【新】アラフォーおっさん異世界へ!! でも時々実家に帰ります

平尾正和/ほーち

第13話『おっさん、戦いに備える』

「みんな元気になったようでよかったよ」
「ふふ……トシキさんのおかげですよ」


 敏樹らが新たな装備を調えた翌日、すっかり元気を取り戻した様子の女性たちの姿を思い浮かべながら、敏樹は感慨深げにつぶやき、隣を歩くロロアが応えた。
 ロロアは相変わらずマントのフードの端をつまんで引き下げ、うつむき加減に歩いており、敏樹は気を使って彼女の少し後ろを歩いていた。


「みんなが頑張ったからだよ。俺はちょっと背中を押しただけ」
「そういうことにしておきますね」


 そしてふたりは住人たちが戦闘訓練を行なっている広場に向かった。
 集落から少し離れた場所を切り開いた、訓練場のようなものができていた。
 必要であればチェーンソウなどを用意しようかと敏樹は考えていたのだが、水精人の膂力と魔法とで意外とあっさり広場を作ることが出来た。
 そこでは住人の半数程度が訓練用の木剣や棒を使って訓練を行っている。
『パーティ編成』機能に参加人数の上限はなかったので、戦いに参加する住人はすべてパーティに加え、適宜スキルを習得させている。


 このとき、スキル習得に必要なポイントに個人差があることがわかった。
 そのスキルに適正が高いほど、必要なポイントは少なくて済むようだ。
 それはスキルレベルアップにおいても同じだったので、使用武器に関しては本人の希望よりも適正を優先させてもらった。


 模擬戦や素振りを行なっている住人の中に、ひと際目立つ存在があった。
 40センチほどの木剣を二本持ち、数人の対戦相手を翻弄しているその人物は、犬獣人のシーラだった。彼女は〈双剣術〉に高い適正があった。
 シーラは対戦相手を翻弄しつつ実戦であれば致命傷になるであろう一撃を軽く入れていき、全員に負けを認めさせた。


「おう、おっさん! 元気か」
「まぁな。ほれ」
「おっ、ありがたい」


 シーラは敏樹が投げてよこしたタオルを受け取ると、じっとりと全身に浮かび上がった汗を拭き始めた。


「……なぁ、露出多くない?」
「ん? いいんだよ、動きやすいから」


 いまのシーラの格好だが、胸だけ・・を守る革の胸当てに尻が半分見えるんじゃないかというほど裾の短いホットパンツ、手首に革の手甲、ショートブーツに革のすね当てという状態であり、肩や腕、腹、太ももなどは惜しげもなく露出していた。
 聞けば犬獣人の特性として、関節を覆うのを嫌う、というものがあるらしい。
 手甲に関しては、ある程度手首を固定した方が双剣を扱いやすいということから装備しているのだとか。
 彼女の装備品に関してもドワーフのククココ姉妹が作成していた。
 金属加工は困難だが、革製品であればそれなりの防具も作れるようだ。


「ふふん。もしかして、あたしの身体に欲情したのか、おっさん?」


 シーラはタオルを首に掛け、両手で自分の乳房を持ち上げながら、敏樹に蠱惑的な笑みを向けた。


「ア、アホぬかせっ……!!」


 とつっこんでみたもの、実際シーラの肢体は魅力的である。
 胸の大きさこそファランやロロアに及ばないものの、くびれた腰にほどよく肉付きのいい尻や脚、健康的な褐色の肌にじんわりとにじむ汗……。
 冗談とはいえ誘惑されて意識してしまっては、そうやすやすと目を離せないのが悲しい男の性である。


「ちょ、ちょっとシーラ! はしたないよっ!!」


 ロロアが抗議の声をあげる。
 その対象が、冗談半分に敏樹を誘惑したシーラに対するものか、冗談とわかってなお鼻の下を伸ばしている敏樹に対しての間接的なものかはともかく。


「あはは。冗談だよ冗談。ロロアの大切なトシキさん・・・・・を、取ったりしないから安心しな」
「や、私は……そんな……」


 あたふたと狼狽したあと、ロロアはうつむいてフードを下げた。


「こら」
「いてっ」


 敏樹がシーラの頭に軽く手刀を入れる。


「あんまりからかうなよ」
「……へいへい。そうまんざらでもないって表情で言われても説得力ないけどねぇ」
「くっ……!!」


 顔を赤らめながら視線を逸らす敏樹や、相変わらずフードを引き下げておたおたと狼狽しているロロアを見ながら、シーラはケタケタと笑った。


 シーラのように戦うことを選んだ女性も少なくない。
 先日髪の毛自慢をしていた熊獣人のベアトリーチェもそのひとりだ。
 ただし、彼女の場合はあくまで集落を、故郷に帰ってからは故郷を守るための力が欲しいということだった。


 対してシーラは山賊達への復讐を望んだ。
 復讐は何も生まない、などというきれい事を、敏樹は言うつもりもない。
 恨みつらみも立派な感情であり、前を向くための原動力になり得るのだ。
 山賊どもは復讐されるだけのことをしたのだから、せいぜい彼女が前を向いて生きるための糧になってもらうのがいいだろう。


「わたくしも、シーラのような戦う力が欲しい……」


 ベアトリーチェのように、ではなくシーラのような力が欲しい、と願う者がさらにふたりいた。
 ひとりはハーフエルフのメリダ、もうひとりはヒト族のライリーである。
 メリダはエルフの血をひいているだけあって、〈弓術〉と〈風魔法〉に適正があった。
 25ポンドのコンパウンドボウがなんとか使える程度の腕力しかないが、放たれた矢に風をまとわせることでクロスボウ並みの威力を持たせることに成功している。
 標的をしっかり捉えていれば、多少の軌道修正もできるようだ。
 まっすぐな金色の髪に空色の瞳、真っ白い肌を持つ、スラリとした長身の美女である。


「ん、新しい魔術、教えて」


 ライリーのほうは魔術に適正があった。
 もともと生活魔術をいくつか覚えていたが、さらに戦闘用の魔術も覚えさせた。
 これに関しては一段落ついたらすべて使えなくなり、改めて魔術師ギルドで習得し直す必要があることは納得済みである。
 現存する魔術や回復術は、すべて魔術士ギルドや治療士ギルドが管理しており、ギルドを通さない魔術の習得は厳しく罰せられるからだ。
 これは魔術という、便利だが使い方次第では治安の悪化につながるものを管理するためのものであった。
 山賊などの犯罪組織にも魔術師はいるが、そういった者はギルドに見つかった時点で処罰されるため、ギルド経由で魔術を習得した後に犯罪者となった者は、それ以上魔術を習得できないことがほとんどである。
 まれにモグリで魔術を習得できる場合もあるが、そういった非合法の魔術というのはやたら効率が悪かったり、威力にムラがあったり、酷いときには暴発して自滅するということもあるらしい。


「なんというか、銃火器の取り締まりや医師免許みたいな感じかな」


 というのが、ギルドの魔術や回復術の取り締まりについて知ったときの敏樹の感想であった。
 ただし、ライリーは〈魔術詠唱短縮〉〈多重詠唱〉〈消費魔力軽減〉〈魔術効果増大〉といった高位の魔術師でもなかなか習得できないスキルを多数習得できており、こういったスキルはギルドの管理ではなく個人の才能や努力によって得られるものなので、継続して利用が可能である。
 高身長で色彩の鮮やかなメリダとは対照的に、ライリーは黒髪の小柄な、少し地味な印象のある女性であり、基本的には無口で必要以上にしゃべることはあまりない。


「やぁ、トシキさん。それにロロアもごきげんよう」
「ゴラウさん、どうも」
「お、伯父さん……こんにちは」


 訓練場の様子を見ながら歩いている敏樹とロロアに気付いたゴラウが声をかけてきた。
 救出されて以降、ロロアと集落の住人との距離は少なからず縮まったようで、彼女は母の兄に当たるゴラウを伯父さんと呼ぶようになった。
 ちなみに長のグロウはお祖父ちゃんと呼ばれるようになり、そう呼ばれるたびに厳格な集落の長はだらしなく頬を緩めていた。
 表情の読みづらい蜥蜴頭であるにもかかわらず、はっきりとわかるほどに。


「どうです、調子は?」
「ええ、トシキさんのおかげでみんな力をつけていますよ。それより……」


 ゴラウが敏樹との距離を詰め、声のトーンを下げる。


「山賊の根城にいるみんなは無事なんでしょうか?」
「ええ、ご心配なく。いまは連中も下手に動くつもりはないようですから」


 敏樹は『情報閲覧』を使って随時山賊達の様子を確認していた。
 もしアジトにいる水精人がどこかに連れ出されそうな動きがあれば、即座に救出へ向かうつもりだったが、いまのところ山賊どもは大きく動くつもりがないらしい。
 新たに女性が拐かされた場合も救出に向かうつもりだが、逃げられた原因がわからない以上、下手に人質を増やすつもりもないようである。
 そのせいで山賊団の若くてそこそこ容姿のいい団員が大変なことになっているらしいが、山賊などに身をやつした我が身を呪ってもらうしかあるまい。




 そんな殺伐としつつもどこか平和だった時間にも終わりが訪れる。


「みなさん、連中が動き始めました」


 集落に向けて、山賊団から5名の人員が派遣されたのを、敏樹が『情報閲覧』で確認したのだった。





「【新】アラフォーおっさん異世界へ!! でも時々実家に帰ります」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く