あなたの未来を許さない

Syousa.

第九夜:04【御堂小夜子】

第九夜:04【御堂小夜子】


 どくん。


 意識が、戻る。


 小夜子はそのまま崩れ落ちるように、床に手をついた。
 涙が、止めどなく、溢れる。
 声を押し殺そうともせず、ただ、ただ。ひたすらに。彼女は、泣き続けた。


(私、馬鹿だ)


 自らを犠牲にするだけなら、恵梨香の人格からすれば当然とも言えた。


 だが。


 あの恵梨香が。あの優しい恵梨香が。


 自分が犠牲になるだけではない。
 他者を、その手にかけてでも。
 良心も、モラルも、誇りも。今までの自分の全てをも、台無しにしてでも。


 願ったのだ。


 ただ、ひとつ。たったひとつだけを。
 恵梨香は、小夜子が生き残ることだけを、願ったのだ。


 愛。


 それは、愛であった。


 小夜子が求めていたものとは、違う、愛。


 だが、確かにそこには、愛があったのだ。
 世の全てと交換しても惜しくはないという、愛が。
 長野恵梨香は、御堂小夜子を愛していたのだ。


 そのことを理解した小夜子の目から、雨の雫のように、涙がこぼれる。


 愛しさと、悲しさと、悔しさと、切なさが。
 水脈のように、こんこんと。熱いものを、溢れさせ続けた。





『サヨコ』


 その声で、小夜子は目覚めた。
 まるで子供のように、泣き疲れて眠ってしまっていたらしい。


 顔を上げると、そこにはキョウカが座っていた。


 妖精ではない、あの時の映像で見た、小柄な少女の姿。
 ただ、実体ではないらしい。アバターの時と同じような感覚が、そこからは感じられた。


『サヨコ=ミドウ。本日午前2時、この対戦の優勝をもって、君の監視は永久に解かれた。ユナイテッド・ステイツ・ノーザン政府の特例措置により、君にはこれ以降、人権が適用され、国籍が認められる』


 淡々と、伝えるキョウカ。
 立体映像ではあるが、やはり本人の目も、虚ろだ。
 立ち直っては、いないのだろう。


『あと4時間、今日の正午をもって、君は僕達が滞在している南方の島へと転送される。それまでに身辺整理を済ませて、準備をしておいてほしい』


 小夜子はそれを、黙って聞き続けた。


『僕達のいる航時船……まあ、大型のタイムマシンさ。宇宙船みたいな奴……への転送後、教授と面談やテレビ局のディレクターとの打ち合わせが予定されている。休憩の後、この試験の終了と収録の成功を祝して、学生や番組関係者を集めたパーティーが開かれる。君もそれにゲストとして出席してもらうことが、決まった』


 キョウカが、壁にかかった小夜子の制服を指差した。


『パーティーというが、服は、制服でいい。むしろ、時代を感じさせるために制服で来てくれ、と言われている。靴も、部屋に持ってきておいてくれ。その格好のまま、船へと転送する』


 指を下ろす。


『パーティー終了後、その翌日には撤収だ。僕達は、君を連れて27世紀へと帰還する。以上が、これからの予定だ。27世紀へ行った後は、君は一旦、テレビ局の預かりになる。その後の予定は、彼らから知らされるだろう』


 キョウカは目を伏せ、息をついた。


『……最終戦の記録は、見たよ』


 顔を背けたままの小夜子が、微かに頷く。


『……すまない、こういう時、何て声をかけたらいいのか、分からないんだ……ごめんよ』


 目を合わせることも出来ずに、キョウカが小さく言った。


 二人の間を、沈黙が支配する。


 長い、静寂の後。


 小夜子が顔を上げ、口を開いた。


「単刀直入に言うわ。キョウカ。力を貸して」


 それは、意外な言葉であった。
 キョウカが驚いたように、小夜子の顔を見る。
 その目は、強い意志の光に満ちていた。


「アンタには受け入れ難い話だわ。アンタが弱っているのに付け込んで、私はこの話をするの。最低よね。断って当然だと思う。だから私は、一人でもやる。でも、話を、聞いてくれる?」


 小夜子からまっすぐと見つめられ、キョウカが頷く。


 ありがとう、と小さく言った後。
 小夜子は、ある計画をキョウカに語った。


 全てを聞いた後、キョウカはゆっくりと首を縦に振り、承諾の意志を示す。


『そうか、サヨコ……いや、今の君は、【スカー】なんだな』
「ええ、そうよ。私は【スカー】」


 赤く、黒く、粘りを持った熱い「何か」。
 小夜子の中の、もう一人の小夜子。
 残酷で、冷酷で、それでいて激情に支配されていた、【スカー】である、小夜子。


 その【スカー】へ、意を決したように、キョウカが口を開く。


『分かった。協力しよう、【スカー】。ただし、条件がある』
「何かしら。あまりアンタにしてあげられそうなことって、無いけど」
『大したことじゃない。片手間で、出来ることさ』


 一息ついて、言葉を続ける。


『一緒に僕のことも、殺して欲しいんだ』

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く