あなたの未来を許さない

Syousa.

第七夜:02【スカー】

第七夜:02【スカー】


【ハートブレイク】が、修理工場の机を、棚を、機材を粉へと変えながら歩み寄ってくる。
 粉が足下にさらさらと落ち、砂煙のごとく、拡散した。


(何だかよく分からないけど、あれに、近付くのはまずい!)


 小夜子は即座に判断し、障害物の間を走り抜け、工場の奥へ向かう。
 そして修理工場の裏口のドアを開け、そのまま外へと走り出た。


 工場の裏は高めの塀になっており、簡単には登れそうにない。
 塀向こうへ向かうのは諦め、塀沿いに走り、今いる修理工場の敷地から脱出することに、決めた。


(とにかく一度、あの女の視界から消えないと!)


 手にバールを持ち、ポケットにレンチを入れたまま走っているのでバランスも悪く、重い。
 だがそれでも、必死に小夜子は走った。


【モバイルアーマー】戦を、思い出す。
 強力な近接戦闘力を備えた相手に対し態勢を立て直すには、とにかく一度離脱せねばならない。
 塀を、壁を、建屋を使い、相手の死角に入る。距離を稼ぎ、視界から消えるのだ。
 一度見失えば、敵は探索をする必要に迫られる。だから、隠れている間は時間を稼ぐことが出来る。
 その間に、考察と、対策と、準備を行うのだ。


 小夜子は修理工場の敷地から飛び出すと、回れ右して道路沿いに全力疾走し、他の敷地を目指す。
 あまり長く走っても、【ハートブレイク】が道に出た時に小夜子の後ろ姿を発見される恐れがあった。
 だが、隣では危険すぎる。
 そのため、二つ隣の敷地程度で妥協し、そこへと踏み込んだ。


 門も塀もないアスファルト敷きのそこは、半分程度が駐車場スペースになっており、あと半分は「西脇ねじ 第2倉庫」と書かれたシャッターが降りた建屋が建っているだけだった。建物は文字通り、倉庫である。
 一つ手前の敷地が「西脇ねじ」という看板が書かれた小規模な工場だったので、そこが従業員向けに用意した駐車場なのだろう。
 倉庫のシャッターが開くか試みる余裕はない。開いている可能性は、そもそも低い。中に入るのはすぐ諦め、小夜子は脇を走り抜け、倉庫の裏側へと、向かった。


 飛び込むように裏側へ駆け込むと、小夜子は壁にもたれながら胸をなでおろし、息を吐く。


(これで、とりあえず姿をくらますことが出来た)


 そしてそのまま深く呼吸を繰り返し、息を整え、小さく呟いた。


「【能力内容確認】」


 すぐ前に、浮かび上がる文字列。


 能力名【ハートブレイク】。


 まず、白文字で書かれた能力の主たる部分に、目を通す。
 既に能力の発動を目視していた小夜子のバイオ人工知能が、相手の能力内容を開示していた。


・固形物を分解する障壁を、任意で発生させる。


(これか……)


 先程の光景が、脳裏に蘇る。
【ハートブレイク】の歩みに合わせ、塵と化し、崩れ、煙となっていった机や棚。
 木やプラスチックだけではなく、硬い金属でできた丈夫なインパクトレンチまでもが、同じように崩れ去っていた。
 固形物であれば、素材や硬さは関係なく「分解」出来てしまうらしい。


(当然人体も、よね)


 つまり、その障壁とやらに小夜子が捉えられたら、その時点でほぼ終わりということになる。
 致死でなくとも、四肢を失うのは確実だろう。


【ハートブレイク】が机を分解していた様子を、もう一度思い出す。
 机を分解しているという「障壁」は、小夜子には視認できなかった。


(バリア自体は見えないってことか)


 おかげで間合いも範囲もわからないが、10メートル以内まで近付かれても小夜子自身への攻撃はなかったので、遠距離への攻撃能力は有していないものと思われる。
 そして、机が分解され始めた状況からいって、おそらく射程は至近。
 ほぼ、近接攻撃のみの能力と推測された。


 そしてこの「任意で発生させる」という文章。
 射程内の意図した場所に障壁を発生させる、と言えば聞こえはいい。
 だが、小夜子は逆の認識をしていた。


(意図していない場所には出せないのか)


 そこが、狙い目だ。
 そう、小夜子は考えた。


 推察を進めるほどに、小夜子は冷静さを取り戻していく。
 今までの戦いで得た経験が、くぐり抜けた死地が、彼女を鍛え、隠れていた本質を磨き上げていた。
 あの晩からの。覚悟を決めた、あの日からの。
 この精神面での変貌が、小夜子の最大の強みであった。


 続いて、黄色の文字列。
 補足説明や条件、制限の項目を読む。


・分解した対象物の運動エネルギーを奪う。


(なんのこっちゃ)


 首を傾げる。
 数秒して、分解された物が塵となり真下へ落下していた光景を思い出した。
 あれを目撃していたから、この補足説明が開示されたのだろう。


(……だから、何なんだろう)


 これが何を意味するかは、小夜子には分からない。
 そして実際、小夜子に対しては全く意味の無い箇条でもあった。


 まあいいか、と鼻で息をつき、表示を閉じる。


(とりあえず、今のところ判明しているのはこの程度か)


 攻防両面の役割を持つ、「分解」の障壁。
 通常の物理的な攻撃であれば、ほぼ完全に無効化出来る筈だ。


 強い。
 強力な能力である。
 どんな打撃、斬撃、質量攻撃も無力化する防御力。
 あらゆる装甲を分解し、塵に変える攻撃力。
 矛盾はしないが、まさに最強の盾と矛である。


 だが。


(それだけなの?)


 心の何処かに残る、拭えぬ違和感。


 確かに、強力な能力だ。相性によっては、完全試合ともなりうる。
 だが、火や電撃といった能力……一覧名簿から「いるだろう」という予測でしかないが……を持つ攻撃を防げるとは思えないし、小夜子が活路を見出したように、背後や視界外からの奇襲攻撃に「任意」で対応するのは難しいだろう。
【モバイルアーマー】や【グラスホッパー】になら相性だけで勝てそうでもあるが、もし【アクセレラータ】が相手だったら、背後からの高速奇襲で為す術もなく倒されそうだ。


(えりちゃんの【ガンスターヒロインズ】なら、死角から撃つなり遠目から狙撃するなりで簡単にケリがつくはず)


 ……強力ではあるが、最強とは言い難い。
 人間の意識、反応や知覚には、限界があるからだ。
 本来のエンターテイメント番組という性質から考えれば当然の弱点ではあるが、不正行為で選ばれた対象という見方をしている小夜子には、些か物足りなく思えた。
 それが、ずっと残り続ける違和感なのである。


(最強というのは、心配し過ぎなのかな)


 キョウカは『連中は、勝ちやすい対戦相手を選んでカードを組んでいる』と言っていた。
 小夜子も、彼女の予想は正しいだろうと思う。


(なら、今までは相性ジャンケンで勝ってきただけなのか)


 いや、でも、やはり、と再び顎に手を当てた小夜子の思考は、突如中断された。


 視界に入れつつも見てはいなかった倉庫の壁。
 その一部に、突然、音もなく穴が空いたのだ。


 ぱらぱらと、粉になった壁面が下に落ちて煙をあげる。
 そして、その穴から一人の少女がゆっくりと歩み出てきた。


 勿論、【ハートブレイク】である。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く