勇者の孫、パーティーを追放される~杖を握れば最強なのに勇者やらされてました~

結月楓

第九話 『真の勇者』

 アルフたちが町の悩みを解決していく一方で、三銃士の魔王討伐パーティーにも動きが出てきた。

「おい、酒持ってこい!」

 サイフォスは相変わらず荒れている。
 この酒場はアルフたちがいる村とは別の村で、魔王が住む魔大陸に最も近い村と言われている。

 そんなところで勇者募集をするのだ。

 強いやつしか来るわけないというのがサイフォスの理論。

 そこまで都合よく話が進むわけないと思いきや、いきなり声がかかった。

「あの、僕は勇者をやっているものですが、三銃士の方々ですよね。パーティーに入れて欲しいのですが」

「そうだが、お前はそれに見合った力のある勇者なんだろうな?」

「勿論です。剣技にも魔法にも自信がありますよ、なんなら試してみてください」

 純朴そうな青年だ、サイフォスはまたどうせ外れだろうと思いながらも力試しをやる事になった。


 ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆


「サイフォス! こいつ強いよ。わたしでも剣で勝てるかわからない」

 フィーナがあり得ないと言った表情で剣を打ち合いながら言った。

「魔法も自信がありますよ。サイフォスさん全力で魔法を打ってください」

「そうか、それでは最強の火の魔法火焔球ほむらで相手してやる……死ぬなよ?」

「はい! 善処します」

「火の精霊よ、我が下僕しもべとなり業火の炎で焼き払わん」

 ――ゴオォォォォ

 サイフォスの手からは渦巻くほどの炎が現れて、青年の眉間めがけて飛んで行く。

「やはりなかなか強い……放ってはおけんな」

 青年は誰にも聞こえないようにぼそっと喋ると、腕を一振りしただけで魔法を消し去ってしまった。

火焔球ほむらを消し去っただと!? 貴様名前は!?」

「ジャキといいます。試験は合格ですか?」

「勿論だ、こういうやつを求めてたんだよ。あんなアルフとかいうクズじゃなくてな」

 サイフォスは急ににこやかになり握手を求めだした。

「それではよろしくお願いしますね。サイフォスさん」

「ああ、精々足引っ張んなよ」

「ははっ、お互い頑張りましょう」

 こうして三銃士の魔王討伐パーティー第二期が結成されたのであった。

「勇者の孫、パーティーを追放される~杖を握れば最強なのに勇者やらされてました~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く