あなたの未来を許さない

Syousa.

第二万五千五百日:02【キョウカ=スカー】

第二万五千五百日:02【キョウカ=スカー】


 ベッドの周りに集まって泣く「子供達」をそのままに、キョウカはある若い女性を手招きすると、廊下へと歩き出た。


「何でしょう、総帥」


 彼女の名前は、スター。
 ホムラの娘で、小夜子とキョウカの孫に当たる。
 若いが、優秀で有望な女性であり、キョウカは秘書同然に連れ回しつつ、教育を行っていた。


「今はおばあちゃんでいいわ」
「どうしたの、おばあちゃん」
「私は、院長先生に会った後、一度本社へ戻るから。後の手続きとか、お願いね」
「うん、分かった」
「あと、皆が落ち着いたあたりを見計らって、ウチで働いている叔父さんや叔母さんに声をかけておいて。メールでもいいけど」
「うん、どうして?」


 首を傾げるスターに、キョウカが向き直る。


「スター=スカー!」


 急に「総帥モード」に入ったキョウカに、スターが慌てて調子を合わせる。


「はっ!」
「本日、サヨコ=スカー副総帥の死をもって、我がスカー財閥は、エリカ計画を発動する」
「は、はい!」


 秘密計画、エリカ。
 数百年規模で行われる、遠大な計画だ。
 以前にキョウカから構想を明かされていたスターの、顔が強張る。


「葬儀が終わり次第本格的な行動に移るが、財閥運営に関わる者には、今夜の内にその旨だけは伝えておきたい。その手配を、頼む。そうだな、場所は、本社の最上階、会議室でいい」
「かしこまりました!」


 気をつけの姿勢で返事をするスターの頭をぽんぽん、と撫でると、キョウカは軽く手を振って、背を向けた。


 コツ、コツ、コツ。


 足早に歩くキョウカの頬を、つぅ、と伝うものがあった。
 それを誤魔化すかのように、歩調を強める。
 すれ違った職員が驚いた顔で振り返ったが、気にせず進む。


(そうさ。終わらせなんか、しないさ)


 ……サヨコ。


 あれからずっと、エリ=チャンを助けられないか、僕は考えていたんだ。
 航時船のメインフレームで、長い時間かけて検討もさせたよ。
 でも、幾らパターンを考えても、シミュレートしても、結果は「不可能」。


 まあ、当然といえば当然だよね。
 どれだけ金を注ぎ込んでも、手間をかけても。
 この時代の基礎科学力と技術力、そして工業力では、時間航行装置を作ることは不可能なんだ。
 航時船に関わる技術の解析すら出来ないのだからね。


 ならば、ということで。
 タイムマシンが出来るまで待って、その世代に願いを託すことも考えた。
 でも、これもシミュレートの結果は、バツ。
 僕個人の予測でも、やはりバッテンだ。


 タイムマシンが出来るまでの600年近い間、組織が個人の思いを維持し続けるのは、不可能だと出た。
 数百年も組織が存在すれば、必ず権力闘争や改革が行われる。
 幾度かのそれを経ていけば、いくら創立者のものといえども、個人的な願望は切り捨てられていくんだ。
 当たり前ではあるけどね。
 この計画を実行できるほどの巨大な組織は、最早個人の物とは言えないのだから。


 だが。
 その思いが、理念が。
 個人的な物ではない、と思わせられたなら。どうなるだろうか?


 そうなれば、話は別だ。


 個人の願いではなく。
 一見、まるでもっともらしい社会正義のお題目を掲げれば、その理念は残るのではないだろうか?


 勿論その場合でも、権力闘争や組織の改革は行われる。
 だが、その際は、その理念を維持できるかどうか、達成できるかどうかが、争いの種として使われるはずだ。
 何せそれを否定すれば、地位争いでの攻撃材料にされかねないのだから。
 実際に組織の者達がそれを信じるかどうかは別としてね。
 でも、財閥の後継者が必ず実現しなければならない「ノルマ」や「政争の具」として、それは使われ続けることだろう。


 だから僕は、時間航行の全面禁止を計画のテーマにした。
 理由は適当さ。人類社会の安定とかそんな感じだな。
「人はその時代で生きるべきなのだ」、というフレーズにしてもいい。お、何かこれカッコよくないかい?サヨコ。


 ……まあその辺はおいおい考えておくよ。


 計画が実行に移されるまでには、おそらく900年。早くて800年程度かかるはずだ。
 幾度かの核戦争や騒乱を経ても、それまで財閥は世界的な影響力を維持しなきゃいけない。
 まあ、27世紀まではデータがあるから楽勝だな。でもそれ以降は、当事者に頑張ってもらわないとね。
 800年か900年あたりまでいったら、あとは【エーリカシステム】に27世紀まで遡らせて、例の事件を口実に、【エーリカシステム】自身の設立を確定させる。
 まあ、ざっくりといえば、こんなものか。
 大丈夫かなー、大丈夫だといいなあ。心配だけど、流石に900年も先のことだと、どうしようもないな。


 僕に出来るのは、それまでを想定した組織づくりと家づくり、タイムスケジュールの作成、そしてシステムの考案くらいさ。
 勿論、その辺はキッチリやらせてもらうつもりだけどね。
 いい加減な君と、一緒にするなよ?


 それこそ何万回もシミュレートしたけど。
 何千パターンも、考えてみたけど。


 僕には、エリ=チャンを助けることは出来ない。
 だが、エリ=チャンの思いを、願いを。繋げることは出来る。確定させることは、出来る。
 そしてそれは、君の思いでもあったよね。サヨコ。


 だから僕は、それを守ってみせる。
 いや、僕にこそ、それを守らせてくれないか。


 なにせ僕は、君の相棒だからね。


 複雑に絡まった糸のように。
 時間を前後させてでも、君達の思いを守りきるよ。


 サヨコ。


 だから、僕は。


 いいや、僕が。






 君の思いを終わらせない。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く