あなたの未来を許さない

Syousa.

第八夜:03【ライトブレイド】

第八夜:03【ライトブレイド】


 ずっと、死にたいと思っていた。


 子供の頃から、何に対しても「熱」というものが感じられなかった。
 スポーツでも、学業でも、遊びでも。異性にも、同性にも。
 出来不出来ではなく、打ち込む、楽しむ、ということが出来ないのだ。
 趣味や目標、なりたいものを見出だせる友人達を、彼はずっと、羨望の眼差しで眺め続けていた。


 彼にとって世界はモノクロで、冷たく、凍りついたものであったのだ。


【ライトブレイド】……北村露魅王。
 彼が自らの名を嫌うのは、別にきらびやかな名前だからという理由ではない。
 あの戯曲の主人公のように、熱を持って生きることが出来ない自分を恥じていたからである。
 名前負けしている自らの精神を、嫌ったのだ。


 おそらく、自分は何か人として大事な物を持っていないのだろう。
 いやあるいは、粗悪品の心を持って生まれた人間なのかもしれない。
 そう、彼は思っていた。


 やがてその思いは強い自己否定へと繋がり、自らの心を縛る鎖となった。
 自分という人間はおそらく何も成し遂げられないだろう、何者にもなれないだろう、と。


 ああ、自分は人間として失敗作なのだ。
 ああ、自分の生には、意味が無いのだ。


 その信仰に近い思いが、彼に死を望ませ続けていたのだ。


 ならば、何故彼は自ら生命を絶たなかったのか。
 答えは簡単だ。「理由が無かったから」という理由である。


 自らの「生」に意味が無いと信じる彼にとって。
 自らの「死」にまで理由が無い、などというのは、とても耐えられなかったのだ。


 中学2年生の時。
 小児がんを患っていた、幼い頃からの親友が死んだ。
 その時に彼の心を支配したのは、悲しみでも病に対する怒りでもなく、ただただ、「羨ましい」という思いだけであった。


 ……羨ましい。
 死ぬ理由がある君が、羨ましい。


 そして同時に彼は、そのような思考に至った自らを、嫌悪した。
 自己否定は、ますます強まることになる。


 そんな彼であったがため。


『君は未来に繋がっていない。何も成し得ないし、何者にもなれない』


 という未来人の説明を、【ライトブレイド】はすんなりと受け入れた。
 それは、彼の暗く湿った哲学の肯定以外、何物でもなかったからだ。


 同時に彼は、死ぬ正当な理由を手に入れたことにも歓喜していた。
【ライトブレイド】は最初から、生き残るつもりは無かったのである。
 未来人の意図とは180度違う合意点で、【ライトブレイド】は彼女達の計画に乗っていたのだ。
 能力の改竄や不正を受け入れなかったのは、生存の意志も未来で成功するつもりもなかったことと、彼の矜持がそれを許さなかったからである。


 だが。


 皮肉にも。


 強いられた生命のやり取りが、彼に生まれて初めての「充足」を与えた。「熱」を与えた。「希望」を与えた。


「僕はここで彼らと戦うために生まれてきたのかもしれない」


 戦いの最中、彼はそう思うようになっていた。
 だから、ミリッツァから【スカー】が【能力無し】で勝ち上がってきた人物だ、と聞かされた時は、心が震えたものだ。


 一体どれほどの覚悟で、ここまで勝ち進んできたのだろう。
 一体どれほどの思いが、その人物を突き動かしたのだろう。
 一体何が、彼の強さとなったのだろう。


 戦いたい。
 是非、そのような戦士と戦いたい。
 敬意の念を、伝えたい。


 そして、ひょっとしたら。あるいは。


【スカー】は、僕に答えをくれるのかもしれない。


 彼はそう思い、この対戦に挑んだのであった。





 ずぅぅぅん。


 4階建ての校舎の階段を一つ、下から上まで落とし終え、彼は息をついた。
 反復作業の結果、既に、特殊教室ばかりの3階校舎の階段は、全て潰してある。
 残りは普通教室ばかりの4階建て校舎、その階段があと一つだけだ。
 これで校舎を上下に移動しようと思うには、この階段を使わなければならない。


【ライトブレイド】が階段を潰したのは、「追いかけっこ」による堂々巡りを嫌ったからである。
 校舎内に幾つも階段があれば、そこから他の階へ逃げられ、見失う危険性がある。


 相手は、能力無しで化け物達相手に勝ち進んでいるくらいの猛者だ。


(おそらく【スカー】は、筋肉モリモリマッチョマンの変態じみた身体能力保有者に間違いない)


【ライトブレイド】自身は体力や身体能力には自信を持っておらず、走って追いかけた場合に相手を捉えることは出来ないだろう、と予測していた。
 そのため、校舎内でぐるぐると走り回ることになる可能性を、事前に摘んでおいたのだ。
 階段を一つ残しておくのは、今までの階に【スカー】が隠れていたのを見落としていた場合、接敵できなくなるのを警戒したからである。
 どちらが先に飢え死にするか、という不毛な我慢大会は、【ライトブレイド】の望むところではなかった。


「さて、戦場も作り終えたし、改めて【スカー】を探すかな」


 下から上りながら階段を落としてきたため、今、彼がいるのは4階建て校舎の最上階。4階の廊下だ。
 窓からは反対側の3階建て校舎、そして、青色をした金属屋根が見える。
 いわゆる切妻型、という形状で、屋根の中央が一直線状に一番高くなっており、そこから建物の端に向けて斜めに傾いていた。
 屋根は向こうの校舎だけではなく連絡棟の上まで続いており、今【ライトブレイド】がいる廊下の一部は、連絡棟との接続部分の上で窓を開ければ屋根へと飛び移れるようになっていた。


(こういうの、いたずらっ子がヤンチャして乗ったりして騒ぎになりそうだよな)


 いや、子供でもこんな露骨に危ない所には来ないか。


 そう思った【ライトブレイド】が視線を廊下へ戻そうとした時。


 彼は、見つけたのだ。
 向かいの屋根の上に立つ、人影を。


 誰であろうか。
【スカー】以外に、いるはずもない。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く