あなたの未来を許さない

Syousa.

第八日:02【御堂小夜子】

第八日:02【御堂小夜子】


 ヴァイオレット達から解放された後、しばらくして。
 キョウカは、何も言わず、小夜子からの呼びかけにも反応せず、消え去ってしまった。


(何も、出来なかった)


 出来るはずもない。
 キョウカと小夜子の距離は実に地球の四分の一周程も離れており、所在も分からない。
 彼女が出来うることなど、何一つ無かったのだ。
 だが、それでも小夜子は。無力感に打ちのめされずには、おれなかった。


(私の計画に乗ったから、私が勝ち進んだから。キョウカは、こんな目に遭ったのか)


 悔いは、ある。


 確かに、キョウカは自ら決めて小夜子に同調してきたのでは、ある。
 だが、自分の計画に付き合ったため、まだ10歳の少女が、あのような陵辱を受けたのだ。


『サヨコ、助けてよ、サヨコ』


 キョウカが小夜子に助けを求めていたあの声が、まだ、耳に残っている。
 そして、ここ数日でキョウカとの間に芽生えていた、奇妙な連帯感。
 彼女の自己責任だ、と割り切ることはとても出来なかった。


(でも、こうしなければ、えりちゃんが)


 そう、恵梨香を救うためには、そもそもこの選択肢しか無かったのである。
 もし小夜子が予言者や予知能力者で、こうなると分かっていたとしても。
 彼女は、決断せざるを得なかっただろう。


(……私は、えりちゃんを救うために、地獄に落ちると決めたのよ)


 自分の手で、既に4人を殺した。
 今夜も、1人殺さねばならない。いや、絶対に、殺すのだ。
 もしこの世に神や仏が存在するのであれば、最早、地獄行きは避けられぬ身である。
 恵梨香の罪も重ねて小夜子が被るのだから、尚更だ。
 今更罪を重ねたとて、何だというのか。


 必死に思考を誘導し、心に入った亀裂を塗り固めようとする。


 まだだ。
 まだ、折れるな、私の心。
 ここまで来て、成し遂げられなかったら、私が生まれてきた意味が無いの。
 だから、あと1戦。あと1戦だけ、持ちこたえなさい。
 その後で、地獄でいくらでも悔やめばいいわ。


 目を閉じ、呟き続けた。


 ……3分近くの呪詛の後、静かに顔を上げる。
 心のヒビを塗り固め終えた小夜子の目に、力が蘇っていた。


(ごめん、ごめんね、キョウカ。でも私は、この思いを遂げるのよ)





 調べ物をしたり、食料の買い出しに行ったり、長めの風呂に入ったりしている内に、いつの間にか夕方になっていた。
 夕飯を済ませ、軽くストレッチをして身体をほぐした後、英気を養うためにも開始時刻前まで休んでおくことに決める。


 SNSを見ると、夕飯も母親と食べてくるという、恵梨香からの報告じみたメッセージが入っていた。
 それに加え、


《ねえさっちゃん。明日の創立記念日は一緒に遊ばない?お母さんお仕事行っちゃうからいないし》


(明日。明日か)


 小夜子が生き延びて。恵梨香が生き延びて。
 互いに明日相見えることが出来たなら、それは小夜子が、本懐を果たせたことを意味する。


(だとしたら、いいわね)


《おっけー、えりちゃん。明日は一緒に遊ぼうね。絶対やな!絶対やからな!》


 とメッセージを送って。
 スマートフォンを充電ケーブルに繋いで、枕元に置いた。


(うん、そうしよう)


 これは、願掛けであり、自分への言霊である。


 明日は、絶対に恵梨香と会うのだ。そう、絶対に。
 一人で力強く頷いて、小夜子はベッドに横になった。





 眠りが浅くなったところに光を感じたせいだろうか。
 それから1時間程度で、小夜子の眠りは中断された。


 キョウカのアバターが、枕元に立っていたのである。
 慌てて、跳ね起きる小夜子。


「キョウカ!」


 アンタ、大丈夫なの!?と言いかけて、口をつぐむ。
 そんな筈が、あるものか。
 大丈夫な訳がないのだ。


 やはり心配通りのようで、キョウカは相変わらず一言も発しなかった。
 本人の心理を反映するかのように、アバターの表情も、無表情で虚ろな目をしている。


 小夜子は声をかけるべきか逡巡した後。
 しばらくして、話しかける。


「……教授やテレビ局には、言ったの?」


 キョウカは、言葉を発しない。
 代わりに、頭をゆっくりと縦に振った。


「そう……じゃあ、対応はしてもらえるのね?」


 やはりこれにも言葉を返さない。
 そして、キョウカは首をゆっくりと横に振った。


「そんな……」


 がくり、と肩を落とす小夜子。


 そのまま、数分の時が流れた。


 小夜子が、目を伏せながら口を開く。


「謝って済むことじゃないけど……ごめんね。私の計画に付き合ったせいで」


 びくり、と一瞬キョウカの肩が震えた。
 だが、数秒の後。彼女は首を横に振る。
 ゆっくりと。だが、しっかりと。


 二人の間を、沈黙が支配する。
 再び、数分が過ぎた。


 キョウカの視線が枕と小夜子のパジャマを交互に行き来したのに気付き、小夜子が答える。


「ああ、夜に備えて、休んでおこうと思ったの……肉体的な疲労は持ち込まれないけど、精神面はそうはいかないしね。えりちゃんのためにも、今夜は絶対に負けられないから」


 キョウカが、それに頷いて返す。
 そして小夜子の近くへ歩み寄ると、ベッドの上に横たわり、目を閉じた。


 それを見た小夜子が、ゆっくりと、優しく問いかける。


「……一緒に、寝ようか?」


 キョウカは、横になったまま、頷いた。


 小夜子は、キョウカが胸元に来るように位置を調節すると、横になり布団をかけ、その中で、キョウカを腕で囲い込むように、抱いた。
 そして静かに目を閉じ、睡魔が再び訪れるのを、待つのであった。





「11月2日 月曜日 01:58」


 スマートフォンの時計が、もうじき対戦時間であることを、告げている。
 小夜子はベッドに腰掛けながら、その時を待っていた。


 少し前に目を覚ました時に、キョウカの姿はもう無かった。
 おそらく、面談時間を使い果たしたため、アバターを出現させられなくなったのだろう。


 だが、きっと。
 今も彼女は小夜子をモニターしているに、違いない。
 地球を四分の一周程離れた、どこかから。


 だから。


 何処から見ているかも分からぬ、キョウカに向けて、小夜子は親指を立てて、言った。


「じゃあ、行って来るわね。相棒」

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く