あなたの未来を許さない

Syousa.

第二万五千五百日:03【長野恵梨香】

第二万五千五百日:03【長野恵梨香】


 居間のソファーに掛けたまま、煎餅を齧りつつ。
 セーラー服を着たままの恵梨香が、漫画本を読んでいた。


 今読んでいた巻が終わったので、表紙カバーをめくってその下を見る。
 残念。
 この巻のカバー下はおまけ漫画ではなく、表紙絵のモノクロコピーだけのようだ。


 んー、と唸りながらその巻を置き。
 続きの巻を手に取ろうとした時。


 ぴんっーーーーー、ぽーん。


 家のチャイムを鳴らす音が聞こえた。
 特徴的なチャイムの区切り方で、それだけで誰が来たのか、恵梨香には分かった。


 続いて。


「えーーりーーちゃん、あーーそーーぼーー」


 聞き慣れた、声。


「はーーーあーーーいーーー」


 と返事をしながら、恵梨香は玄関へと歩いて行く。


「今開けるねー」


 扉の向こうに聞こえるように大きめの声をかけながら、鍵を開け、ドアを開いた。


 そこに立つのは、紺のセーラーを着た、一人の女学生。
 眼鏡をかけた、三つ編みで一つ結いの、小柄な少女。


 長野恵梨香の親友、御堂小夜子である。


「早かったね」


 優しい目をして、恵梨香が小夜子に語りかける。


「未来には、行かなかったんだ」


 小夜子が、答えた。


「うん、知ってる。全部、見てたから」
「そっか、全部、見られてたか」
「そうだよー」


 へへへ、と苦笑いする小夜子に、恵梨香は笑顔を向ける。


「お仕事はもういいの?」
「うん、あの子達は意外としっかりしてるし、キョウカもまだいるしね……あ、キョウカも後から遊びに来るってさ」
「お、それは楽しみだねえ」


 顎に手を当てて、うんうん、と一人頷く恵梨香。


「ところでえりちゃん、今日は何して遊ぶ?」
「あれやろうよあれ。オメガドライブでガンスターヒロインズ。こないだはノーマルでクリアしたけど、次は難易度ハードでやろうよ」
「地下坑道の変形メカ、ハードで倒せるかなあ」
「まあまあ、やってみようよ。疲れたらアニメでも観ることにしてさ」
「オッケー。じゃあ、私の家に行ったほうがいいね」
「うん、さっちゃんの家に移動だね」


 恵梨香が靴を履き、小夜子の横に立つ。


 その手に、小夜子の手が触れる。
 指が広がり、絡み合い、掌が、重ね合わされた。


 その温もりを感じながら、二人は目を合わせ、微笑み合う。


「じゃあ、行こうか、えりちゃん」
「うん、行こう。さっちゃん」


 歩調を合わせて、玄関の外へと歩み出る。
 そこには、暖かく眩い光が、どこまでも広がっていた。


 抑えきれぬ声を上げながら、二人はその中へと進んでいく。


 ふふふ。


 あはは。


 と、笑いながら。


「ずっと、一緒だね」


 恵梨香の目を見つめながら。
 小夜子が、楽しそうに言った。


 その手を強く握りながら、恵梨香も答える。






 うん。そうだね。






 ずっと、一緒だよ。






 やがてその姿は輝きの中に吸い込まれるように消え。
 後には二人の笑い声だけが、響いていた。


(終)

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー273324

    久々の神小説ごっつぁんです!

    1
コメントを書く