勇者の孫、パーティーを追放される~杖を握れば最強なのに勇者やらされてました~

結月楓

第十一話 『プロテクト』

「今日は魔王軍幹部を討伐するって決めたのに、どうして俺は教会に居るんだろう……」

 教会の高い天井を見上げてそっと呟く。

 目の前にはエリザが横たわっている。

 お家芸の戦闘不能だ。

 事の始まりは宿を出た瞬間。

 戯れる子供たちが魔法遊びで氷結魔法アイスボールを打ち漏らしたのに気付き「避けろ!」と叫んだ時には遅かった。

 運悪くエリザが流れ弾に当たったのだった。

「やっぱりエリザっちには何か対策が必要だねー」

 神父が復活の呪文を唱えている間、ミカはエリザのおっぱいをぽよんぽよんと叩きながら言った。

 おい、この子は何セクハラしてるんだ。

 エリザをミカのセクハラから守るため、杖を振って魔法を唱える。

まもりたまえ!」

 詠唱が一言で済む簡単な防御魔法プロテクトという魔法だ。

「うわっ、エリザっちのおっぱい急に弾力が増したよー。なんか弾かれちゃうくらい」

 嬉しそうに俺に報告するミカ。

 違う、それは弾力が増したんじゃなくて俺の魔法の効果だ。

「――は!? わたしは一体何を!?」

 エリザが目覚めて、もう何度目かになる決まり文句を言う。

「もしかしてわたし、ヘルスライムにやられてしまいましたか!?」

「残念だがエリザ……お前は町の子供の魔法遊びの流れ弾でやられたんだよ」

「えっ!? なんですかそれ!? モンスターですらないんですか……」

 単なる事故で戦闘不能になってしまったことでしょげてしまったエリザ。

「誰にでも失敗はある。その失敗をいかして次の成功に繋げるのが賢者への道だぞ」

 エリザを励まそうと声をかける俺。

「……すみません。何か言いましたか? 泣いてて聞こえませんでした」

 くっ、人が真面目にアドバイスしてやってるのに。

「プププ~。アルフかっこ悪~い」

 冷やかしてくるのはミカだ。

「こら~! ミカ、お前にだって言えることなんだぞ。この前依頼の報酬ドブに落としてダメにしたこと忘れたのか」

「ひぁぅ! そのことは言わない約束でしょー」

 恥ずかしそうに手で顔を覆うミカ。

「まあいい、もう一度ヘルスライム討伐に出発するぞ!」

「次こそは頑張りますっ!」

「……うちも頑張るよー」

 出鼻をくじかれる形にはなったが町を出発した。

 今度こそヘルスライム討伐ができると信じて。

「勇者の孫、パーティーを追放される~杖を握れば最強なのに勇者やらされてました~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く