あなたの未来を許さない

Syousa.

第九夜:02【御堂小夜子】

第九夜:02【御堂小夜子】


「えり……ちゃん……」


 光の中に立つ恵梨香と目が合い、小夜子がたじろぐ。


 そんな小夜子に対し、恵梨香は、


「やっほ~、さっちゃん。先程ぶり~」


 にこやかに笑い、ひらひらと手を振った。


 ……知られてしまった。
 最も、知られてはならぬ相手に。


 額に手を当て、がくりと肩を落とす小夜子。
 嘘よ、嘘よと。熱病でうなされる患者のように、繰り返し呟き続ける。


 だが。


 恵梨香は彼女に対し、予想外の言葉を続けた。


「頑張ったね、さっちゃん。私もここまで、何とか頑張ったよ」
「え……何で……?」
「私もね、あの晩。あの駐車場で。気付いていたから」


 3回戦目の遭遇時。あの時に既に、気付いていたというのか。


「どうして……?あんなに、真っ暗だったじゃない」


 あの駐車場は、ほとんどが闇で隠されていたはずだ。
 小夜子が恵梨香を認識できたのは、たまたま事故で恵梨香が光の中に飛び出してきたからである。
 暗闇の中にいた小夜子を、恵梨香が見つけられるとは思えなかった。


「私の【ガンスターヒロインズ】って、知ってる鉄砲を選んで一定時間ごとに呼び出せる能力なんだけどね。これ、付属品もカスタマイズ出来るの」
「カスタマイズ?」
「そう、だから、暗視スコープ付きのライフルとかも出せるの。すごいでしょ?」
「そんな……」
「……ほんとはね、さっちゃんだって、あの声だけでも、気付いたんだけど。でも、確証が持てなくて。それで、探して、近付いて、良く聴いて、良く見て、それで、やっぱりさっちゃんなんだな、って分かったの。本当は、信じたくなかったけど。さっちゃんが対戦者に選ばれただなんて。未来に繋がらないなんて、認めたくなかったけど」


 ああ、と小夜子から、息とも声ともつかぬものが漏れ出る。


「次の日から、明らかに様子も変だったし」


 恵梨香が息を、詰まらせる。


「でもね」


 首を少し傾け、話し続けた。


「またその次の日にね、励ましてもらった時にね。私、さっちゃんが何を考えてるのか、その時分かったの」


 また、息を詰まらせる。


「あれからさっちゃん、ずっと、ずっと。私のために戦ってくれたんでしょ?私が生き残れるように、毎晩頑張ってくれてたんだよね?」
「どうして……」
「分かるよ。分かるに決まってるじゃない!だってさ、さっちゃんだよ!?さっちゃんのことなんだもの!」


 恵梨香の目から、涙がこぼれた。


「ごめんね、泣かないつもりだったんだけど、ごめんね」
「えりちゃん……」


 涙を流し、鼻をすすりながら、恵梨香が口を開く。


「分かっちゃったから。だから、私も頑張ることにしたの。さっちゃんだけに、辛い思いはさせられないって。まあ、なかなかうまく出来なかったけど」


 セーラーの袖で、目をこする。


「でも良かった。さっちゃんが、生きててくれて。ここまで、勝ち残っていてくれて。私、本当に、そう思う」


 恵梨香が弱々しく微笑む。
 拭ったばかりなのに、また涙が、頬を走った。


「ありがとう、ずっと一緒にいてくれて」


 小夜子はずっと、言葉を見つけられないでいる。
 思考が、働かない。感情が、制御出来ない。
 心臓の鼓動だけが、無意味に早まり続けていた。


「さっちゃん……一番大切な、お友達。ありがとう。大好きよ」


 そして。
 小夜子が口を開くより早く。
 恵梨香が、言葉を続けた。






「さようなら」










 その時小夜子は、全てを理解したのだ。










 ガガガガガガシャン!


 小夜子と恵梨香の間を、何かが遮った。


 スポットライトのような光源が消失し、建物の非常灯が作動する。
 周囲が、薄暗い光で照らされた。
 通路のような場所にいた二人を遮断したのは、防火シャッターだ。
 それが、通常ではありえない速度で降りてきたのである。


『それでは、対戦準備に移って下さい!』


 そう、小夜子は、やっと分かったのだ。恵梨香の、最近の行動の理由を。
 握られたあの手も、結ばれたあの指も。いつもと違う、強引なあの姿勢も。


『Aサイド!能力名【スカー】!』


 あれは、苦しさから小夜子に縋っていた訳ではない。


『監督者【キョウカ=クリバヤシ】!』


 あれは全て、小夜子の心を支えるために。小夜子を励ますために、やっていたことなのだ。


『Bサイド!能力名【ガンスターヒロインズ】!』


 彼女が、何のために戦ってきたのかも。何のために、人を殺してきたのかも。ずっと、勘違いをしていた。


『監督者【レジナルド=ステップニー】!』


 恵梨香が、自らのために、人を殺す訳が無かったのだ。
 ただ彼女は、小夜子のためだけに、何もかもかなぐり捨てて、禁忌を犯したのである。


『対戦領域はこの半導体工場の敷地全てです』


 そして彼女が、今から何をしようとしているのか。


『領域外への離脱は、即、場外判定となりますので、ご注意下さい』


 小夜子は、操作盤へ駆け寄り、スイッチを押すが、反応が無い。
 シャッターに手をかけて持ち上げようとするが、びくともしない。


『今回も対戦時間は無制限となりますので』


「駄目よ!えりちゃん!」


 シャッターを、叩く。


『対戦相手の死亡で対戦は終了となります』


「駄目よ!駄目よ!駄目よ!駄目よ!ねえ、お願い!止めて!止めてっ!」


 小夜子はシャッターを殴りつけ、叫び続けた。


『時間中は監督者の助言は得られません』


「お願いだから!えりちゃん!返事をして!話を聞いて!えりちゃん!えりちゃん!」


 拳で揺さぶられたシャッターが、狂ったように音を鳴らす。


『それでは、対戦を開始します』


「私、今からそっちへ行くから!待って!待ってて!ねえ!ねえ!ねえ!」


 半狂乱で叩きつけられ続けた手。小指と中手骨が折れるが、それにも気付かず、彼女は叩き続ける。


『それでは、良い戦いを!』


「駄目よ!お願いよ!お願いだから答えて!」


 ……ぽーん。


 間の抜けた、いつもの対戦開始音。


「えりちゃん!」


 小夜子がそう叫んだ直後。






 ぱん!






 という、破裂するような音が聞こえた。
 すぐに防火シャッターが、がしゃん!と揺らぐ。


 スラットの歪みから。
 何かが、シャッターの向こう側にもたれかかったのだ、と小夜子は理解した。


 が、が、が、が、が。


 と。「何か」が、もたれながらずるずると下へずり落ちていく。ずり落ちていくのだ。
 その音と動きが。


 ……止まった。


 見開かれる、小夜子の目。


 床とシャッターの隙間から、じんわりと。
 溢れてはならないはずの液体が、滲み出てくる。
 唇を震わせながら、小夜子はただ、それを見ていた。


 そして。


 ぱんぱかぱぱぱぱーん。


 ファンファーレが、鳴る。


『Bサイド【ガンスターヒロインズ】死亡!勝者はAサイド【スカー】!キョウカ=クリバヤシ監督者の勝利です!おめでとうございます!』


 息も瞬きも出来ぬまま。
 小夜子はその暖かく赤い液体の上に、力無く座り込んだ。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く