お前ら『神器』って自覚ある?

ibis

6話

「戦闘訓練、ご苦労だった……この後は普通に授業を行う。各々おのおの、準備をしておくように」

 言い残し、セシル先生が教室を出ていく。

「はー……めんどくせぇな!」
「まあな……でも、普通に授業があるってわかって、少し安心した」
「そうか?」
「この学院生活の全部が、戦闘訓練とか戦闘試験ばっかりだったら、キツくないか?」
「んー……まあ、そうだな」

 どういう意味合いがあって席を決めたのかはわからないが……俺の前には、レテインが座っている。
 俺の隣はアルマ。後ろはリリアナとソフィアだ。

「……おいてめェ」
「ん?……お前は、さっきの……」
「……チッ……たまたまだァ、今日はたまたま負けたァ……だから、次は俺が勝つ。いいなァ?」
「……はっ、上等だ!やれるもんならやってみやがれ!」

 『シュッシュッ』とシャドウボクシングをするレテイン……その横を通り過ぎ、グローリアが俺の所に来る。

「……おめェもだァ……俺ァ最強になる。おめェも、あの女もぶっ潰してなァ」

 クイッと、グローリアがサリスに顎を向ける。

「……なに、私に、用?」
「あァ……俺が一番になる。お前ら全員踏み潰してなァ」
「……冗談に、しては、笑え、ない」
「当ったり前だろォがよォ……冗談じゃねェんだからなァ」
「……ふん」

 ……グローリアもだけど、サリスの話し方も独特だな。
 なんと言うか……単語と単語を区切って話してるって感じか?

「ご主人様ー、あれがせんせんふこくってやつー?それとも、げこくじょー?」
「んー……下剋上はちょっと違うかもな」

 ルーシャもだったけど……やっぱりSクラスに選ばれるだけあって、自分に自信があるんだろうな。

「なーお前……アルバトスだったよなー?」
「おっ……ああ、そうだけど」

 こいつは……確か、ジェルムだったか?

「……その盾、つえーよな」
「え?ああ、まあ……お前の分身の方がスゴいと思うけどな」
「ははっ!武器を振ってねーのに勝ったお前に言われるとはね!」

 バシバシと俺の体を叩き、ジェルムがバカ笑いを始める。

「ああそうだった、あたしゃジェルム!んで、こっちの大人しいのが『神器』のオウル!」
「………………………………よろしく」
「おう、よろしく」

 メガネを掛けたオウルが、ペコリと頭を下げてくる。

「……で、俺になんか用か?まさか、アルマの事を褒めるために来たんじゃないだろ?」
「おーその通りだ。お前が戦ったやつ……ルーシャな。あたし、あいつ大っ嫌いなんだよ」
「お、おうそうか」
「だからよー!その盾の子があいつの魔法を吸い込んで倒しちまった時は、スカッとしたんだよな!」

 ……うん、いや、それを俺に言ってどうするの?

「にしても……あんた、3つの『神器』と契約してんだろ?」
「……まあ、そんな感じだな」
「……その子は?」

 ジェルムの指さす先―――ソフィアがいた。

「その子はって言われても……『神器』だ」
「そりゃ知ってんよ、どんな『神器』なんだよ?」
「内緒に決まってるだろ」
「かーっ!けちだなー!」
「―――授業を始めるぞ。席に着け」

 扉を開け、セシル先生が教材を持って戻ってきた。

「先生、自分たちは教材を持っていないのですが」
「ああ、渡していないからな」

 バルトナの言葉に、セシル先生が教室を見回しながら答える。

「Sクラスのお前らには、教材なんてない……必要なのは、喰らい付いてやるという気持ちだ」
「先生!言ってる意味がわかりません!」

 髪の右側が白、左側が黒の男が手を挙げる……グラルテストだ。

「……一般的な教養が、モンスターの討伐に役立つか?そもそも、お前たちはSクラスだ。そんな授業をする余裕があるのなら……『神器』との交流を深めたり、己の体力を付けたりする方がいい」

 なんてこった。Sクラス半端ねえな。

「とは言え、さすがに一般知識は知っておかないとな……というわけで、俺が教える事は、国王の名前や簡易治療のやり方。あとは……食べられる草の判別方法など、人生において役立つ事だ」

 ここはサバイバル教室だったのか。知らなかった。

「今日は初日だから、オリエンテーション的な感じで進める……では、始めよう」

―――――――――――――――――――――――――

「やっと昼休みか……」
「ご主人様っ!お昼!お昼食べよー!」

 サバイバルの授業を終え、昼休みになった。

「ん……じゃあ食堂に行くか」
「早く行こー!」
「リリアナ、ソフィア、行くぞ」
「はい」
「え~……めんどくさ……」

 ピッタリと横を歩くソフィアと、怠そうに後を追ってくるリリアナと共に、食堂を目指す。

 この学院の食堂は、無料でご飯を出してくれる。ありがたい。
 AからFクラスまでは同じ献立こんだてなのだが……Sクラスは、特別献立があるらしい。
 こういうちょっとした所で優遇されるから、みんなSクラスを目指すのかな。

「……はぁ~……なーんで人間も『神器』も、何かを食べないと死ぬのかしら……」
「お前は急に何を言ってんの?」
「だってめんどくさいじゃない。わざわざ食堂に行ってご飯食べて、そしたらまた教室に戻ってくるなんて……そうだ、ご主人がご飯を教室に持ってきてくれれば……!」

 こいつってば頭がおかしいの?

「もーダメだよリリアナちゃん!ご主人様に迷惑掛けたらー!」
「な、べ、別にまだ何もしてないでしょ?」

 見た目はリリアナの方が大人なのに、幼女のアルマに怒られてら。

「……見ろよ……Sクラスだぜ」
「あの人って……2回目に試合した人よね?」
「待て待て……連れてる女の子、全員『神器』か?」
「嘘だろ?!3つと契約とか、聞いた事ねぇぞ?!」
「大物だな……サリスってやつにも勝てるんじゃないか?」
「いやー、サリスちゃんは別格でしょ」

 食堂に入ると同時、色んな視線が集まる。
 ……尊敬。畏怖。驚愕。嫉妬……まあ、居心地は良くないな。

「……ちゃっちゃと食べて戻るか」
「はぁ……はぁ……いい……視線、いい……♪」
「おい、何やってんだ。はよ来いソフィア」
「……あ、はい」

 我に返ったソフィアを連れ、料理を注文する。

「……3つの『神器』と契約……ねぇ」
「ご主人様?」
「ああいや、何でもない」

 近くにあった椅子に座り、リリアナとアルマを待つ。

 ……リリアナ、アルマ、ソフィア。
 こいつらは普通の『神器』とは違う。
 みんなは、『3つの『神器』とできて、羨ましいな』と思うだろう。
 だが、違うのだ。
 こいつらは―――『3人で1人の『神器』』なのだ。

「……懐かしいな……」
「何がですか?」
「お前らと契約した日だよ……もう、10年も前の事なんだなって思ってな」
「契約した日……ですか?……そうですね。とても懐かしいです」

 普段のドMな笑みとは違う……ソフィアが懐かしむように目を細め、微笑を浮かべている。

 そう。もう10年も前の事だ。
 俺がこいつらと……この厄介者たちと契約を交わしたのは。

「なーに話してるのご主人様っ!」
「アルマ……んや、お前らと契約した日が懐かしいなって話してたんだよ」
「ご主人様と契約した日ー?…………契約、した日?」
「覚えてねぇのかよ」
「おっ、覚えてるよー?その……あの……あれ?」

 覚えてねぇじゃねぇかよ。

「待ちなさいよアルマ……まったく、あたしに全部持たせて……」
「ありがとーリリアナちゃんっ!」

 2人分の昼食を器用に運び、リリアナが席に座る。

「あら……珍しいわね。ソフィアがそんな可愛く笑うなんて」
「……失礼。お見苦しい物をお見せしました」

 自分の顔を恥じるように、口元を隠しながら顔を背ける。

 ……そう。こいつは……ソフィアは、普通の笑みを見せたがらない。
 何故かよくわからないが……普通に笑うと、今みたいに『お見苦しい物をお見せしました』と言って、顔を背けるのだ。
 以前、リリアナとアルマに『なんでソフィアは笑わないんだ?』と聞いた事があるが……『それは教えられない』と、知ってるのに教えてくれない感じだった。

 ……いつか、ソフィアが普通に笑える日が来ればいいのだが。

「お前ら『神器』って自覚ある?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く