あなたの未来を許さない

Syousa.

第七夜:08【ミリッツァ=カラックス】

第七夜:08【ミリッツァ=カラックス】


「何だ、このバケモノは……!?」


 ヴァイオレットに頼んで回してもらった対戦データを見ながら、ミリッツァは唖然としていた。


【ハートブレイク】。
 ミリッツァの改竄で作り上げた、ヴァイオレット用の、最強の能力者。
 弱点属性さえ気を付けて対戦カードを組んでおけば、対戦者がどんなに馬鹿でも、負けることはない。
 ましてや、【スカー】は弱点属性以前の問題であった。
 負けるはずなど、無かったのに。


(それなのに、【能力無し】に負けた、だって!?)


 ヴァイオレットの馬鹿馬鹿しい目論見を潰されたのは、正直どうでもいい。
 だが、自分がお膳立てした計画が邪魔されたことについては、いささか以上に、腹立たしく不愉快であった。


「あのお子様がそんなに優れた指導者だとは、ね」


 キョウカ=クリバヤシ。
 ただお勉強が出来るだけで飛び級してきた子供。
 その認識を改める必要があるのだろうか?
 それとも、あの【スカー】という対戦者が、とんでもない掘り出し物だったとでもいうのだろうか。


(……だが、この時代、この地域で。対戦者に選ばれるような人間に、そんな大層な奴がいるわけが、ない)


 そう思っていたからこそ、ヴァイオレットにも、アンジェリークにも。対戦者自身の資質など、無関係に力を発揮できる能力を割り当てて、改竄を加えておいたのだ。
 まさか、自分の担当する対戦者があんな難物で聞かん坊だとは、思わなかったが。


 だが、結果的に三人の中で一番勝ち残っているのは、ミリッツァの擁する【ライトブレイド】である。
 能力の改竄も相手情報の事前提供も、全て拒絶してきた彼が。
 改竄前提で割り当てた能力ゆえ、他の対戦者と比べても、お世辞にも強いとは言えない彼の能力が。
 皮肉にも、【ハートブレイク】よりも、【ハウンドマスター】よりも。生き残り、勝利を挙げてきたのである。


(いや……逆なのか?強力な能力に後押しされずに戦い続けたことで、【ライトブレイド】も【スカー】も、成長してきたというのか?)


 だとしたら、自分は【ハートブレイク】と【ハウンドマスター】に、判断も駆け引きも必要としない型の強力な能力を与え、有利な状況のカードを組み、事前に相手の情報を与え続けておいたことにより、むしろ、彼女達に成長と経験を積む機会を失わせていたのかもしれない。


(人を無視して、環境とハードウェア的要素だけを整えようとした、私の失策とでも?)


 温室に植え、水と肥料をふんだんに与えた花よりも。
 荒野に育った花のほうが、大地に強く根を張るように。


 いや、そんな単純な例え話ではない。
 もっと、例えようもない、プラスマイナスだけでは説明の付かない世界。


(これが、人間を扱うということ?そして、これを理解させるための、実物を使っての試験、実験ということなの?)


 ……面白い。


 ヴァイオレットの御付の者Bとして、否応なくこの学部に入学することになったミリッツァであり、特に彼女自身が【教育運用学】を学ぶ意欲を持っていた訳ではない。
 富裕層ではありたいと思うが、支配者層でありたいとは考えてこなかった彼女にとっては、むしろ、意に沿わぬ進路であったのだ。


 だが、今。
 ミリッツァはこの時、初めて【教育運用学】、いや、人間という物に興味を抱いたのだ。
 打算と計算を基軸に生きてきた彼女にとって、これは転機と言うに等しい事態であった。


(もっと、いろんなパターンを知りたいな)


 極限状態に追い込まれた人間がどう動くか。
 どう成長するのか。どう変化するのか。
 絶望に陥った人間はどのようになるのか。
 そこから立ち直るのか、立ち直らないのか。


 色々な事例を、見てみたいと思ったのである。
 いや、色々な生のドラマを見てみたい、という方が正しいかもしれない。


 そう考えると、退屈で面倒な時間でしかなかった今回の考査も、急に、貴重で、興味深いものに思えてきた。
 今後もこういう機会を度々設けてもらえないだろうか、とすら。


 空中に画面を表示させ、モニターしている【ライトブレイド】を映し出す。
 今夜の不戦勝枠について散々不平を言っていた彼であったが、今は盛大にイビキをかいて眠りこけていた。


 今となっては、別に戦わせておいても良かったな、と思うミリッツァ。


(その方が、また色々なものを見られたかもしれない)


 だが、まあいい。
 次の晩、【スカー】と対戦させるのを楽しみにしておこう。
 その為に、彼に情報を一件教えてやるのもいい。
 事前情報自体は嫌がるだろうが、内容を聞けば、喜ぶ気がする。


(こんな考え方自体、以前の私ではしなかっただろうな)


 煩わしかった彼との面談すら、楽しみに思えてくるミリッツァ。
 微かな笑みが、浮かんだ。


 ぴぴっ。


 開けている画面の脇に、もう一つ画面が開く。
 ミリッツァがハッキングで用意した、3人が連絡をとるための、裏チャンネルについての表示だ。


「ヴァイオレットからのコール?アンジェリークも交えての通話?」


 敗退し、目論見が御破算になったことに対しての愚痴か、ぼやきか、はたまた恨み言か。


(やれやれ。あのワガママ娘へのフォローが必要だったな)


 心の中で呟きつつ、コールに出るミリッツァ。


 ……だが、ヴァイオレットからの通話は、そのどれでもなかった。
 中身は、提案だったのである。


 あまりに低俗で、卑劣な提案。おそらくは、今までで一番、最悪の提案である。


(我が友ながら、呆れるような内容だ)


 今までのミリッツァであれば、モラル面ではなく、リスクとリターンを考慮して、その圧倒的な天秤の傾きから反対していただろう。
 御付の者Bとして。


 だが。


(面白い)


 ミリッツァは、そう思った。
 だから、手を貸すことにしたのだ。


「分かった。ヴァイオレット。監視システムとロックへの干渉は大丈夫。で、アンジェ、その手のことが好きそうな奴で話に乗ってくるの、心当たりはある?」
『ん~、テイラー君はそういう趣味だったはず。あとはマッケイン君かな~?ちょっとタイプは違うけど、ゴメスも多分話に乗ると思うよ、性癖的に。ヘンネバリちゃんはそっち系だけど、男の子呼ぶなら止めたほうがいいと思う』


 何故学友の嗜好まで把握しているのかについては、突っ込んで聞かないことにした。


『流石アンジェね。そうね、テイラーは1回戦で負けているから意趣返しもあって話に乗りやすいと思うわ。まあ、その辺は私から説得しておくから』
「じゃあそれはヴァイオレットに任せよう。言い出しっぺだしね。テイラーへの裏通話チャンネルはもう少ししたら用意しておく。出来たら知らせるよ」
『オーケー。頼んだわ、ミリッツァ』


 通話を打ち切る。


(さて、準備をするか)


 メインフレームへの干渉用ソフトを立ち上げ、監視の目にかからないチャンネルを構築し始める。


(こういう時、人はどうなるのだろうな)


 色々な事例を、見ておきたい。色々な生の反応を、知っておきたい。
 こういう手段を取られた時に、どうなるのか参考にさせてもらいたい。
 ミリッツァは、愉しげにそう思った。


 そして、参考となる事例は、21世紀人でも27世紀人でも、どちらでも良いのだ。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く