【新】アラフォーおっさん異世界へ!! でも時々実家に帰ります

平尾正和/ほーち

第2話『おっさん、テオノーグ王家の話を聞く』

 テオノーグ王国、王都セニエスク中央にある王宮の一室。
 小太りの中年男性に若い女性がしなだれかかっている。


「ねぇお父様さまぁ……、蜥蜴とかげの涙石が欲しいのですけどぉ」


 そうやって甘えたような声を出す若い女性は名をメアリーといい、この王国の王女であった。


「む、むぅ……。しかしだな、いまは天網府が動いておるゆえ……」


 と困ったように返した男こそ、テオノーグ王国現国王バートランドである。
 バートランドは現在私室にいるため私服姿だった。
 その服装は一見してシンプルなデザインだが見る人が見れば仕立てのいいことはすぐにわかるだろう。
 対して娘のメアリーはずいぶんと奇天烈な服装だった。
 ベースとなるドレスこそシンプルなレザー仕立て――とはいえ王族にしては少し奇をてらいすぎている感はあるが――だが、そのうえからファーのファーのストールを羽織り、身体のそこかしこにカラフルな装飾が見て取れる。
 ただ、服装の中に金属製の物は見あたらず、生物の牙や角を加工した物が目立った。
 なにより目を引くのが首から提げたネックレスだろう。
 黄金色の中に、様々な黒い模様の入った丸い宝石のようなものをいくつも連ねたそれを、メアリーはつまんで持ち上げた。


「ここに蜥蜴の涙石が入ると、もっと華やかになると思うんですの」
「だがなぁ……。蜥蜴の氏族は王国領内にあるので、逆に手を出しづらいのだ……」


 彼女が首に提げたネックレスに使われている『涙石』というのは、非常に希少価値のある宝石としてごく一部の好事家から好まれるものだった。
 しかし多くの場合は、それを身につけているだけで眉をひそめられる類いのものでもある。
 なにせそれは精人からえぐり出された瞳から作られるものなのだから。


「ええー……お父様は国王なのに、涙石のひとつも手に入れられないんですの?」
「いまは時期が悪いと言っているのだ。もう少し待ってほとぼりが冷めればそのうち……な?」
「ふんっだ。お父様の役立たずっ!!」


 ぷいっと顔を背けたメアリーは、そのまま国王から離れて立ち上がった。


「や、役立たず……。そんなことを言わないでおくれよメアリー」


 溺愛する娘を失望させたことに肩を落とす国王に背を向けたまま、メアリーは首を回してチラリと父親を見て、口元に妖艶な笑みを浮かべた。


「だったらぁ、メアリーのお願いを聞いてくださらない?」
「む、むぅ……わかった、なんとかしよう」
「あはっ!」


 くるりと自分のほうへ向き直り、無邪気な笑みを浮かべる娘の姿に、バートランドは胸の奥が熱くなるのを感じた。


「お父さまだーいすきっ!」


 そして胸に飛び込んできた娘を抱きとめ、優しく頭を撫でながら、バートランドは心底幸せそうな笑みを浮かべていた。


**********


「あら、お兄さまごきげんよう」


 自分の部屋へと帰ろうと歩く廊下で、メアリーは長男のエリオットに遭遇した。
 エリオットは妹の姿を視界に入れた瞬間、不機嫌さを隠す様子もなく渋面を作った。


「メアリー、そんな格好をして恥ずかしくないのか?」
「あら、どうして?」


 首を傾げたメアリーは、ひと呼吸後にその場でくるりと回り、兄に笑顔を見せる。


「素敵でしょう?」
「く……」
「それではごきげんよう」


 さらに表情をゆがめた兄の傍らを、メアリーは軽やかなステップで通り過ぎていった。


「まったく、どんな神経してるんだか……」


 背後から聞こえた声に、エリオットは表情を少しだけ緩めながら振り返った。


「カーティスか。なんの用だ?」


 カーティスと呼ばれたのは、まだどこかあどけなさの残る容貌の青年だった。
 平服と礼服を合わせたような、しかそれを絶妙に着崩した格好の青年は、人の良さそうな穏やかな笑みを浮かべ、ゆったりとした足取りでエリオットに近づいていく。


「いえね、例の歌劇場の建設のことでいくつか従兄にいさんに確認したいことがありまして」


 カーティス・テオノーグ。
 彼は現国王バートランドの弟クリフトンの三男であり、巷では『道楽貴公子』と呼ばれていた。


「ふむ。ではこのまま私の部屋で話を聞こうか」


 そう答えたエリオットは、眉間にしわを寄せ、メアリーが去って行ったほうへ視線を向けた。
 それにつられるようにカーティスもそちらに目を向け、呆れたように苦笑を漏らす。


「聞けば先日の夜会に、あの格好で出たらしいですね」
「ああ……」


 揶揄するような笑みを浮かべて放たれた従弟の言葉に、エリオットは苦虫をかみつぶしたような表情で短く答えた。


「いい加減何とかしといたほうがいいと思いますけどね」
「わかっている……! だが父上がな……」


 メアリーが身に着けている物は、涙石のネックレスを始め、レザーのドレスも、ファーのストールも、そして彼女を飾るあらゆる装飾品のすべてが精人の素材でできていたのだった。


**********


「精人を害するのは天網違反なんだろ? そんなの身につけてて大丈夫なのか?」


 ファランからメアリーの話を聞いた敏樹は、胸の辺りにムカムカするものを感じながら、首を傾げて疑問を呈した。
 青ざめた顔で俯くロロアが手を握ってきたので、汗ばむ彼女の手を強く握り返してやる。
 本人は獣人だが親が精人であり、かつ40年間精人を隣人として過ごしてきたロロアにとって、メアリーの話はあまり気分のいいものではない。
 なのでファランは事前にロロアには席を外すように勧めたが、彼女が拒否したので話を続けていた。


「たしかに精人を害することは天網に反するけど、精人の……その……素材、を扱うこと自体は違法じゃないんだ」
「なんでだ?」
「悲しいかな、精人が売りに出するからなんだよね」


 ロロアの故郷であるグロウ率いる集落は、幸い米の栽培に優れ、酒を扱うことで金銭を得ることができている。
 しかし中にはそういった産業を上手く持てない氏族もいるのだ。
 食事も睡眠も必要としない精人なので、ただ生きるだけなら金も食料も必要ない。
 現代でも人と交わらずに、静かに暮らす精人もいるが、多くの場合は人の文明に触れ、娯楽を求めるようになった。
 しかしそういった娯楽を享受するには金銭が必要となり、その金銭を得るためには何かしらの産業が必要になる。
 しかしそういった産業をもてない精人たちはどうやって金銭を得るかというと、同朋の死体を売りに出すのだ。
 中には自分の身体の一部を売りに出す者もいた。


「なるほど。売買を禁じれば当の精人が苦しむ場合があるのか……」


 なので、市場に出回っている精人の素材を購入し、身につけたり飾ったりすることは違法ではない。
 だが、そうやって同朋の死体を売りに出す精人は少なく、市場に出回っている――ごくわずかにではあるが――精人の素材の多くは違法に採取されたものだ。


「でも、そういう希少な物を扱う人たちってのは大抵権力を持ってるからね。なかなか尻尾を掴ませないんだよ……ただ」


 そこでファランの口元がにやりと歪む。


「ここ最近だれかさんのおかげで捜査が一気に進んでね。メアリー王女、そろそろヤバいらしいよ」

「【新】アラフォーおっさん異世界へ!! でも時々実家に帰ります」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • Qual

    最近全話読みました!凄く面白かったです!更新待ってます(*^^*)

    0
コメントを書く