういうと近くに立たせていた二人、黒の学生服を着た少年二人に目を向ける。

「あ、は、初めまして。田沼護です」

 太った少年がおどおどとした様子で挨拶する。その視線は落ち着きなく動き回り、緊張による嫌な汗をかいている。

「初めまして。新城司と申します。まだアッシュさんに簡単な説明をして頂いただけなので、何がどうなってるのか全然わかりませんが、皆様と敵対するつもりはありません。よろしくお願いします」

 もう一人の少年は堂々とした様子で挨拶する。少しだけ緊張も見えるが、それよりも期待や興奮といった感情が大きいようだ。

「ま、そういう訳だから皆よろしく」

 アッシュと呼ばれた少年は手で二人を下がらせると、座っている仮面達に告げる。

「容量の調整の為にまた二人、転移を行った。二人は知り合い同士らしいけど、それは偶然だから変に勘繰らないでね」

「またアッシュの世界からかよ」

 十の数字が刻まれた仮面を被った男性が呟く。彼の名前はギル。アッシュや田沼、新城とは違う、ゲームの世界からこの世界に転移してきた。

「あそこはアイギス様が管理する世界ですからね。プレッシャーを与える意味でもそこからが一番かと考えました」

 ギルの呟きに答えたのは一番の数字が刻まれた仮面を被っている女性だ。名前はニルギリ。そう、この世界を管理する女神だ。

「で、もう一つの話なんだけど」

 アッシュは手を叩き、注目を集める。その顔には朗らかな笑みが浮かんでいた。

「カール、良くやってくれたね」

「はい?」

 カールと呼ばれた男性は少し間の抜けた声を上げる。仮面には十一の数字が刻まれている。

「正直、時間稼ぎが出来ればそれでよかったんだけど……いやまさか、本当に始末してくれるなんてね。あのドルゲを」

「……っ!」

 アッシュはにこやかな笑みを浮かべながら続けるが、その一方でカールは内心の驚きを隠すのに精一杯だ。

 カールはある村の警察署長でもある。そしてそこの部下からの報告ではドルゲの殺害は失敗したはずだ。

 まさかあのユウトとかいう異世界人が……? 

 カールは考える。現在の状況と自身の最善の立ち回りを。アッシュが彼に頼んでいたのはドルゲが作戦の邪魔をしないように始末するか、時間を稼ぐかだった。

 そこでカールは彼自身の固有魔法、記憶操作を使いドルゲの記憶を操作する事によって時間を稼ぎつつ、自身の都合のいい駒として使っていた。

 しかし、段々と記憶操作の通りが悪くなってきた為、殺害する事にしたのだ。

「少してこずりましたが当然です」

 カールはとりあえず話を合わせる事にした。否定する事に旨味は無い。

 なにより今はまだユウトの存在を知られたくなかった。

「……どんな手を使った?」

 そんなカールに年老いた声が尋ねる。四の数字が刻まれた仮面の老人、ダグリスだ。その声には驚愕と嫉妬が混ざっている。

「それは企業秘密ですよ」

 カールはそう答えるしかない。転移直後にダグリス含め、三人のメンバーに重症を負わせたドルゲを殺すなど、手段を選ばなかったとしても並大抵の事ではない。

 可能性があるとすれば色仕掛けだとカールは考えていたが、それを口に出す訳にはいかない。正解か不正解かもわからない以上は。

「とにかくドルゲが始末できた事は喜ばしい……だけどね」

 少年は笑顔から一転、真剣な顔で呟く。

「未だにアイギスからの返事がないんだ」

「「なっ!?」」

 少年のその発言に座っていた仮面達が驚きの声を上げる。ニルギリとギル、そしてカールを除いて。

「皆、落ち着いて。今回の作戦は世界崩壊を交渉材料に女神長アイギスとの交渉が肝だったんだけど……返事が無いらしい」

「む、無視されているということですか?」

 三の仮面を被ったセリエが、仮面の上からでもわかるほど、動揺しながら尋ねる。

「そうだね」

「馬鹿な!? 自分の管理している世界でないとはいえ、連鎖して他の世界にも影響があるのはわかっているはずだ! 断るならともかく無視するとは考えられないぞ!」

 アッシュが答えた瞬間。ダグリスが机を叩き、激昂しながら叫ぶ。

「だけど実際に返事はないらしいからね。もしかすると既に対策しているのかもしれない……」

「どういうことだ!? ニルギリ! お前の話じゃ対策は不可能ということだったじゃないか!」

 座っていたニルギリがゆっくりと立ち上がる。その動きは流麗で落ち着き払っており、それを見た仮面の者達は少しだけ落ち着きを取り戻す。

「私にもわかりません。ですが、実際に返事が無いのは事実です」

「……ちっ。それじゃあ、わしの願いは?」

「叶わないだろうね。僕の願いも、他のみんなの願いも」

「マジかよ……」

 アッシュの発言に何人かの仮面が肩を落とし頭を抱える。

 彼らは全員が全員、少年に従っているわけではない。願いが叶うかもしれない、その一点の為だけに協力している者もいる。アッシュもそれはわかっていた。

 それに彼自身もどうしても叶えたい願いがあるからこんな集団を作ったのだ。

 だからこそ、アッシュは口を開く。
 
「このままなら、ね。僕に少し考えがあるんだ」

「本当ですか!?」

 中々の勢いで顔を上げたセリエが、期待に満ちた声で尋ねる。

 仮面の隙間から見える瞳はキラキラと輝いている。尊敬するアッシュの作戦とあって、期待がほとばしっている。

「うん。今回はその事について話し合う為に皆を集めたんだ」

「流石です! アッシュ様! それでその考えとは!?」

「他の世界でも同じ事をやるんだよ。この世界だけじゃなく、他の世界も危なくなれば女神長もなにかしらリアクションを取るはずだ。最悪の場合、女神長の管理する世界で行ってもいいだろう」

 ニヤリとそれまでと違う、邪悪な笑みを浮かべるアッシュ。

 見た目こそ年若い少年だが、その内面はずっと大人だ。自分の目的の為なら犠牲なんて欠片も気にしない。
 
「……なるほど。ですがこの世界では女神を仲間に出来たから、別の世界から召喚を繰り返し容量を埋めることが出来ましたが、他の世界ではそんな簡単にいかないでしょう。女神からの妨害も入るでしょうし」

「妨害といっても女神自身に出来るのは手駒を差し向けることぐらいでしょ? それぐらいなら自分達で何とでも出来るはずだよね? 君達なら」

「勿論です」

 セリエは期待されていると感じたのか、少し嬉しそうに答える。

 他の仮面達も自信満々に頷く。

「で、他の世界の容量の埋め方だけど……まず君達を他の世界へと送る。で、次にその空いた分を使って新しい異世界人を召喚する。で、その召喚した異世界人をまた他の世界へと送る。それを繰り返せばいい」

 つまり、この世界を経由して別の世界から別の世界へと転移させていくという事だ。それならニルギリ一人でも可能だ。もちろん、ルール違反ではあるが。

「しかし、誰が他の世界に行くのですか?」

「んー……それはくじ引きで決めようか?」

 セリエの質問に適当に答えるアッシュ。誰が行ってもかまわないということだろう。

「申し訳ありませんが、私は遠慮させていただきます」

 カールは立ち上がると、そうアッシュに告げる。その言葉にアッシュは少しだけ驚いた顔を浮かべ、尋ねる。

「なんでかな?」

「私は女神に頼ってまで叶えたい願いはありませんし、今は少々別の案件が忙しいので。もちろん、出来る限りの協力はしますが」

「俺もだ」

 カールに続いてギルもまた立ち上がる。

「俺はただ強い奴と戦いたいだけだ。戦いになったら呼べ」

「……まあ仕方ない、か」

 立ち上がった二人に対し、座ったままアッシュは呟く。
 
「ニルギリ。二人を送ってやってくれ」

 アッシュがニルギリに視線を送る。それと同時にギルとカールの体がその場から一瞬にして消失する。

「相変らず早いけど、遊び心が無いよね」

 転移させたニルギリに苦笑しながらそう言うと、アッシュはくじ作りを始めた。

「異世界冒険EX」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く