あなたの未来を許さない

Syousa.

第九日:02【御堂小夜子】

第九日:02【御堂小夜子】


 夕食の支度。


 家事スキルの著しく低い小夜子には任せておけないということで、恵梨香が腕まくりとエプロンをして張り切っている。
 むしろ小夜子は火の元や包丁に近寄らせてもらえず、完全に子供扱いされて、テーブルに待機させられていた。


 仕方が無いので、恵梨香の後ろ姿をじっくりねっとりと注視する小夜子であったが。
 まな板を出したりパックから肉を取り出したりする恵梨香に対して、耐えきれずに声をかけた。


「ねえ、えりちゃん。お願いがあるんだけど」
「なぁに?何か合わせて作って欲しいものとかあるの?」
「折角だから、裸エプロン、ってやってもらってもいい?」
「……眠いのならソファーで寝てなさい」
「えー、やってよー、裸エプロン、裸エプロン。きっと似合うよー」


 小夜子が不満の声を上げると、恵梨香はわざわざ手を洗ってから小夜子の方へと歩み寄り、三連チョップを繰り出した。しかも、かなり強い。
 ぐへえ、と蛙のような悲鳴を上げる小夜子。


「60度くらいの角度で叩くのがコツよ」
「私は壊れたテレビじゃないよ!?」
「だったらポンコツ発言は慎みなさい。大人しく待っててね?」
「うう……はーい」


 そうして、夕食が出来上がるまで。
 二人は他愛もない会話をしながら、時間を共有するのであった。





 一緒に、洗い物を済ませ。
 また少し、別のゲームで遊んでいると。


 ちゃららららん、らーんらーんららららー。


 風呂に湯が張られたことを知らせる通知音が、聞こえてきた。


「あ、お風呂沸いたね。えりちゃん、先入ってきなよ。私待ってるから」
「ん?一緒に入ればいいじゃないの」


 予想外の提案により。
 そのまま恵梨香に引っ張られるように、小夜子は風呂へと向かうこととなった。


「昔はしょっちゅう一緒に入ってたのにね」
「さ、流石に小学校の頃とは違うわよ」
「そうねえ。ほら、冷えるから早く入って入って。ほれほれ」


 恵梨香の脱衣を凝視しようとしていた小夜子であったが、恵梨香に促されてあっという間に裸にならざるを得ず、早々に風呂場へと押し込まれてしまう。


 残念、と思いながらも、風呂マットを敷き、風呂の蓋をはぐる。
 蓋をくるくると丸めて風呂場の隅に立てたところで、恵梨香が入ってきた。


 その裸身に、目が釘付けになる。
 張りのあるきめ細やかな肌、豊かな双丘と形の良い尖端。同い年とは思えない、くびれた腰。すらりとした脚。


 小夜子の鼓動が早まり、強まった。


「ヘアバンドとゴムも持ってきたよ。ここ置いておくからね」
「……ん、ああ、ごめん。ありがとう」
「やだもー、何照れてるのよ」


 恵梨香が小夜子を、ツン、とつつく。


「ねえ、えりちゃん。お願いがあるんだけど」
「なぁに?」
「おっぱい揉んでいい?」
「全然照れてないじゃん!」


 呆れた、という顔をして、恵梨香が溜息をつき、答える。


「生は却下です」
「ぬぅ」
「ぬぅ、じゃないよ、まったくもう」


 そして小夜子を風呂椅子に座らせ、髪を洗うためにシャワーをかけて、すすぐ。
 髪に湯をかけられながら、小夜子が鏡越しの恵梨香に、再度声をかけた。


「じゃあ、おっぱい吸っていい?」
「良い訳あるかあああ!」


 後ろから右頬をつねられ、小夜子が悶える。


「あばばばばば」


 加えて、顔にシャワーが浴びせられた。
 自業自得ではあるが、今日のおしおきは、厳しい。





 髪も身体も洗い終えた二人が、湯船に浸かっている。


 始めは向かい合うように入ろうとしたが、「エロすけの視線がいやらしい」という理由で、小夜子が恵梨香の足の間に入り、背中を預けるような姿勢で、浸かることになった。見ようによっては、恵梨香が小夜子の背中を抱えているようにも見える。


 暖かく、柔らかい。
 体重を預けると、恵梨香は小夜子が傾きすぎないように加減して、彼女の身体を抱きかかえるように、支えた。


「んー、よき背もたれじゃ」
「さっちゃんはちっちゃいから、この姿勢で丁度具合いいね」
「……小学校2年生までは、私の方が、背が高かったのに」


 ぷぅ、と膨らんだ小夜子の頬を、恵梨香が指でつつく。


「ホント、どうしてこうなったんだろうねえ」


 あはは、と笑う声を聞きながら、小夜子は恵梨香の柔らかさと温もりに、身を預けていた。


(ああ、私は。この温もりを守れたんだわ)


 後悔は無い。後悔する要素が、無い。


 ただ、この温もりも。この柔らかさも。この優しい声も。
 今日を最後に、自分はもう感じられなくなるのだ、想うことも出来なくなるのだ、と考えると。何かが溢れそうになるのだ。


 恵梨香を圧迫しないように気をつけながら。少し湯船から上体を出し、ぐるり、と向きを変える。
 そして、恵梨香の頬へ、猫のように、自分の頬を触れさせた。


 恵梨香は、小夜子が体勢を崩さぬよう手で支え続け、決して、拒みはしない。
 ふふふ、と。くすぐったそうに笑うだけだ。


 しばらくして、小夜子が頬を放し、身体を起こす。
 目の前に、恵梨香の唇があった。


 小夜子は数秒の逡巡の後、口を開く。


「ねえ、えりちゃん。お願いがあるんだけど」
「なぁに?」


「……キス、してもいい?」


 恵梨香は少し驚いたような顔を見せたが、すぐに穏やかな表情に戻り。


「いいよ」


 と優しく言った。


 ゆっくりと。
 唇が、触れ合う。


 閉じた小夜子の目から、湯船よりも熱いものが、頬を伝い、落ち。水紋を作った。


 それが消えた後、静かに小夜子が、恵梨香から離れる。
 二人の口の間で、糸を引いた唾液が、つぅー、と伸び、切れ、湯船へと落ちた。


 ……沈黙が流れる。


「ごめんね」


 小夜子は小さく言った。


 分かっているのだ。
 小夜子の口づけと、恵梨香の口づけと。
 似てはいるが、種の違う口づけであるということは。
 そう、分かっているのだ。


 恵梨香は、小夜子の謝罪に対して、何も言わない。


 ただ小夜子に向け、彼女も問を発し返してきた。


「ねえ、さっちゃん、私も、お願いがあるんだけど」
「……何かしら」


「キス、してもいい?」


 小夜子は驚いた顔を見せたが、すぐに、穏やかな表情に戻り。


「……いいよ」


 と優しく返した。


 再び、ゆっくりと近付く唇。


 先程、小夜子から求めた時よりも。


 何倍も。
 そう、何倍も。


 長い時間、二人は唇を、重ね続けていた。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く