あなたの未来を許さない

Syousa.

第十日:02【ミリッツァ=カラックス】

第十日:02【ミリッツァ=カラックス】


【スカー】が教授を引き倒してもう一度キッチンナイフを突き立てた瞬間、パーティー会場は騒然となった。


「うわあああ!?」
「ひ、人殺しよ!」
「でぃ、ディレクターを呼んできます!」
「馬鹿、セキュリティボットだ!」
「何でだ!?何でこんなことになったんだ!?」
「おい、繋がらないぞ!」


 各人が喚き散らしている。


【スカー】はぴくぴくと痙攣する教授から刃を引き抜くと、再びマイクに向かって口を開き、呼びかけた。


「はい、皆さん。静粛に静粛に」


 当然、そう言われて静まる訳がない。
 だが、騒ぎ続ける彼等に向けて、【スカー】は構わず喋り続ける。


「えー、ディレクターは来ません。先程亡くなりました。船に残っていたスタッフの皆さんも、全員です。あと、セキュリティボットも出てきません。何故なら、航時船のコントロールはこちらが握っているからです。ハッキングされて奪われても困るので、もう少ししたら電源も落とします」


 まさかと思ったミリッツァが、ナノマシン経由でメインフレームの状態を確認しようと試みる。が、アクセス自体が拒否された。


「つまり皆さんが生き残るためには、自力で私を排除する必要があるのです。頑張って下さいね。応援してます」


 両の手を重ね、右頬につけながら。【スカー】は、にこやかに言った。


 ざわついていた生徒達が、凍りついたように静まり返る。


 この言葉で、ようやく一同は気付いたのだ。
 彼女は、【スカー】は。ここにいる全員を、殺しに来たのだと。


 ミリッツァは素早く周囲を見回して、ヴァイオレットの位置を確認した。
 遠い。そして間に、人が多過ぎる。


 それに、この状態では駆け寄れない。
【スカー】を刺激するのは避けねばならないし、それにここで彼女が慌てて動けば、皆が恐慌状態に突入する、そのきっかけになってしまう危険性があった。
 それは、絶対に避けねばならない。


「ふざけるな!この人殺しが!」


 声を上げたのは、ゴメスか。


(馬鹿が!刺激するな!)


 ゆっくりとヴァイオレットへ向けて移動しつつあったミリッツァは、心の中で毒づく。


「お前に何の権利があってそんなことを言うんだ!こんな非道が許されると思っているのか!?」


【スカー】は彼の方を見ながら首を傾げた。


「あ、そう思います?」
「当然だ!こんな理不尽!」
「奇遇ですね。私もそう思うんですよ」
「はあ?」
「やっぱり、やり返される覚悟も無しに、やっていたんですね。知ってたけど」
「何を言っているんだ、お前?」


(止めろ、ゴメス。今はそれ以上刺激するな)


 急ぎながら。だが決して目立たぬように。ミリッツァは、足を動かす。


 今度は、別の人物が声を上げた。あれは、マーキュリーだ。


「【スカー】、対戦で優勝したからといって勘違いしていないか?ここは複製空間じゃない!【能力】も何も使えないお前が、50名以上の人間を相手に勝てると思っているのか!?」


 おお、と生徒達がどよめく。


「……そうだ、そうだ!」
「お前に何が出来る!」


 気を取り直した者が、口々に叫ぶ。会場がまた、騒然となる。
【スカー】に呑まれかけていた場が、マーキュリーの言葉で少し、持ち直した。


(やるな、マーキュリー。その発言は、良い。この人数なら、【スカー】相手でも取り押さえられる)


 そう、大事なのは、人数差を活かすこと。恐慌状態にならないこと。
 これが出来るなら、まだ十分に対応可能なはずだ。


 だが。


「駄目よ!皆!気をつけて!」


 悲鳴のような、声が上がった。
 聞き慣れた、声。
 ヴァイオレットの叫びだ。


(止めろ!)


 ミリッツァの顔から、血の気が引く。


「ヴァイオレット、止めるんだ!それを言うな!言ったらおしまいだぞ!」


 慌てて叫ぶが、その声は周囲の騒音に紛れ、届かない。


 ……そして。


「【スカー】は、あいつは!【能力無し】なのに!何の力も無いのに!他の対戦者を殺し続けて優勝した、バケモノなのよ!」


 その一言で。
 再び、場が凍りついた。


(あの馬鹿娘!)


 歯ぎしりするミリッツァ。だが、もう遅い。


【スカー】が、ゆっくりと壇上から降り、歩く。
 悲鳴を上げながら、まるで波が引くかのように、生徒達が後ずさった。


「じゃあ、そろそろ始めましょうか」


 にこにこと笑いながら、【スカー】は高く掲げた指をパチン、と鳴らした。


『空間複製不要。領域固定不要。対戦者の転送不要』


 ナノマシンを通じて、ミリッツァの頭の中に聞き覚えのある声が届いた。
 試験の司会進行用に使われていた、AIアナウンサーだ。


 それは他の生徒達にも聞こえていたらしく、同様に、その声に驚いた表情を浮かべていた。


『Aサイド!【スカー】!』


 皆が、知っている流れ。


『Bサイド!【27世紀チーム】!』


 そう、【対戦】の開始と同じ流れだ。


『対戦領域はこの島全体です。泳ぎ切る自信があれば、領域外へ離脱しても構いません』


 そして流れが同じならば。
 この告知が終われば、待っているのは、殺し合いだ。


『時間は無制限になりますので、対戦相手の死亡で対戦は終了となります』


 誰かの悲鳴が上がる。
 恐怖にかられて、耐えきれなくなったのだろう。


『助けは、得られません』


 その叫びを引き金に。
 会場は、一気に恐慌状態へと突入した。


『それでは、対戦を開始して下さい!』


 ぽーん。


 間の抜けた開始音が、響く。


 いや、そうではない。


 復讐の鐘の音が、鳴らされたのだ。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く