あなたの未来を許さない

Syousa.

第九夜:01【御堂小夜子】

第九夜:01【御堂小夜子】


 ぴぴぴぴぴぴぴ。


 アラームの音が、二人を眠りから引き戻した。


 風呂から上がった二人は、テレビを見ながらソファーでじゃれあっている内に、いつの間にか眠ってしまっていたのだ。


 部屋のデジタル時計には、「11月3日 火曜日 午前01:00」の表示。
 スマートフォンのアラームをかけていたのは、恵梨香である。


「じゃあ、帰るね」


 という恵梨香を、小夜子は、彼女の家まで送ることにした。


 隣家である。本来であれば、全く不要の行為だ。
 だが、小夜子はそうした。
 恵梨香も、拒まなかった。


 10秒もかからぬ距離を、30秒以上かけて。
 二人は、手を繋ぎながら、ゆっくりと歩く。


 言葉も交わせぬまま、長野家の玄関まで辿り着き。


 小夜子は。


「またね」とも言えず。
「さようなら」と言うのはあまりにも悲しく。


「おやすみ」とだけ言って、手を振って、別れた。


 歩きながら、唇に指を当てる。
 あの感触が、まだ残っているかのように思えた。


 恵梨香は、思い出をくれたのだ。
 最後の戦いに向かう前に。小夜子に、思い出をくれたのだ。


(でもね)


 大丈夫よ、えりちゃん。
 貴女の戦いは、もう終わっているの。
 だから、そんなに気負わなくてもいいの。
 あとは私が、死ぬだけだから。


 私?
 私は、大丈夫よ。
 もうずっと前から、心積もりは出来ているの。
 貴女のおかげで、ちっとも怖くなんか、ないわ。


 だから、安心してね。えりちゃん。





 家中の戸締まりをして。
 火の元もしっかりと確認して。
 電気の消し忘れも気をつけて。
 部屋に戻って来た小夜子は、ベッドの上に、キョウカのアバターがうずくまっているのを見つけた。


「キョウカ……」


 呼びかけるが、彼女は返事をしない。
 少しだけ頭を動かして小夜子の方を一瞥すると、すぐに顔を伏せてしまった。


 小夜子は、黙ったままキョウカの隣に座る。
 そして、そのアバターの背中を撫でるような仕草を続けて、ただ、時間が経つのを待った。


 ……二人が無言のまま並んでいるうちに、時は過ぎ。


 部屋の時計はついに、「午前01:58」を表示するに至っていた。


 小夜子はベッドから立ち上がり、キョウカの前に向かい合うようにして、床に座り込む。


「色々ありがとうね、キョウカ」


 キョウカがゆっくりと顔を上げ、小夜子と視線を合わせた。


「アンタ、多分、これからも、ものすごく大変だと思うけど……その、頑張ってね。何ていうかね、うまく言えないけど。私は、これでお別れだから」


 無表情で小夜子を見つめるキョウカの目から。つつつ、と涙の筋が頬を伝う。


「馬鹿ね、何でアンタが泣くのよ。私はこれから、本懐を遂げるのよ?笑って、見送りなさいよ」


 キョウカが、いやいや、というように首を振る。
 そして、ベッドから飛び降り、小夜子の膝下へと駆け寄った。


 小夜子がそれを、優しく撫でる。
 位置調整が上手くできず、アバターを、指が貫通した。


「……ごめんね、そろそろ時間だわ」


 そう、キョウカへ微笑みかける小夜子の視界は、突如暗転し。
 意識は、闇の中へと吸い込まれるように落ちていった。





 どくん!


 鼓動とともに、意識が復活する。


(最後の複製空間か)


 視界は暗く、見辛い。
 目を凝らすと、建物の中にいることだけは、理解できた。
 だが、周囲には窓もなく、照明も点いていない。
 見回しても、何も分からなかった。


(何にも、見えないわね)


 息をつく。


(まあいいわ。どうとでもなるでしょ)


 今回は、戦いに来たのではないのだ。
 ただ、自らの命を絶ちに来たのである。


(どうやって、死のうかな)


 とりあえず、明かりのある所を見つけて、刃物を探してもいい。
 ここが建物の中なら、高い所を探して、飛び降りてもいい。
 ロープなり電気コードなりがあれば、首を吊ってもいいだろう。


(ああ、場外バリアを探せば、一発で即死出来るんだっけ)


 それが一番手っ取り早いだろうか、などと。色々と自殺方法について、検討する。


 ふふふ、と笑いがこぼれた。


(きっと、こんなにも愉しげに。満足気に。誇らしげに。幸せな気分で自殺の方法を探している人間なんて、人類史上、私が初めてなんじゃないかしら?)


 小躍りすらしたくなるような気分で、彼女はそう思った。


『空間複製完了。領域固定完了。対戦者の転送完了』


 9度目の、声。


(さて。開始されたら、とりあえず壁伝いに歩いてみるかしら)


 などと考えつつ、小夜子は開始のアナウンスを待った。


 ……だが。
 運命は、小夜子を裏切ったのだ。


 声が告げたのは、開始のアナウンスではない。


『いよいよ、この試験も最終戦となりました。そこで今回は特別に!ファイナリストのお二人に、決勝戦に向けての意気込みを語り合っていただきましょう!まずはAサイド、能力名【スカー】!』


 ぱっ!


 と、小夜子の頭上から、光が差す。
 それはまるでスポットライトのように、暗闇の中から、彼女の姿を暴き出した。


「なっ!?」


 予想外の事態に、小夜子が狼狽する。


「おい馬鹿!止めろ!止めなさいよ!このクソが!」


 だが。
 そんな彼女を無視して、アナウンスは言葉を続けた。


『続いては、Bサイド、能力名は【ガンスターヒロインズ】!』
「止めてよ!お願いだから!止めてってば!ねえ!止めてよ!」


 小夜子の懇願も虚しく、もう一つ、スポットライトのような光が差し。
 やや離れた場所に立つある人物を、闇の中から照らし出した。


 言うまでもない。
 小夜子の想い人、長野恵梨香である。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く