あなたの未来を許さない

Syousa.

2647年:01【ロランド=ドゥヌエ】

2647年:01【ロランド=ドゥヌエ】


 予定日を過ぎ、誤差を考慮した予備日が過ぎても。
 ヴァイオレット=ドゥヌエは帰ってこなかった。


 政府に提出されていた試験のスケジュールに基づき、停泊予定地とされていた赤道付近の島を調査した所、島からは多数の人骨が発掘された、との結果報告が入る。
 数十体に及ぶ遺体の遺伝子鑑定を行った結果。
 その中には、ヴァイオレットのものと判定された骨も、含まれていた。


 鑑識からの報告によると。
 遺体は皆、600年程度の昔に死亡したものである可能性が高いとされた。
 そのどれもが、刺傷であったり、打撲であったり、様々な外的要因により死亡した痕跡を残しており。
 明らかに、試験中に何か事件が起こったことを告げていたのである。


 また、航時船が発見されなかったことも、問題とされている。
 そのため、この事件はサスペンスめいた生徒間の諍いから国家間の陰謀説までがまことしやかに噂され、近日のネット界隈やゴシップメディアを賑わせていた。


 そんな中。


(……何故だ!)


 ヴァイオレットの父親でありドゥヌエ家当主でもある、ドゥヌエ航宙社長のロランド=ドゥヌエは。
 怒気を漲らせながら、大統領官邸へと歩を進めていた。


 新たな航時船は用意した。
 救出チームも、彼が揃えうる限り最高の人材を集めた。
 装備だって、最新鋭のものを十二分に用意したのだ。
 金に糸目はつけない。手間も、惜しまない。


 なのに。


 政府から、時間航行の許可が、下りないのである。
 時を超えての人命救助。
 前例の無いこととは言え、対象は現在の27世紀人なのだ。
 法的にも、道義的にも、問題があるとは思えなかった。


 現大統領のイジドーロ=スカルキは、ロランドとは大学の頃からの友人であり。
 また、ドゥヌエ航宙グループはイジドーロの、ひいては彼の所属する政党においては、ギーレングループやスカー財閥と並び、重要な支援者なのである。
 イジドーロ……大統領が、政府が、省庁が。好き好んで妨害しているとは考えにくい。


(なのに、どうしてだ、イジドーロ!)


 そんな中、ロランドは日付と時刻指定で、大統領府からの呼び出しを受けた。
 それまで大統領は、再三に渡る面会希望を躱し続けてきていたのに、である。
 勿論、ロランドがそれを断るはずもない。


 苛立ちを隠そうともせず、彼は歩き続けた。





 官邸のロビーにおいて、彼は意外な人物と遭遇した。


 スカー財閥の現総帥、ブレイド=スカーである。
 齢90を超える老体でありながら、未だに現役の代表者として、精力的に活動を続けている。
 ナノマシンによる抗老化医学が進んだ27世紀においても、それはやはり驚嘆に値すべきものであった。


「お久しぶりです、ブレイドさん」


 ロランドとて、知らぬ間柄ではない。
 ビジネスでも、政治上の付き合いにおいても。プライベートにおいても。ドゥヌエ家とスカー財閥との関係は、深いのだ。


「久しぶりじゃな、ロランド君。ご息女のことは……大変じゃのう」


 アフリカ系のルーツを持つであろうその黒い肌と声は、とても100を目の前にした老人のものとは思えない艶と張りがある。
 ロランドが社会に出た頃から、彼はずっと老人であったのに、だ。
 見る度に、いつも「怪物だな」との感想を禁じ得ない。


「ご厚情、痛み入ります……ところでブレイドさんは、今日はどうしてこちらに?」
「おそらくは、君と同じ理由じゃよ」


 ぴくり、とロランドの眉が震えた。


「我がスカーグループの関連組織の間でも、現在3件の時間航行申請が出されておる。そのどれもが政府の側で止められており、様々な計画や調査に支障が出ておるのだよ。儂らも何度もイジドーロ君にお願いしていたんだがね……梨の礫だった。だが、今回いきなりこうしてこの老体を招待してくれたのでの。ひいひい言いながら、やって来た訳じゃ」
「そうでしたか……」


 時間航行を止められていたのは、ロランドの案件だけではなかったのだ。
 そのことは理解したが、やはり納得は出来ない。


「おそらく、イジドーロ君は時間航行の件について、儂らになにか話そうとしているのじゃろう。それも、内密に」
「一体どんな理由があって、妨げるというのでしょう」
「わからん、何にせよ、彼の話を聞くしかないのう」


 そう話す二人へ、官邸のセキュリティガードが歩み寄り、一礼してから声をかけた。


「閣下の準備が整いました。ご案内致します。こちらへ、どうぞ」

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く