あなたの未来を許さない

Syousa.

第十四日:01【ミリッツァ=カラックス】

第十四日:01【ミリッツァ=カラックス】


(あれから、四日目か)


 洞穴の中で、ミリッツァはうなだれながら深く息をついた。


 おそらく、生徒の四分の一程度が初日で狩られたはずだ。
 そう、文字通り、「狩られた」のだ。


 二日目に会ったヘンネバリは、【スカー】がパーティー会場の辺りで、死体を埋める穴を掘っているのを見た、と言っていた。
 近くに転がっていた生徒やテレビ局スタッフの死体は、10を軽く超えていたらしい。


【スカー】に挑む度胸のある生徒もいたらしいが、セキュリティボットも暴徒鎮圧装備も無い彼らが、無策であの化物に敵うはずもない。
 そもそも、生身で闘争を行った経験がある人物など、ここの生徒にいるとは思えなかった。
 おそらくは既に埋められているか、埋められるのを冷たく待つだけの肉塊になっていることだろう。


 閉ざされた航時船への侵入も試みたが、【スカー】の宣言通り、電源自体が落とされていてアクセスは不可能であった。
 いくらミリッツァにハッキングの知識があろうとも、メインフレームに細工してあろうとも、これではどうしようもない。
【スカー】にそんなことが出来るとは思えないので、おそらくはキョウカが内部に篭って協力しているに、違いないだろう。
 強引に船内に入れないかとも試みたが、深海の水圧にも耐えうる強固な外壁には、傷一つ付けることは出来なかった。


 二日目の夜あたりからだろうか。
 狡猾にも【スカー】は、携帯食料や水を適当な間隔で放置し、生徒達に拾わせるようにしていた。
 一緒に、キッチンナイフなどの武器を添えて。


 おそらくは彼女の目論見通り。
 三日目あたりから、その物資、特に水を巡って生徒達同士でも争いが起きるようになった。
 今、ミリッツァがヴァイオレットと二人きりでいるのは、そのためである。
 もう、誰も信用出来なかった。


 アンジェリークは、初日の夜か二日目あたりで殺されていたらしい。
 それは、昨日までミリッツァ達と行動を共にしていた内の一人、ブルイキンから聞いた。


 彼女は初日の夜あたりから、有志を募って最期の乱交に興じていたらしい。
 どうやら、そこを【スカー】に襲われたという話である。


(アンジェらしいといえばらしいけど……)


 溜息をつきながら、こめかみを指で押さえる。


(いや、待てよ。こうやって考えてみると、あいつは昔から一度もブレたことがないのか)


 おそらくは小学校の時、それを覚えてから、ずっと。
 アンジェリークの行動原理は基本的に肉欲に基づいていたのだが。


(逆に考えると、いや、逆に考えなくても、あいつ、すごい奴だったんじゃないのか?)


 男女様々な人物と精力的に交わりながら、交友関係も幅広く持ち。ミリッツァやヴァイオレットとの付き合いもしっかりと維持して。
 それでいて学業はミリッツァよりもずっと上位の成績をキープし続けていたのだ。ヴァイオレットと違って、下駄も履かせずに。


(姉妹同然の長い付き合いなのに、私はあいつのことを何も分かっていなかったのかもな)


 自嘲するような笑いが、こぼれる。


 ……ちなみに、ブルイキンは昨日見捨ててきた。


 食料を巡って争いが起きた時にかすり傷を負っていたのだが、ずっと「痛い痛い」と泣き叫ぶため、邪魔なので置き去りにしたのだ。
 あれでは、襲われた時に盾にもならない。今頃は、とっくに【スカー】に嬲り殺しにされているだろう。


(邪魔と言えば……)


 視線を上げ、向かいを見る。
 洞穴の反対側の壁で、ヴァイオレットがうずくまって泣いている。


「アンジェが死んじゃうなんて……アンジェ……」
「ヴァイオレット、涙の分だけ水分がもったいない。気をしっかり持つんだ」


 ミリッツァの言葉に、ヴァイオレットが鼻をすすりながら反応する。


「……ミリッツァ。助けは、来るよね?お父様が、助けを寄越してくれるわよね?」
「ああ、そうさ。きっと来るさ。だから、それまで持ちこたえるんだ」


 嘘である。


 ミリッツァは、助けが来るとは最早思っていなかった。
 来るのなら、もっと早く来ているだろう。
 来られないのではなく、来ないのだ。
 おそらくは、理由があるのだ。


 ……そして多分、この惨劇にも意味があるのだろう。


 そう、ミリッツァは感じていた。
 理屈ではない。直感からである。


(どうもここのところ、計算しないで物事を考えるようになってしまったな)


 これは、【教育運用学】に興味を抱いたせいなのだろうか。はたまた、【ライトブレイド】を担当したせいなのだろうか。
 ミリッツァにも、分からない。


(だが、何にせよ。今は凌がないと)


 生き延びて、機会を伺うのだ。
 起動した時を狙い、何とかハッキングを行いアクセス。船のコントロールを奪い返す。


 航時船の中にいるキョウカとて、いつまでも隠れ続けてはいられないだろう。
 メインフレームを起動しなければ、食料合成や水の精製装置も動かせないのだ。
 あれだけ携帯食料や水を外に出しておいたのである。中に備蓄がそんなにあるとは思えなかった。


(どうせキョウカは、27世紀には帰れない)


 これだけのことをしたのだ。帰れば極刑は免れない。
 また、他の時代へ逃げようにも、帰還以外の時間航行は不可能だ。
 万が一にも【未来人】の「打診し、指導し、監視し、警告し、攻撃する」システムに引っかからないようにするための仕組みで、現行のタイムマシンは全て、政府の承認キーが無いと新たに時空座標が設定出来ない仕組みになっているのである。
 単純に船で移動されてしまったら困るが、そこまではミリッツァの側でどうこうなるものではない。


(とにかく、生き延びることを考えるんだ)


 と、ミリッツァが目を瞑った所で。


「あぁぁああぁぁあああ!」


 という、おぞましい叫び声を、二人は聞いた。
 誰の断末魔かは、わからない。
 だが問題は、その声が左程離れていない場所から聞こえたということである。


「もう嫌だ!もう嫌よ!何で私がこんな目に遭わなくちゃいけないの!?」
「何でってお前……」


 ヴァイオレットの呻きに、唖然とするミリッツァ。


(そもそもが、お前のせいじゃないか)


 下らない計画を立てたのも、キョウカを制裁してこんな事態を招いたのも。
 パーティー会場で余計な一言を言い、生徒達を恐慌状態へ陥らせ、反撃の機会を失ったのも。


 全て、お前が発端ではないか。


 かあっ、と背中が焼けるように熱くなる感覚に、ミリッツァは襲われた。


(駄目だこいつ)


 やはりこいつは、置いていこう。足を引っ張る。役に立たない。
 ミリッツァは、そう思った。


 ヴァイオレットを囮にすれば、【スカー】を幾らか引き付けることが可能なはずだ。
 その間に何とか逃げ延びて、機会を伺う。
 もう一度、生き残った学友達を集めるのに賭けてみるのもいいだろう。
 説得は困難だろうが、「まともな戦力」は多いほうが良いに決まっているではないか。


(だから、こいつは置いていく)


 囮にする。
 ヴァイオレットは体力的にもう逃げられないだろう。
 そもそもが、こいつのせいなのだ。こいつの自業自得なのだ。
 尊大で我儘で、自意識ばかり肥大化した、いけ好かない娘。面倒事ばかり起こすくせに、尻拭いも出来ぬ、大馬鹿娘め!


 そう。
 この女は、ここで見捨てるべきなのだ。見捨てて、良いのだ。


 だから……!


 ……ミリッツァは、はぁー、と一際大きく溜息をつく。


(……ただ、こんな阿呆でも、友達なんだよなぁ……)


 どんなに馬鹿でも。
 いくら腹が立っても。
 どんなに下衆でも。
 いくら手間をかけさせられても。


 それでも。


 ヴァイオレットやアンジェリークと過ごした時間は、嘘ではないのだ。


「ミリッツァ?」


 ぱん!


 怪訝な顔をして問いかけてきたヴァイオレットの顔を、勢い良く両手で挟むミリッツァ。


「しっかりしなさい!ヴァイオレット!そうよ、お前はヴァイオレット=ドゥヌエ!尊大で、我儘で、プライドばかり高い大馬鹿娘!だからもっと、気を強く持ちなさい!」


 目を見つめながら、彼女の栗毛を指でわしゃわしゃと弄ぶ。


「何か私、めちゃくちゃ言われてるぅ……」


 泣き笑いの表情で、ヴァイオレットがミリッツァに応えた。


「ヴァイオレット」
「うん」
「【スカー】は、きっと、じきにこの洞穴を見つけるだろう」
「うん……」
「だから、奴が入ってきたらこの石で、全力で殴りつけろ。私がまず、奴を引き付ける。お前は、それに合わせて思いっきり殴りつけるんだ」


 自分用に石を持ちつつ、ヴァイオレットにも石を渡すミリッツァ。


「でも私、人なんか殴ったこと無い」
「私だって無いさ。だが、【スカー】だって人間だ。殴れば倒せる。何とかなるはずだ」


 ぎこちなく、頷くヴァイオレット。


「さあ、そっちの窪みに隠れるんだ。私が合図したら、同時に殴り掛かるんだぞ」
「う、うん。わかった」
「よし、しっかり隠れておけ」


 やがて。


 何が楽しいのだろうか、【スカー】の鼻歌が、聞こえてきた。
 そして、近付いて来るのも、分かった。


 息を潜める二人が、それぞれ手に持った石を握りしめる。


 ミリッツァとヴァイオレット。
 彼女達の、最初で最後の闘争が、始まろうとしていた。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く