【新】アラフォーおっさん異世界へ!! でも時々実家に帰ります

平尾正和/ほーち

第8話『おっさん、魔物と戦う』後編

「うえぇ……なんか胸の辺りがムカムカする……」


 敏樹は動かなくなったゴブリンを見下ろした。


「俺が……殺した……んだよな?」


 醜悪な姿をしているとはいえ、人に近い姿である。
 その命を絶つという行為は、スライムを殺すことよりも遙かに忌避感を伴うものであり、敏樹は想像以上の精神的なダメージを受けていた。


「うぷ……、この不快感をなんとかする……スキル……!」


 敏樹がタブレットPCを取り出してつぶやくと、画面が自動で『スキル習得』に切り替わり、〈精神耐性〉というスキルが表示された。


「これを、覚えれば……」


 今にも吐きそうになっていたときは、わずかに震える手で〈精神耐性〉にチェックを入れた。
 すると、わずかに気分が楽になったような気がした。


「あ、レベルアップ……」


 習得直後はグレーアウトしていたレベル表示がタップできる状態になっていたので、すぐさまレベル2にあげたことで少なくとも吐き気はなくなった。
 それからしばらく呼吸を整えていると、数分ほどでレベル3に上げることができた。


「ふぅ……だいぶ楽になったな」


 この短時間で一気にレベル3にまで上げることができたということは、それだけ強い精神的な苦痛を受けたということなのだろう。
 さらに数分たつころには〈無病息災〉による精神的なダメージの回復が行なわれたのか、すっかり平常心に戻っていた。


「こいつも解体しとくか……」


 都合10分ほどで立ち直った敏樹はゴブリンの死骸に近づき、すぐそばから見下ろしたが、先ほどのような不快感を覚えるようなことはなかった。
 その場にしゃがんで触れると、死骸は瞬時に消え去った。
 そして敏樹はすぐに〈格納庫〉内に入ったゴブリンの死骸を解体する。


「……意外と平気なもんだな」


 〈格納庫〉内の収納物を把握できる感覚は、言葉にするのが難しい。
 頭の中で思い浮かべているのと実際に目で見えていることのちょうど中間のような感覚とでもいえばいいのだろうか。
 そして収納物に関してはいろいろな角度から細部まで確認することが出来た。
 『分解』機能を使って解体されたゴブリンは、一瞬で肉や骨、皮、そして魔石などになったが、その過程が見えなかったのがよかったのか、いま呟いたとおり意外と平気であった。
 解体されたあとの肉や皮は適当な大きさに切り分けられて整頓されたので、例えば肉などはスーパーに並んでいるブロック肉とさして変わらぬ印象である。
 ただし、みるからに不味そうな肉ではあるが。
 ひとまとめにされた内臓類はさすがに少しグロテスクではあったが、ホルモンだと思えばなんとかスルーできた。


「……1回帰るか」


 ゴブリンを倒し、予想以上の疲労を感じた敏樹は、一度洞穴に戻ることにした。


**********


「どうせならカセットコンロが欲しかったよなぁ……」


 フライパンで山菜やキノコを炒めながら、敏樹は少し不満げにつぶやいた。
 洞穴に戻った敏樹は、入り口のすぐ外にスコップで浅めの穴を掘り、周りに石を並べて簡易のかまどのような物を作っていた。
 そこに拾ってきた枯れ枝を入れて火をつけ、その上にフライパンを置いているのだった。


「しっかし、魔術ってのは便利だね」


 敏樹は数あるスキルの中から、100億ポイントを使って〈全魔術〉というものを習得していた。
 それはこの世界に存在するすべての魔術を使えるようになるというもので、現存する物はもちろん、過去に失われたものも使用可能であり、さらに新しい魔術が開発されるとそれもすぐに使えるようになるというとんでもないスキルであった。
 その魔術の中に【点火】という魔術があったので使ってみたところ、見事火をつけることに成功したのだった。


「よし、こんなもんでいいか」


 フライパンの上には色とりどり……というには少し地味だが、数種類の山菜とキノコが油で炒められ、ほどよく焦げ目がついていた。
 味付けは塩こしょうのみである。
 油の絡んだ食材から、いい香りが漂っていた。


「では、いただきます」


 左手にフライパンを持ち、右手の親指に箸を挟んだ状態で拝むように食事の挨拶を終えた敏樹は、箸を持ち替えたあとフライパンの上からダイレクトに料理を取り、口に運んだ。


「おう、イケるなぁ」


 日本ではお目にかかったことのない山菜やキノコ類であったが、味や食感、香りにそれほど大差はなかった。
 取れたての食材にシンプルな味付けというのは間違いではなかったようだ。
 ちなみにこれらの食材が無毒であることは『情報閲覧』で確認済みである。


「ふぅ……、食った食った」


 結構な量の山菜を平らげた敏樹は、満足げにつぶやいた。


「しかし、こうなると肉が欲しいよなぁ。あと米も」


 米はともかく、肉に関して言えば現在〈格納庫〉内にゴブリンの肉があるにはある。
 しかしこの世界においてゴブリンの肉は食用に適さないとされており、使い道と言えば乾燥して粉砕するなり、糞尿に混ぜて発酵させるなりして肥料するぐらいのものであるらしく、たいていの場合は焼却処分されるそうだ。


「ま、そのうち見つけりゃいいか」


 そう言いながら立ち上がった敏樹は、そのまま洞穴に戻ると寝袋にくるまって眠りにつくのであった。


**********


 敏樹が異世界に飛ばされて10日ほどが経とうとしていた。
 彼はいま、右手に斧を、左手に金槌を持ち、森の中を歩いている。
 斧には牛刀が、金槌には出刃包丁が、それぞれ先端から飛び出るように取り付けられていた。


 あれから敏樹は数えるのも馬鹿らしくなるほどの戦闘を経験していた。
 洞穴の周囲1キロメートルほどはほとんど魔物がいないか、いてもスライムやはぐれゴブリン程度なのだが、それより外に出ると驚くほどの数の魔物がひしめいていた。
 最初手にしたトンガ戟だが、スキルレベルの低い敏樹にとって接近された場合の対処がどうしても甘くなってしまうという弱点があった。
 単体のゴブリンであれば問題ないのだが3匹以上になるとどうしても対処しきれなくなり、結果〈格納庫〉から斧や金槌を取り出してがむしゃらに振り回し、難を逃れるということが何度か続いたのだった。


 また、動きの速い魔物を相手にする場合も、小回りのきく武器のほうが対処しやすいことがわかったので、斧と金槌に包丁を組み合わせて斧槍ハルバードもどきの武器を作っていたのだった。


「こいよ犬っころめっ!!」


 例えばいま姿を現した半人半犬のコボルトなどは、かなりすばしっこい部類に入るだろう。
 頭は完全に犬の形をしており、上半身は人、そして下半身は人とも犬ともつかない少しいびつな体型をしている。
 どう考えても二足歩行には向かない形状の下半身であるにもかかわらず、コボルトは軽い身のこなしであっという間に距離を詰めてくるのである。


「ガルルァァッ!!」


 敏樹の間合いに素早く入り込んできたコボルトが、手にした棒を振り下ろす。
 その動きをある程度予測していた敏樹は、左手に持った金槌の柄で受けると、そのままヘッドと柄に棒を絡めるようにして振り払った。
 コボルトは素早いが力は弱く、ここ数日の戦闘や訓練でそれなりに鍛えられた敏樹にしてみれば、その攻撃など軽くいなせる程度の威力でしかないのだった。


「オラァ!!」


 棒を持った手を振り払われ無防備な姿をさらけ出したコボルトの側頭部に、敏樹が勢いよく振り下ろした斧の刃が叩き込まれた。


「ギャウンッ……!!」


 側頭部から斜めに叩き込まれた斧の刃は、コボルトの頭蓋骨を粉砕しながら目を破壊し、鼻のあたりまで食い込んで止まった。
 脳を破壊されて即死したコボルトが力なく倒れ込んでくるのを、敏樹は蹴飛ばし、その勢いを利用して斧を引き抜いた。
 コボルトの肉片や骨片がこびりついた斧を引き抜いた勢いで体をよじった敏樹は、それを予備動作とするように身体を反転させ、その勢いを生かしつつ左手を横薙ぎ振るう。


「ギャンッ!!」


 すると、敏樹の左後背から忍び寄っていた別のコボルトの目を金槌の先端につけた出刃包丁の刃が切り裂いた。
 そして敏樹はその回転を利用し、引き抜いた状態で振り上げられたままだった斧を振り下ろすのだった。


「ふぅ……。これくらいならなんとか対処できるな」


 最後に振り下ろされた斧の一撃は、そのまま振り抜くような形でコボルトの頭を粉砕しており、そちらも即死であった。
 二丁の斧を扱う〈双斧術〉や双剣という片手剣より少し短めの二本の剣を扱う〈双剣術〉、レイピアやエストックといった刺突に特化した剣を扱う〈細剣術〉といった武術系スキルを習得し、うまく組み合わせることで、敏樹はこの奇妙な形のオリジナル武器をある程度使いこなせるようになっていたのである。



「【新】アラフォーおっさん異世界へ!! でも時々実家に帰ります」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く