あなたの未来を許さない

Syousa.

第二十四日:01【キョウカ=クリバヤシ】

第二十四日:01【キョウカ=クリバヤシ】


 航時船の乗降口が開き、一人の少女が夢遊病患者のように、ふらふらと歩き出てきた。
 あれからずっと、まるで墓所の死人のように篭り続けていた、キョウカ=クリバヤシである。


 燦々と照りつける日差しに目を細めつつ、彼女はゆっくりと歩き始める。


 周囲に人影は、ない。
 耳に入るのは、熱帯林から聞こえる鳥の声と、波の音だけであった。


 所々に、土や砂がやや盛り上がったような場所を見かける。
 奇妙なのは、それぞれに木の枝が目立つように刺してある、ということだ。


 すぐにキョウカは、その下に「彼等」が埋められているのだ、と気付く。


 ただ、枝で墓標を模した物というよりは、どうやら、「この下は死体が埋まっているから、うっかり掘り起こさないように気をつけよう」という目印らしい。
 それらからは、そんな雑さが感じられた。
 誰の仕業かも、容易に見当がつく。


 周囲を見回しながら、歩くキョウカ。


 やがて、打ち上げパーティーの会場とおぼしき場所まで辿り着く。
 そこには、演壇のようなセットが設けられているのに加え、いくつものバーベキューコンロ……キョウカはそんな名前は知らないが……が並べられており、そのうちの一つからは、何かが焼ける臭いが漂ってきていた。


 その脇に立っていたのは、御堂小夜子である。
 彼女が、何やらカラフルな色の魚をコンロで焼いているのだ。
 ……全裸に、エプロンだけつけた格好で。


「お、アマテラス様が出てきたか」


 キョウカの存在に気付いた小夜子が、声をかけてくる。


「……終わったのかい、【サヨコ】」


 実に2週間ぶりに、キョウカが声を発する。舌がうまく回らず、たどたどしい。


「ええ。終わったわ。自分からサメの餌になりにいった連中までは面倒見きれないけど、死体ももう、全部埋めてある。あ、アンタも魚食べる?」


 小夜子が、笑顔で応えた。
 キョウカは魚の焼ける独特の臭気に眉をひそめながら、「いらない」と断った。


「あらそう?意外と淡白で食べやすいのよ?この魚。料理とか知らないから丸焼きしか出来ないけど」
「ていうか、何で裸にエプロンだけなんだよ……」
「赤道付近かどうか知らないけど、暑いのよ!この島!」
「だからって裸にならなくてもいいだろ……それにエプロンだけってどういうチョイスなんだよ」
「脂とか飛んできたら熱いじゃない」
「……いや、もういい」


 がくり、と肩を落として、キョウカが溜息をつく。
 そしてそのまま俯いた姿勢でいたが、しばらくして顔を上げた。


「全部終わったなら、協力の見返りをくれないか、サヨコ」
「何?やっぱり魚食べる?」
「そうじゃない」


 一息おいて。


「僕も殺してくれ、って言っておいただろう」


 小夜子が、目をぱちくりとさせる。
 そして、思い出したかのように、ぽん、と手を打った。


「あー、あれね」
「忘れていたのか?」
「あれ、却下」


 左手を軽く振って、小夜子が拒否する。


「何でだよ!」


 キョウカが彼女の返答を聞いて、声を荒げる。
 それに対し小夜子は、


「来るのがおせーんだよ!全部始末してからもう一週間近く経ってるのよ!?ネトゲのデイリークエストだったら時間終了でとっくにクエスト失敗になってるわ、このボケ!」


 とすごい剣幕で言い返した。


「えええ……」
「おまけに、水も食べ物も無くなったから自力調達しないといけなかったし。水は雨水沸かして飲んだけど、魚捕りなんか、一回サメに齧られそうになったんだぞテメー」
「そんな、無茶苦茶な……」


 うなだれるキョウカを尻目に、小夜子は焼けた魚を皿に移す。
 そして骨を取り除くと、塩と胡椒を適当に振りかけながら、フォークで突っつき始めた。


「ん、悪くない」などと呟きながら、ちまちまと食事を続けていた小夜子であったが。
 やがてキョウカの方へチラリと視線をやると、ぼそりと。


「……それに、アンタがいなくなったら。私、寂しいわ」


 そう、口にした。


 キョウカはそれを聞いて、驚いた表情を浮かべながら顔を上げる。


 だが、すぐに。
 フッ、と笑うと。


「……そうか。そうなら、いい」


 納得したように、言った。


 小夜子は魚をつつきながら、黙ってうんうんと頷いている。


「……僕もそれ、分けて貰おうかな」
「いいわよ、あっちから皿とフォーク持ってきなさいな」
「ああ、分かったよ」


 キョウカが、晴れ晴れとした顔で答えた。





「なあサヨコ、これからどうするんだ?」


 砂浜に並んで座りながら。
 キョウカが、小夜子に問いかけた。


「生きるわよ?だってそれが、えりちゃんの願いなんだもの」
「……そうだな」


 軽く目を閉じながら、キョウカが頷く。


 小夜子が立ち上がり、波打ち際まで足を進める。
 そして青空を見上げると、背中を向けたまま、キョウカに語りかけた。


「えりちゃんはね、私が生きることを望んだの」
「ああ」
「自分を犠牲にしてでも、全てを犠牲にしてでも、私が生きることだけを、あの子は望んだのよ」
「そうだな」
「あの子はね、私を愛してくれていたの」
「うん」
「そりゃあ、私があの子に抱いていた感情とは違うものだったけれども。でも、えりちゃんは確かに、私を愛してくれていたのよ」


 空を見上げたままの小夜子の肩が、震えた。


 キョウカは静かに「僕もそう思う」、とだけ、告げる。


「だから、私はあの子の願いを無駄にはしない。あの子の思いを終わらせない。あの子がそう願うなら。あの子がそう思うなら。それは私の願いでもあり、思いでもあるわ」


 目をひとしきりこすった後、小夜子がキョウカの方へと振り返る。


「だから私、精一杯生きるわ。未来人も、えりちゃんも、ぶったまげるような無茶をして、思いっきり生きてやるわ」


 満面の笑みを浮かべ、キョウカの目を見た。
 キョウカも、その瞳を見つめ返す。


「だから、キョウカ。アンタも一緒に来なさい。きっと、楽しいわよ」
「未来から、追手が来るかもしれないぞ?」


 キョウカが、笑いながら言った。


「大丈夫よ」


 小夜子が、右の掌を左の拳で打つ。
 パシン、と威勢の良い音がした。


「私はね、愛した人に、愛されていたの」
「うん」
「その記憶があれば、私はどこでだって生きていけるし、その思いを知っていれば、私はいつだって最強よ」
「うん」
「未来人の雑魚が何人来ようが、全部返り討ちにしてやるから。安心しなさい」
「……ああ、そうだな。その通りだ」


 ふふふ、と笑い合う二人。


 そして小夜子は、ゆっくりと、キョウカへと歩み寄り。


「だから、これからも。よろしく頼むわね、相棒」


 右手を、差し出した。


「いいからとりあえず、服を着ろよ」


 笑いながら、キョウカも手を伸ばす。


 そして。


 触れ合った手と手が。


 固く、握られたのであった。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く