あなたの未来を許さない

Syousa.

第七夜:01【スカー】

第七夜:01【スカー】


 どくん!


 鼓動。
 そして、小夜子の視界に光が戻り始める。


(転送が終わったわね)


 今度の戦場は、昼間が舞台か。
 小夜子は、陽で照らされたアスファルト道路の上に立っていた。
 普通の、片側1車線の道路である。少し先には交差点、反対側やや遠目にも交差点があるようだ。
 道路の脇には自動車修理工場や小さめの金属部品の工場、倉庫とおぼしき建物や、建機を敷地内に並べた何かの会社らしきもの。また、大きなトラックを何台も駐車場に並べた運送会社も見受けられる。
 比較的小規模に用地が区切られていて、地場企業が多く入っているらしい。


 高校生の小夜子には縁の無い、建築業や工場、運輸業向けに用地を整備した、工業流通団地。その一角のようであった。


『空間複製完了。領域固定完了。対戦者の転送完了』


 アナウンスの声が、頭の中に響く。


『Aサイド!能力名【スカアアアア】!監督者【キョウカ=クリバヤシ】!』


 小夜子の能力名、【スカー】が浮かび上がる。
 戦績は「4勝0敗2引き分け」。


『Bサイド!能力名【ハァァトブレェェイク】!監督者は【ヴァイオレット=ドゥヌエ】!』


(ビンゴ!)


 予測通り、【ハートブレイク】と対戦が組まれていた。
 相手の対戦成績は、「4勝0敗1引き分け」。
 小夜子より1戦分少ないのは、昨夜の不戦勝のためか。


『対戦領域はこの団地の一角です。領域外への離脱は、即、場外判定となります。目印となる壁面が無いので、各人でご確認下さい。対戦相手の死亡か、制限時間4時間の時間切れで対戦は終了となります。時間中は監督者の助言は得られません。それでは、対戦開始!健闘をお祈りします!』


 ぽーん。


 いつもの間の抜けた音が、対戦の開始を告げる。





「【対戦エリア表示】」


 小夜子の視界に、オレンジ色の場外バリアが表示される。
 領域は、かなり広めのようだ。おそらく、300~400メートル四方はあるのではないか。
 建物も多く、隠れる場所にも困らなさそうではある。
 それは勿論相手にも言えることではあるが、奇襲を必要とする小夜子にとっては、なおさら重要な要素であった。


(まずは武器を調達しないと)


 視界内に【ハートブレイク】がいないことを確認し、まず、手近な建物に向かう。


 どうやら、自動車の修理工場らしい。
 日中の営業時間内に空間が複製されたのだろう、工場のシャッターは開けられており、侵入は容易であった。
 中に入って少し見回しただけでも、作業中の車の脇にも、工具置き場にも。そこかしこに工具があり、武器としての調達、転用が期待出来そうである。


 まず手にとったのは、バール。
 そこそこの重量で、攻撃力もリーチもある。もし逃げる場合には放り出すつもりで、手にとっておく。
 次に見つけたのは、中型のモンキーレンチ。握りやすくて、殴りやすい形状。スペア武器として、これも入手しておいた。
 とても武器にならなそうな小さなスパナも数本、ポケットに入れる。投げれば、【アクセレラータ】戦のように相手の能力を探る役に立つかもしれない。
 他にも大小のハンマーなどがあったが、重量と収納の関係もあるので、とりあえずは見送っておいた。
 一度物色はしたが、まだまだ工具は残っている。武器を損耗した後にまた来れば、他の工具で再武装が出来そうだ。


(流石にこういう場所は、凶器には事欠かないわね)


 他にも工場はあるので、今回の戦場では武器の調達には苦労せずに済むかもしれない。
 これは小夜子にとって、前向きな材料であった。


(次に考えるべきは、相手の能力)


 能力名、【ハートブレイク】。
 予測を立てていた小夜子は、事前に名前から内容を推測出来ないかと、辞書で調べもした。
 だが、翻訳すると、能力名の意味は「失恋」。
 残念ながら、名前から内容を推測するのは難しかったのである。


 推測できなければ、探るしか、ない。
【アクセレラータ】戦のように、小夜子自身は隠れながら相手の能力発動を促し、そこから対策を考えるのだ。


(そのラインでいくしかないか)


 だがその時。


「【スカー】、みーつけた!」


 と、女の声が聞こえてきた。
 振り返る小夜子。


 小夜子が今物色している修理工場の前。道路の上に、一人の少女が立っている。
 ウェーブのかかったセミロングの茶色い髪。メイクをしているのが、遠目にも分かった。
 スクールシャツの上にベージュのカーディガンを羽織り、グレーとホワイトを主体としたチェック柄の制服スカートは、少し風が吹けば下着が見えそうな程に短い。
 そんな少女が、手を振りながら小夜子へ向かい歩き、迫ってきたのだ。


 その、あまりにも無警戒な姿に、小夜子は一瞬、相手と自分が殺し合いの場にいることを忘れる。
 だがすぐに頭を振って、呆けた自分に活を入れると、修理工場の奥へと後退を始めた。


(クソ!いきなりなの!?なんかこういうの多すぎない!?私)


 心のなかで毒づく。
 が、小夜子は他の対戦者と違い、まず武器の探索と調達、という準備が必要とされるのだ。
 そのため、索敵について相手が先行する展開は、必然とも言えた。


【ハートブレイク】は、まっすぐに進んでくる。
 確かに、背景からいって彼女は小夜子が【能力無し】であることを知っているはずだ。
 とはいえ、これはあまりにも無防備で、そして強気過ぎる行動であった。


 その歩みは止まらない。
 ついに、修理工場の建屋の中に足を踏み入れてきた。


 後退した小夜子と彼女の間には、様々な自動車部品や機材が置かれ、障害物となっている。
【ハートブレイク】が小夜子に肉薄するには、それを迂回するか、障害物の間を縫って接近する必要があるのだが。


 しかし、彼女はそのどちらも選択しなかった。
 する必要がなかったのだ。


 乗用車、そして中型トラック用のインパクトレンチや各種ソケットが整理され並べられた作業机。
 それが、最も【ハートブレイク】に近い場所にあった障害物である。
 彼女は歩調を大幅に緩めるものの、避けもせずそれに向かう。


 そして、ゆっくりと机に触れた。
 その瞬間。


 作業机も、上に並べられたインパクトレンチもソケットも。整理するためのプラスチックの箱も。
 彼女の身体の動きに合わせて文字通り粉々に……いや、粉となり、足下へと崩れ落ちていく。


「はあああああ!?」


 小夜子の目が、驚愕で大きく見開かれた。
 情けない声を上げた口も、顎が外れんばかりである。


 その様子を見て、【ハートブレイク】は気を良くしたのだろう。
 フフフ、と愉しげに嗤う。その瞳は、嗜虐の光を湛えていた。


 そして両手を小夜子に向かって広げ、舌なめずりをすると、甘い声を出し、言った。


「さあ……おチビさん。私と、ハグしましょ?」

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く