あなたの未来を許さない

Syousa.

第十日:01【ミリッツァ=カラックス】

第十日:01【ミリッツァ=カラックス】


 各部屋のロックが開放され、波打ち際での短い自由時間が終わった後の。
 試験の終了と収録完了を祝う打ち上げパーティーの食事は、バーベキューであった。


 テレビ局のスタッフが運び、焼き始めた肉を見て。
 水着姿の学友達が、口々に驚嘆の声を上げる。


「見ろよ、本物の牛肉だぜ……」
「ああ、この時代はまだ、家畜を肉にして食べるという、非効率的な贅沢が庶民にまで許されていたらしい」
「え?あの網に乗せて肉を焼くの?煙はどうするの?」
「だから屋外でやるんだろう」
「屋外で、料理するなんて、不衛生よ。野蛮だわ」
「ここは中世だぜ。野蛮でいいのさ」
「ヒャッハー!本物の肉が焼ける臭いって、結構クセーんだな!」


 特設ステージに立つレイモンド教授が、マイクを取り、髭で覆われた口を動かす。


「今回の食事は、この時代によく行われたというホームパーティーを模して、『バーベキュー』という形式をとってみたが、どうかね。我々の時代からすれば粗野で不衛生に思えるかもしれないが、この中世では親睦を深めるための集まりや、気さくな宴、家族のレクリエーションとして、ありふれたものだったらしい」


 おお、というどよめき。
 27世紀では、既に廃れた風習なのである。


「勿論今回調達した肉は、衛生面のチェックは万全に済ませてある。調理も、講習を受けたスタッフが対応するから大丈夫だ。そしてこれが一番大事なことだが」


 レイモンド教授はそこで言葉を溜め、片目をつぶって、言った。


「この肉を食べても、未来には影響を及ぼさない。安心してくれたまえ」


 どっ、と生徒達の間から、笑い声が上がる。


「また後ほど、ディレクターからの挨拶とゲストのスピーチがあるので、それまで新鮮な体験を楽しもうじゃないか」


 ぱちぱちぱちぱち、と巻き起こる拍手。


 そんな彼等を横目で見ながら、ミリッツァは一人、溜息をついていた。


 彼女の【ライトブレイド】を倒した【スカー】が【ガンスターヒロインズ】と、どんな最終戦を繰り広げたのか。
 それについて興味を持っていた彼女は、テレビ局側に対戦記録を見せてもらえないかと頼んだが、断られていたのである。


 27世紀に帰ってから編集し、放送するまで。
 番組のネタが事前に明かされないように、ディレクターから「映像記録を漏らすな」と指示が出ていたらしい。
 残念ではあるが、どうしようもない。
 その程度でヴァイオレットから圧力をかけさせるのも、気が引けた。


 ただ、ミリッツァが頼んだそのスタッフは、


「いいドラマが撮れて、ディレクターは大喜びでしたよ」


 と言っていたので、テレビ局としては満足のいく収録だったらしい。


(まあ、お笑い枠扱いされそうな「能力無し」が優勝するのだから、彼等好みのドラマチックな展開ではあるだろうな)


 そう思いつつ、グラスをあおる。
 贅沢品ではあるが、本物の肉の臭気はどうも好きになれない。
 今夜は飲み物だけで済ますつもりである。


 ふと見ると、少し離れた卓でヴァイオレットが不機嫌そうな顔をしながら、肉を頬張っていた。
 彼女ほどの富裕層になると、別段、本物の肉も珍しくはないのだ。
 特に何の感動もないのだろう。


 いちいち彼女のなだめ役になるのも面倒だったので、ヴァイオレットに捕まる前に、そそくさと距離を置いておくことにした。
 彼女の馬鹿げた計画が頓挫したのはミリッツァとしても不本意ではあるが、元よりあまり乗り気で手伝っていた訳ではないのだ。
 ヴァイオレットにはまた今度、もう少しまともなプランで自立してもらおう。
 ミリッツァは、そう思った。


 避難した先では、レジナルド=ステップニーが、焦げた野菜の載った皿を持て余しつつ、周囲と話をしていた。
 彼は、決勝まで勝ち進んだ【ガンスターヒロインズ】の監督者だったはずだ。
 1位は逃したものの、2位になれたのだ。成績にもしっかり加点されるし、テレビへの露出もあるだろう。
 上機嫌で、試験のことについて語っている様子であった。


「いやあ、参ったよ。まさか最終戦で対戦者が自殺しちまうなんてな」


(……自殺?)


 聞き耳を立てていたミリッツァは、怪訝な顔をする。


「何でまた、そんなことになったんだ、ステップニー?」
「どうも、優勝した【スカー】と俺の【ガンスターヒロインズ】は友人だったみたいでな。最終戦で【スカー】に勝ちを譲るために、自分で自分の頭を撃ち抜きやがったのさ」
「友人なら、日頃のモニターで分かるだろ?何でお前、気付かなかったんだ。そうならないように誘導するのがお前の仕事だろ」
「モンゴロイドの顔なんて区別つかねえし、そんなにマメに見てられないだろ。大事なのは面談で直接バシッ!と決めることだ」
「それで自殺されてたら世話ないだろ」
「しょうがねえだろ、アイツ、そんな素振りなんて全然見せなかったんだよ」


 周囲と話を続けるステップニーに背を向けて、ミリッツァは、またテーブルを移動した。


(一体、何があったんだ?)


 返す返すも、記録を見られないのが残念である。


(放送を待つしかないか……)


 と思いつつ、次のドリンクを手に取り、口をつけるミリッツァ。


 すると、壇上に再び、マイクを持ったレイモンド教授が立った。
 彼は2、3度周囲を見回して生徒達が静かになるのを待つと、


「ディレクターがなかなか来ないので仕方ない、先に進めてしまおうか」


 と言い、咳払いをする。


「ではこれから、今回の試験で優勝した【スカー】ことサヨコ=ミドウ君から皆へ挨拶をしてもらおう。諸君、盛大な拍手で迎えようじゃないか」


 拍手が鳴る中、【スカー】がステージの脇から現れる。
 ミリッツァが【ライトブレイド】戦の記録で見た時と同じ、紺のセーラー服を着た小柄な少女。
 彼女はゆっくりと教授の側まで歩いてくると、ミリッツァ達生徒の方へと向き直った。


「本来であれば、監督者のクリバヤシ君と一緒にここに立ってもらう予定だったが、彼女は体調不良のため、残念ながら今日はパーティーには出られないとの申告があった」


 生徒達の一部から、下卑た笑い声が発せられる。


「ディレクターがいれば代わりに付き添ってもらおうと思っていたのだが……まだ来ていないから、悪いが、一人だけで挨拶してもらおう。簡単でいいからね」


【スカー】が、こくり、と頷く。


「では、全ての戦いを終わらせ、見事勝ち抜いた【スカー】君からの挨拶だ。諸君、もう一度拍手を!」


 生徒やテレビ局のスタッフ達から、再び拍手が巻き起こる。
【スカー】はそれに向かって会釈すると、マイクを口元に近付けて、声を発した。


「皆さん、こんばんは、【スカー】です。ご紹介ありがとうございました、教授」


 バイオ人工知能の補助により、流暢な英語を喋る【スカー】。


「でも、大丈夫です。元々これは、一人でやるつもりでしたから」


 ほう、と呟いて、教授が【スカー】を見返した。


「ただ、教授は間違えてらっしゃいます。【全ての戦いを終わらせ】と仰りましたが、実は私、もう1戦だけ残っているんですよ」


 ふふふ、と小さく笑う【スカー】。
 教授は彼女の言葉に首を傾げるが、何か気を利かせたスピーチのネタなのだろう、程度にしか思っていない様子だった。
 それを見てもう一度微笑む、【スカー】。


「27世紀の皆さんは、『蠱毒』っていう言葉をご存知ですか?中国の、古い呪術用語なんですけどね」


 だが、その言葉を知るものは、ここにはいない。


「大きな壺の中に、毒虫を沢山入れるんです。餌を与えずに。そうすると、中で蟲達は、自分が生き残るために殺し合い、互いに食い合います」


 予想だにしなかった【スカー】の語る内容に、一同が静まり返る。


「そして、最後に生き残った一匹は、壺の中の全ての毒虫の毒をその身に集め、強力な怨念と猛毒を持つようになるんです。半ば、モンスターとなって。魔法使いは、それを使って呪いをかけたり、怪しい儀式を行ったりしたそうですよ。とはいっても、迷信なんですけどね」


(こいつは、何を言っているんだ!?)


 ミリッツァの背筋を、冷たいものが走った。


「何かに、似ていると思いませんか?」


【スカー】が、ステージの上から生徒達を見回した。


「まあ、魔法使いが蠱毒を作るのは勝手でしょうけど」


 くるり、と教授の方へと向き直し。
 セーラー服の上着の中へ、自らの手を入れる。


「最後に残ったその一匹が、魔法使いに噛みつかないなんて」


 そして取り出したキッチンナイフを、


「誰が決めたんでしょうね?」


 教授の首へと、突き立てた。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く