あなたの未来を許さない

Syousa.

第七夜:06【ハートブレイク】

第七夜:06【ハートブレイク】


 自分が歴史上何の意味も無い存在だ、何にもなれない人間だ、とヴァイオレットから言われた時は、それは、腹を立てもしたものだ。
 だが今では、未来に行くことこそが、自分の運命だったのだと、【ハートブレイク】……河内樹里亜は思っていた。


(そうよ、私は未来に行って、スターになるの!)


 アイドル歌手グループのオーディションに落ちたのも、モデルオーディションに落ちたのも、読者モデルの反響が薄いのも、SNSが炎上したのも、この時代では私の素晴らしさを、スター性を、可愛らしさを、美しさを、理解できないから!生かしきれないから!認められないから!
 だから、この出会いは、この誘いは、運命だったの!
 スペシャルな私に用意された、スペシャルな運命!


 試験開始前からヴァイオレットの説得を受け続けていた樹里亜は、一週間かけてそう確信するに至っていた。


 報酬も魅力的だったし、何となく、ヴァイオレットとウマが合ったというのもある。
 加えて、彼女達が立てていた勝利への算段。それが気に入った。
 強化された能力、改竄されたステータス、仕組まれた対戦カード。負ける要素が、無い。


(こんなラッキーに巡り合うなんて、私はやっぱりスペシャルなんだわ!)


 おかげで樹里亜は、初日から喜々として相手を狩ることが出来たのだ。


 人を殺めることに対する嫌悪感は、あまりなかった。
 もともとモラルのタガがかなり緩かったこともあるが、こう見えて樹里亜は、「弱肉強食」がモットーだったのである。


(モブどもは、スターになる私の踏み台になるのよ)


 こうして彼女は、ヴァイオレットと連携してここまで勝ち残ってきたのだ。





 血を撒き散らしながら逃げる【スカー】を半ば呆然と見つめていた樹里亜であったが、しばらくして事態を飲み込み、くすりと笑った。


「馬鹿ね、あのおチビさん。私のバリアーに隙なんて、ないの」


 そう。この鉄壁の防御を、あの【能力無し】のメガネが突破することは、不可能なのだ。


「何をやったって、無駄よ」


 勿論、【ハートブレイク】でも防げない攻撃は、ある。


『ビームやレーザー、電撃、あと火には気をつけてね』


 と、ヴァイオレットは言っていた。その手の攻撃は、このバリアーでは防げないからだ、という。
 ではそんな能力者と当たったらどうするのか、と尋ねると、


『そういうのは当たらないように対戦カードを調整しておくから大丈夫。そして、そいつらには相性の悪い相手を優先的に組んでおいて、ジュリと当たるまで勝ち残らないようにしておくから安心して』


 そう、答えてきた。


 そして、概ねその通りに事は進み。
 今まで樹里亜がそういう類の能力者と対戦したことは、無い。


 今回に至っては、能力すら持たない地味女が対戦相手として組まれていたのだ。
 聞けば、4日目に八百長対戦で会った【ハウンドマスター】……海堂ナントカという男子高校生を倒したそうだが、蓋を開けてみれば、やはり樹里亜の【ハートブレイク】の敵ではなかった。


(ヴァイオレット、いい仕事するわネ!)


 実際にはいい仕事をしているのはミリッツァなのだが、樹里亜はそんなことは知らない。


(さて、そろそろ歩くのも疲れてきたし。私もちょっと真面目にやろうかな。【ナビゲーション】!)


 そう念じると、彼女の頭の中に声が響いてくる。


『斜め左前方、約120メートルです』


 頭の中に響く音声で、【スカー】の位置が案内された。
 視覚情報が何もないのが不便ではあるが、カーナビゲーションシステムの音声案内みたいなものだ、と思って今まで特に気にもしてこなかった。
 後は、案内に従って歩けばいい。現に、その手順だけで今まで4人の対戦者を倒してきたのだ。


 向きを変え、ナビされた方角を見やる。


 第一回戦の時からずっと、彼女は、走らない。
 走れば汗をかくし、メイクも崩れる。折角のヘアースタイルだって、乱れてしまう。


 それでは、駄目なのだ。


 スターを待つ、未来の視聴者のために。テレビ映りは、極力良くしておかねばならない。
【スカー】のように、ふらつきながら血みどろで逃げるなど、論外である。
 だから、優雅に。余裕を持って、敵を追い詰め、仕留めてきた。
「ハグしよ?」もテレビ放送を考えた上での決め台詞だ。


(だから今回も、私は急がない)


 髪を掻き上げ、笑みを作り、背筋を伸ばし。
 ゆっくりと、ペースを乱さぬよう、歩き始めた。





『目標近くに到着しました』


 幾つかの塀とフェンス、建屋を抜け。
 道路を歩いて辿り着いたのは、運送業らしき会社の敷地であった。


 その敷地の中央に、【スカー】が座り込んでいる。
 顔色が、悪い。
 が、無理もないだろう。彼女は右手を半ば失っているのだ。流した血も、地面についた血の跡からすると、結構な量になっているはずであった。


「は~い、【スカー】ちゃん?私とハグしましょ~」


 右手をひらひらとさせながら、【スカー】に向かって呼びかける樹里亜。
 その笑顔を見た【スカー】が、


「ひぃ!」


 と悲鳴を上げて、右手を押さえたまま、ふらふらと立ち上がり、後ずさった。


「どこ行くっていうの~?もう諦めなさいよ~」
「い、いや、助けて……!」


 命乞いをする【スカー】。
 恐怖のあまりだろうか。
 彼女のスカートの内側から、水気が滴る。
 ぽたぽたと垂れた液体が、地面に染みを作った。


「あらやだ、お漏らししちゃったんでちゅか~?ちゃんと替えのパンツ持って来たの~?」


 愉快そうに、嗤いながら言う樹里亜。
【スカー】は、悲鳴のような声を上げると、ふらふらとしながら、必死になって樹里亜から距離をとろうとする。
 それを見て、さらに嗤う樹里亜。


 駆けはしない。歩いて、後を追う。
 もう【スカー】の体力も限界に近づいているのだろう。
 その逃げ足は遅く、樹里亜の歩みと大差はない様子だった。


「いやぁぁぁああ!」


 悲痛な叫びを上げる【スカー】が、トラックの方へと逃げる。
 そこは、大型のトラックが並べて駐められている駐車スペース。可能な限り車輌を収容するためだろう。トラックとトラックの間は、人一人が通れる程度のスペースしか、なかった。


「助けてえええ!」


 泣き叫び、左右のトラックに身体をぶつけながら、トラックとトラックの間を懸命に進む【スカー】。
 だがそれは、むしろ逃げ場を失う行為であった。奥には高い塀。トラックは、かなりそれに近づけるようにバックで駐車されている。
 加えて塀とトラックの後背との間には、用済みのトラックタイヤが立てかけてあるのが樹里亜の位置からも見え、その隙間を通り抜けて左右へ抜けるのは、かなり手間であろう、と予測された。


 そして今、トラックとトラックの間を奥へと進んでいた【スカー】が、転んだ。


(終わりね)


 樹里亜が、【スカー】と同じトラックとトラックの間に、侵入する。
 後は、歩いて近づいて、殺すだけだ。


(いつもと同じ。私の踏み台になるだけの、モブ)


 だが。
 その足が、運転席の横あたりに差し掛かった瞬間。


 転んでいた【スカー】が、物凄い俊敏さで立ち上がり、樹里亜の方を向く。
 その顔を見た樹里亜の背筋を、冷たいものが走る。


【スカー】は、笑っていたのだ。
 今までの人生で、樹里亜が見たことがないほど、禍々しい笑み。
 見てはいけない物を見てしまったような恐怖感が、樹里亜の全身を硬直させ、精神を凍りつかせた。


 そして、その笑みに気を取られた樹里亜は、気が付かなかったのだ。


【スカー】が立ち上がるのと同時に、銀色の何かを投擲していたことに。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く