【新】アラフォーおっさん異世界へ!! でも時々実家に帰ります

平尾正和/ほーち

第11話『おっさん、監察署を訪れる』

 州都のメインストリートから少し外れた、人通りの少ない一角。
 閑静な住宅街じみた場所に、その建物はあった。
 2階建ての個人宅のような建物だったが、ファラン曰くこれが天網監察署であるらしい。


「ほら、扉の上を見てごらんよ」
「…………桜?」


 入り口と思しき扉の上に、桜の花を模したような紋が掲げられていた。


「桜をモチーフにしたデザインていうのは、天帝とその直轄の組織しか使うことが許されていないからね。個人宅でこんなの掲げてたら、大変なことになっちゃうよ」
「へええ」


 どうやらここで間違いないようなので、敏樹はさっそく入り口の扉を開けようとしたのだが――、


「ん? 開かない?」


 取っ手を何度か押し引きしてみたが、どうやら扉には鍵がかかっているらしく、開きそうにない。
 扉にはノッカーがついていたので、それを使ってコンコンとノックしてみたが、特に反応はなかった。


「なぁ、ここの営業時間ってどうなってるの?」
「さぁ? 普通の人はここに来ることなんてないからね。窓口……があるのかどうか知らないけど、いつが休みとかそういうのはあんまり知られてないんじゃないなぁ」


 ファランの返事を受けて一応ロロアとベアトリーチェを見てみたが、双方とも困ったように肩をすくめるだけだった。
 そもそも州都についてファランがしらないことをあとのふたりが知っているはずもないので、それは予想通りの反応ではあったが。


「うーん。もしかすると先に役所とかに行ったほうがいいのかもしれないね。そこで、例えば通信箱なんかを使って先触れを出してもらうとか?」
「なるほど。アポ無しじゃダメってわけか……。まぁかなり上位の組織みたいだし、当たり前っちゃあ当たり前か」
「といっても、役所こことに連絡網がつながってるかどうかも不明なんだけどね」
「役所がダメならどうする?」
「とりあえず商人ギルドに問い合わせてみようかな」
「じゃあ俺も冒険者ギルドに聞いてみるか……」


 最後にもう一度ノッカーを叩いてみたが、やはり反応はない。


「あのー……?」


 仕方がないので帰ろうかとしたところで、背後から声をかけられた。
 振り返ると、そこには買い物袋を抱えた女性が立っていた。


「失礼ですが、お訪ね先をお間違えでは?」


 明るい紫色の髪を持つ、少し背の低いその女性は、穏やかな表情とどこかのんびりとした口調でそう告げた。


「えっと、ここは天網監察署で間違いないですか?」
「はい、そうですけど?」
「俺たちはその天網監察署に用があって来たんですけど」
「あらあらあら、お珍しい。ウチに用がある人なんて滅多にいませんからねぇ。てっきりどこか別のお宅と勘違いされたのかと……」
「あの、もしかして今日は都合が悪かったりとかします?」
「いいえぇ! 天網監察署はいつでもみなさまをお迎えしておりますよ。私はただちょっと席を外していただけですから」


 そう言いながら、女性は敏樹らの間を抜けてドアの前に立った。


「でもおかしいですねぇ。もうひとり中にいるはずなんですが……」


 そこで女性は取っ手を掴んでガタガタと扉を押し引きする。


「鍵までかけて……。ほんとにあの子ったら……」


 女性は呆れたように呟くと、ポケットから鍵を取り出してガチャリと鍵を開けた。


「ささ、どうぞー」


 女性に促され、敏樹らは中に足を踏み入れた。
 外観は民家のようだったが、中は公共施設のようになっており、受付カウンターや待合席などが設けられていた。


「ここで待っててくださいねぇ」


 女性は一旦奥の部屋に消えたあと、荷物を置いて現れ、カウンターの奥に座った。


「さて、大変おまたせして申し訳ありませんでした。わたしはここ天網監察ケシド州都署の監察員、マーガレットと申します」


 マーガレットと名乗ったその女性は、軽く一礼したあと穏やかに微笑んだ。
 先ほどまでと比べると、少しではあるが口調が固くなっているようで、どうやらこれが彼女の営業モードであるらしい。
 それでもなお穏やかな雰囲気はまとったままではあるが。


「さて、わざわざ起こしいただいて恐縮ですが、我々が相談に乗れる内容というのはものすごく限られております。内容によっては、お役所や憲兵、各ギルドへ行っていただく事になりますのでご了承くさいませ」


 口調も表情もあいかわらず穏やかではあるが、そこには軽く拒絶するような感情が見て取れた。
 おそらく管轄違いのことを相談されることが多いのだろう。


「相談前にひとつ確認しておきたいのですが」
「なんでしょう?」
「こちらでは、例えば高級役人や王族であっても、取り締まってもらえるということで間違いありませんか?」


 その瞬間、マーガレットの顔から表情が消え、纏っていた穏やかな雰囲気もなくなり、室内の温度が少し下がったように感じられた。
 その様子に4人は一様に息を呑んだが、マーガレットはすぐに穏やかな笑みを浮かべ、口を開いた。


「この国の人々は、天帝の名のもとにみな平等なのです。州牧? 三公? そんなものはただの肩書に過ぎませんし、王族などというのもそれに毛が生えたようなものでしょう。天網の前では庶民も同然ですよ」


 要約すれば、役人だか王族だが知らんがウチらがイモ引くとでも思ってんのか? 舐めんじゃねーぞコノヤロー、といったところか。
 侮られたと思ったのか、マーガレットは相変わらず穏やかな様子ではあるが、どことなくご機嫌がかたむいているように思えた。


「これは失礼しました。では俺たちの要件を話させていただきます」
「あ、先程も申しましたが、内容次第ではこちらで対応しかねますからね。あくまで州法や王法の枠を超え、天網に触れる場合のみ我々は動きますから」
「わかりました。精人の奴隷売買に関することでの相談なんですが……」


 そこでマーガレットの表情がキリっ引き締まる。


「詳しくお聞かせ願いましょうか」


 マーガレットから天網監察としての矜持が見て取れたので、敏樹は森の野狼討伐に関わることをある程度詳しく話すことにした。


**********


「森の野狼を、ねぇ……。それにしても、よくこれだけの情報を引き出せましたね」


 敏樹からの説明を聞き終えたマーガレットは、1枚の紙に視線を落とした。
 それには敏樹が調べ上げた、森の野狼とつながりのある人物や組織の一覧が記されていた。


「命惜しさにペラペラ喋ってくれましたよ。バックに大物がいるとわかればこちらが躊躇するとでも思ったんでしょう」


 実際はタブレットPCの『情報閲覧』機能を使って調べ上げたものだが、それも含めて伏せるべき点はしっかりと伏せてある。


「しかし、森の野狼が討伐されたなどという情報はどこにも流れてないと思いますけど?」
「そりゃそうでしょう。どこにも報告してませんから」
「なぜです? 山賊団を壊滅させたとなると、報奨金も相当なものになると思いますが……」
「いや、その一覧見ていただければわかると思いますけど、相当厄介な連中がつながってますからね。逆恨みで仕返しされちゃあかないません」
「ではなぜ私に説明を?」
「マーガレットさんに天網監察としての矜持を見たから、ですかね」


 その言葉に、マーガレットの口元が思わずほころぶ。


「信頼していただきありがとうございます」


 しかし軽く一礼したあと、彼女の表情は再び厳しいものとなった。


「しかし、オオシタさまの情報だけで軽々しく動くわけには参りません」


 まずこういった答えが返ってくるだろうことは想定内なので、敏樹は無言で続きを促した。


「我々は大きな力を持っています。それこそ王族でさえ逆らえないほどの。だからこそ、容易に動くことはできないということを、ご理解いただきたいのです」
「ええ、それはわかります。ではどうすればいいですか?」
「この度いただいた情報は非常に有用なものであると思われますので、これを精査し吟味したうえで適切な対応を取らせていただきたいと思います」
「……具体的にはいつごろ、どう動いてくれます?」
「それについては今の段階でお答えしかねます」


 なんとも四角四面な答えではあるが、これも天監という組織の性質上仕方のないことなのだろう。


「俺たちが独自に動くので、何かあったときに後ろ盾になっていただける、とかだとありがたいのですが……」


 元々敏樹は自分たちの力だけで何とかするつもりだったのだが、天監という組織があるということを知ったので、あわよくば協力を得られのでは? ということでここに来ただけである。


「承服しかねます。天網の前に平等とはいえ、一般的には権力者と呼ばれる者を敵に回す形になるわけですから。それに、我々が協力するとしても、州法や王法の範囲内でことを収められてしまうと、我々には手が出せなくなることも考えられますからね」
「危険があるのは百も承知ですよ。そのへんは自己責任で結構ですので」
「そう言われましても――」
「いいじゃないか」


 そこへ、突然別の人物が割って入った。
 それは同じく天監と思われる女性で、マーガレットの背後から敏樹の提出したリストをサッと手に取る。


「ふむふむ……、このリスト、我々の調査結果と重なる部分が結構あるな……」
「ちょっと、あなた……」


 マーガレットは背後の人物を窘めたが、その女性は特に気にするでもなくリストに目を通す。


「ほう、やはりヤツも関わっていたか。なるほど……、よくぞここまで調べ上げたものだ」
「あなた今までどこにいたのよ?」
「ん? 二階で寝ていたぞ?」
「はぁ……。私がいない間の応対くらいしなさいよ。鍵までかけて……」
「はは、すまんすまん」


 彼女はリストをマーガレットに返すと、敏樹を見据えた。
 燃えるような赤い髪と猫を思わせる耳が印象的な、凛々しい獣人の女性だった。


「条件次第では協力できなくもないぞ?」
「ちょっと!!」


 マーガレットの抗議を軽く手を上げて制し、彼女は敏樹に微笑みかけた。


「それはどうも。あの、大下敏樹といいます。大下が姓です」
「ふむ。私は天網監察ケシド州都署に所属する天網監察員で――」


 そこまで言うと、女性は敏樹の前に手を出し、握手を求めた。


「――名をテレーザという。よろしくな」



「【新】アラフォーおっさん異世界へ!! でも時々実家に帰ります」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く