あなたの未来を許さない

Syousa.

第二万五千五百日:01【キョウカ=スカー】

第二万五千五百日:01【キョウカ=スカー】


 アメリカ合衆国モンタナ州。
 フォート・ペック湖の近くに築かれた、スカー財閥の本拠地である、完全なる企業都市。


 財閥が運営する病院、そしてその中でも、一族にしか利用を許されない病室が、あった。


 広く、清潔な部屋。
 そこに配置されたベッドの上で、一人の老女が、目を覚ました。


 ベッドの脇に置いた椅子に腰掛けていた年配の女性が、それを見て慌てて立ち上がり、反対側の壁近くのソファーにかけていたもう一人の老女へと、声をかける。


「キョウカ母さん!サヨコ母さんが目を覚ましたわ!」


 タブレットでメールに目を通していたキョウカが、顔を上げる。


「あら、そう。じゃあホムラ、皆を呼んできてくれる?」
「わかったわ!」


 ホムラと呼ばれた女性が、ぱたぱたと、病室から出ていく。
 キョウカはそれと入れ違いに、彼女が掛けていた椅子に座り、小夜子に話しかけた。


「具合はどうだい?サヨコ」
「まあまあ……ね。キョウカはどう?若くないんだから、無理しない方がいいわよ?もう80でしょ?アンタも」
「まあ、君と違って僕は、ナノマシンのおかげでアンチエイジングがかなり効いてるからね。下手をしたら、娘達よりも元気なくらいさ」
「フフフ、久しぶりね、その喋り方」
「そうかな?」
「そうよ」


 微笑み合う。


「ねえ、キョウカ」
「なんだい」
「楽しかった?」
「ああ、楽しかったよ」
「そう、良かったわ」


 小夜子が少し、咳き込む。
 垂れた涎を、キョウカがハンカチで拭った。


「私が勧めた漫画やアニメも、面白かったでしょ?」
「ああ、最高だったさ。おかげで僕はすっかりジャパニメーション好きのオモシロばあさん扱いなんだぞ」
「あら、それって間違ってるの?」
「いや、大体合ってるな……」


 また、笑い合う。


「私はちょっと先に失礼するけど、後はよろしくね」
「ああ。大丈夫さ。子供たちも、しっかりしてるしね。正直社会人としては、君より遥かに有能さ」
「否定できぬ……」


 ぐぬぬ、と悔しがる小夜子。


「……エリ=チャンに会ったら、よろしく言っておいてくれ」
「ええ、分かったわ」


 小夜子の頭を、ゆっくりと撫でるキョウカ。
 そしてその額に、軽くキスをした。


 ガー、と音がして、病室のドアが開く。


 どたどたと、中高年の男女が駆け込むように入ってくる。
 中には、子供を連れた者もいた。


「サヨコ母さん!」
「お母さん!」
「サヨコかーちゃん!」
「ママー!」
「おばあちゃん」


 小夜子とキョウカが育てた、養子達、そしてその子供達である。


 航時船のメインフレームに記録されたデータや技術を使い、膨大な財を成した二人が、各所で拾った子供達を集めて、養子として育ててきたのだ。
 その数は全部で、49名。
 歌手になった者もいれば、画家になった者もいる。田舎でのんびりと農場を営む者もいるし、中には漁師になってカニを追いかけている者もいた。
 そして半数ほどが、スカー財閥に忠誠心厚き者たちとして、小夜子とキョウカの仕事を手伝い、立派に成長していった。
 今ではキョウカ無しでも、問題なくグループは回っていくだろう。


 仕事の都合で今日ここに来られない者もいるが、大半は、集まることが出来たようだ。


「こら、ロイン!ホッパー!バイル!アクセル!静かにしなさい!もういい歳こいたオッサンじゃないか君達は!ほら、ハウンも、レイクも、こっち来なさい。まったく、君たちは幾つになっても騒々しいのだから……」


 溜息をつきながら、場所を開けるキョウカ。


(まあ、いいか。今日くらいは)


 ……あとは、子供達に時間を譲ってあげよう。


 小夜子に軽く手を振って、ソファーへと戻る。
 そして再び、メールに目を通し始めた。


 それから5時間後。


 御堂小夜子、いや、サヨコ=スカーは、眠ったまま目を覚まさず、そのまま息を引き取った。


 享年、86歳。


 死因は、老衰であった。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く