あなたの未来を許さない

Syousa.

第八日:01【御堂小夜子】

第八日:01【御堂小夜子】


「11月1日 日曜日 11:00」


 と表示されたスマートフォンから、古いロボットアニメの曲が流れる。
 小夜子が設定した、アラームの音だ。
 うつ伏せに寝ていた彼女は、もぞもぞとそれを解除しながら、


「もう、昼前か」


 と呟き、起きて伸びをした。
 スマートフォンを見ると、幾つかSNSの通知が表示されていたため、アプリを起動してみる。


《おはよう》
《お母さんと買い物出掛けてくる》
《『アリ男』って映画観るよ》


 数件、恵梨香からのメッセージが入っていた。


《おはようございました。楽しんでらっしゃい》


 メッセージを返し、立ち上がる。


(おばさんとの時間、いっぱい、楽しんでね。えりちゃん)


 そしてもう一度伸びをすると、昼からのキョウカとの面談に備え、早い昼食とシャワーを済ませるため、替えの下着を持って一階へと降りていった。





『昨晩の対戦記録を見せてもらったよ。何度も同じことを言っている気がするけど、本当、大したものだ』
「一応、ありがとう」


 肩をすくめながら、苦笑いをする小夜子。


「今夜は、【ライトブレイド】が相手ね」
『うん、まず間違いない。ヴァイオレットは相当頭にきているだろうからね。報復としてミリッツァに君を仕留めさせようとするに、違いない』
「アンタも仕返しが出来て、気分いいんじゃない?」
『まだ【ライトブレイド】戦が残っているさ。そこで負けたら何の意味もない』


 キョウカが、ちっちっちっ、と舌打ちしながら人差し指を左右に振る。


「あら。私は負けないわよ?」
『僕だって、負けるなんて思ってないさ』


 視線を合わせて、ふふふ、と笑い合う二人。


『で、次の戦いなんだが。今度はあの三人娘も、君のことを弱兵などと侮って油断はしないだろう。むしろ、強敵として認識されているはずだ。【ハートブレイク】ほど【ライトブレイド】が無茶な能力者だとは思えないが、舐めてかかってこない分、罠にはかけにくい、と思ったほうがいい』
「……そうね」


 今まで相手を倒してくることが出来たのは、やはり相手が小夜子の能力を誤認しているか、甘くみていたから、というのは大きいだろう。
 そういった油断を突くことが叶わない分、次戦はもっと思い切った戦術をとる必要があるかもしれない。
 小夜子は、そう思った。


『じゃあ、とりあえず【ライトブレイド】の能力予測から始めてみてくれないか。今までの対戦履歴から、どんな名前の相手を打ち破ってきたかで手がかりが掴める可能性がある……ん?』


 キョウカの言葉が、止まる。


「どうしたの?」
『いや、おかしいんだ。30分の面談時間に合わせてタイマーを設定しておいたんだけど、タイマーが、カウンターが、減らないんだ。ずっと、当初の残り時間を表示したままなんだよ』
「何それ、時計壊れたの?それともバグ?」
『わからない、こんなの、初めてだ』


 腕を組み、首をかしげるキョウカ。
 それに合わせて、小夜子も頭を傾ける。


 そのまま数秒が過ぎ。


 ふっ、と、二人の間に画面が浮かび上がった。
 一覧名簿や対戦成績ではない。何かの映像。


 画面に映っているのは、白い部屋だ。
 壁も、備え付けの家具も、白く、柔らかそうな素材でできている、不思議な部屋。
 小夜子は一目見て、それが21世紀のものではない、と気が付いた。


 部屋のある一角には、椅子とベッドの中間点のような形状をした器具が備え付けてあり、そこには、長い金色の髪をした少女が横たわっていた。
 小柄で、細い手足。肌の色からいって白色人種だとは思われる。
 頭部には、上半分にすっぽりとヘルメットのような器具が被さっていて、顔はよく見えない。
 横たわる彼女の薄い胸はゆっくりと上下に動いているため、生きてはいるようだ。
 だが、意識がないのだろうか。もしくは眠っているのかもしれない。


『僕の部屋だ……』


 訳がわからない、といった顔で画面を見つめるキョウカ。


「え!?これアンタなの!?キョウカなんて名前だから、もっと日本人っぽいかと思ってたわ」
『君達の時代から600年後だぞ?27世紀に人種もへったくれもないよ。僕の家は確かに日本からのルーツらしいけど、日本人の血なんてもう何十分の一かもわからないくらいさ』
「ほーん」
『でも、そんなことよりも』


 一体何故、こんな映像が流れてきたのか?


 ……ぷしゅ。


 画面の中で、部屋のドアが開く。
 そこから、4人ほどの人影が入ってきた。
 女性が2名に、男性2名である。


『ヴァイオレット!?それにアンジェリーク!?何でテイラーにマッケインまで!?』


 驚愕の声を上げるキョウカ。


 女性のうちの片方、栗色の長い髪をした女性が画面の方に向きを変え、まるでキョウカと小夜子に対し話しかけるかのように、口を開いた。


『キョウカ=クリバヤシ。自分の分も弁えずにこの私に楯突いた報い、いえ、ご褒美かしらね』


 うふふ、といった風に嗤う。


『それを、貴方にあげに来たわ。ありがたく受け取りなさい』


 そのままヴァイオレットが親指でくいっ、と合図すると、画面視点が、横たわっているキョウカの方にぐぐっ、と寄る。


 クローズアップされたのは、キョウカの胸元だ。
 そこに、ハサミのような物をもった男の手が伸び、指がスウェットのような衣服を掴む。


 そして、前を、つつつ、と切り裂いた。


 服の下から、少女の痩せた裸身が現れる。


『おい馬鹿やめろ!ヴァイオレット!やめろ!』


 キョウカが絶叫する。


『あ、ちなみにそっちで何か言っても、私達には聞こえないからね。でも、画面だけっていうのも可哀想だから、こっちの肉体が感じる感覚は、そっくりそのままあなたの意識にフィードバックするようにしておいてあげる』
『やめろおい!何するんだ!』


 半狂乱になって叫ぶキョウカ。


「キョウカ、早く身体に意識を戻して逃げなきゃ!助けを呼ぶのよ!」


 小夜子がそのキョウカに向かって声をかける。


『戻れないんだ!戻れないんだよ、サヨコ!』


 悲痛な面持ちで小夜子を見上げる。


『ファック!何か細工されてる!クソッ、僕が、アバターに同調して無防備になる瞬間を待ってたんだ、こいつら!』


 男達の手が、今度はキョウカのズボンに伸びる。
 ゆっくりとそれも脱がされ、もうキョウカが身につけているのは、下着一枚だけとなってしまった。


『やめろよ!おい!ヴァイオレット!アンジェリーク!テイラー!マッケイン!やめてくれ!』
『ああ、そうだ。言い忘れてた』


 叫び続けるキョウカを他所に、ヴァイオレットが再び口を開く。


『あなたの記念すべき卒業行事は、ちゃんと撮影しておいてあげるから、心配しないでね。27世紀に戻ったら、世界のみんなにも、こっそりと公開してあげましょう』
『ヴァイオレット!!』
『ああ、勿論、私達だって特定出来ないように細工しておくから大丈夫。人気者になるのは、キョウカ。あなただけよ。良かったわね』
『やめろおおおおおお!!』


 そして、最後の一枚にも指がかかり。


 陵辱が、始まった。





 画面には、醜悪な光景がずっと映し出されている。


『痛いよ、痛いよサヨコ。助けてよ、サヨコ』


 キョウカは、すすり泣きながら、悲痛な声を上げ続けていた。
 小夜子が、彼女をすくい上げて抱きしめようとするが、その手はキョウカのアバターをすり抜け、触れることも叶わない。


「キョウカ……!」
『気持ち悪いよお』
「私がいるわ、ここにいるわ」
『痛いよ、すごく痛いんだ、サヨコ』
「見ちゃ駄目よ、目を閉じていなさい」
『助けてよ、助けてよサヨコ』
「……キョウカ」


 キョウカを、身体で覆い隠すように這いつくばる。
 それが、小夜子に出来る唯一の行動であった。


 画面の中のヴァイオレットが、愉快そうに嗤っている。
 小夜子は、自分の中の赤黒い「何か」が、出口を求めてのたうち回っているのを、感じた。


 ……結局。


 ヴァイオレット達による「制裁」が終わるまでには、1時間以上を要し。
 その頃には、キョウカはもう、何も喋らなくなってしまっていたのである。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く