勇者の孫、パーティーを追放される~杖を握れば最強なのに勇者やらされてました~

結月楓

第十話 『魔王軍幹部』

「ふぅ……。これで全部片付いたな」

 宿屋の一室で依頼のメモ書きを見ながら一息つく俺。

 なんだかんだ依頼をこなしていたら一週間もかかってしまった。

「お疲れ様です、アルフさん。今日も流石の活躍でしたね。はいっ、どうぞ」

 紅茶の差し入れをしてくれたのはエリザ。

 流石の活躍と俺の事を褒めてくれてはいるけど、彼女は今日も開幕戦闘不能。

 さっき教会で復活したけどほとんど記憶がないはず。

「エリザのHP対策考えないとな……。魔王討伐の時に戦闘不能になったら結構やばいし」

「そうですね! 対策を考えなきゃいけませんね!」

 人事のように言っているけど君の事だぞ、エリザよ……。

 ――ギィ、バタンッ

 部屋の扉が開いて閉まる。ミカが帰ってきたのだ。

「アルフ~! 良い情報手に入ったかもー」

 教会でエリザを復活させている間に、ミカには酒場で魔王軍幹部の情報を集めるように言っておいた。

 魔王軍幹部はこの世界のあらゆるところに存在し、大体町一つに対して一人の幹部が割り当てられている。

 この間倒したデュラハンもそんな魔王軍幹部の一人だったらしい。

 魔王軍幹部が倒されるとどうなるのか?

 答えは簡単。新しい幹部が派遣される。

 幹部を倒すと一時の平和が訪れるけど、それも長くは続かないのだ。

 だけどそれも無駄ではない。

 魔王軍幹部の数を減らすことは魔王軍の戦力を削る事に繋がる。

 いつか来る魔王との決戦の時にはその事が必ず役に立つはずだ。

「ミカ、情報を聞かせてくれ」

「うぃーっす。これ見て、これ」

 ミカが見せてくれたのは瓦版。

 そこには討伐クエスト《ヘルスライム》と書かれていた。

「ヘルスライムだって? 聞いたことない名前だな」

「でしょでしょー? しかも報酬が一番高いから、きっとこいつが新しい魔王軍の幹部だよー」

「確かに幹部っぽいな! 明日このクエストを受けよう!」

「うちが見つけたクエストなんだから―、倒したらうちに報酬半分ちょうだいね!」

 ミカはこういうところはちゃっかりしてる。

 しかしミカがお金を集める理由も知っているので認めてあげよう。

「しかたないな」

「いぇーい! うちアルフのこと好きー」

 ミカが俺の横から首に手を回して抱きついてくる。

 こういうところもちゃっかりしてるな……まったく。

「ミカちゃん! アルフさんを独占するのは許しませんよ!」

 エリザは謎の対抗意識を燃やしているようだ。

 彼女はミカを後ろから引っ張り、俺から引き剥がそうとする。

「エリザっちなにするんだよ~、うちとアルフのラブラブを邪魔するなー」

 ミカは離されまいとして俺の首に更にぎゅっと巻き付く。

「ミカ! 首しまってるから! 首しまってるから!」

 俺は悶えて机をタップする。

「ミカちゃん! アルフさん苦しがってるじゃないですか! 離しなさ~い!」

「やだー! 離さないってのー!」

 糞三銃士のパーティーと組んでいるときに、いじめにより首を絞められ落とされたことがある。その時は最悪の気分だった。

 今も痛みとしては同じものを味わっているはずなのに、その時と全然違う気分なのは何故だろう。

 俺は落ちかける意識の中で思った。

 明日からもこの子達と一緒に頑張ろうって……。

「勇者の孫、パーティーを追放される~杖を握れば最強なのに勇者やらされてました~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く