あなたの未来を許さない

Syousa.

第七日:04【御堂小夜子】

第七日:04【御堂小夜子】


 今日は10月31日、土曜日。
 明日は11月1日、日曜日。
 明後日は11月2日、月曜日だが学校が創立記念日で休み。
 明々後日は11月3日、火曜日。これは文化の日で祝日。


 つまり、残った対戦者の数から残り対戦数を推測すれば、おそらく今日が小夜子にとって最後の登校日となる。
 勿論、恵梨香にとっても、だ。


 そんな惜しむべき最後の下校時間を、小夜子と恵梨香は手を繋ぎながら帰っていた。


「明日から、連休だね」
「えりちゃんは、何かするの?」
「明日はお母さんとお出かけ。買い物行って映画観てくるの。お母さん、月曜から会社にカンヅメなんだってさ。帰ってくるのは、6日の夜だって言ってた」


(そうすると、明日でおそらく、えりちゃんはおばさんとお別れになるのか)


 恵梨香の心中を思い、小夜子の眼球の裏と鼻の奥が、物が詰まったかのように圧迫される。


(そうね。家族とそういう時間をしっかり持っておいたほうがいいわ)


 きっと、その記憶は。恵梨香の力になるだろう。
 その思い出が。恵梨香が狂気の淵へ沈むのを防ぐに違いない。
 戦いの最中でも。未来に行っても。


(それがいいと思うわ)


 一人目を閉じ、頷く。


「どうしたの?」


 そんな小夜子の様子を見て、恵梨香が問いかける。
 慌てて取り繕う、小夜子。


「おばさん、忙しくない部所に移れたと思ったのにねえ」
「何か、増刊号があるから大変らしいの、今月は」
「へえー」
「さっちゃんの方は?どうするの?」
「お休みっていうのはお外に出なくていい日のことを言うのよ?勿論、家にいるわ」
「うわ、引っきこっもり~」


 あはは、と笑い合う。


 他愛無い。
 でも、かけがえのない、時間。


 ずっと、この時間が繰り返してくれればいい。
 アニメや漫画、ゲームなら、いくらでもループ物があるのに。


(あの小説の娘も。アニメのあの子も。あのゲームの男も。みんな、みんな、羨ましい)


 なのに何故、私達の時間は、有限なのだろう。
 小夜子は、そう思った。


 しばらく歩いていると、恵梨香がふと思い出したように、問う。


「そう言えば、さっちゃんを迎えに行った時、教室にいなかったけど。何処行ってたの?ケータイ置いたままで」
「ん?トイレよ?BIG BONUSの方」
「……それは失礼しました」


 嘘である。
 恵梨香に無駄な心配をかけまいとするための、偽りだ。
 だが、幸い恵梨香も、それ以上は聞いてこなかった。


 何の気なしに、小夜子も問い返す。
 特に何かを意図した訳ではなく、ただ単に話を逸らすために。


「えりちゃんこそ、吹田先輩の方は良かったの?」
「うん、別れてきた」


 へー、と何も考えずに相槌を打つ小夜子。
 恵梨香が何を言っているのかよく分からなかったので、言葉をリフレインし、頭の中で整理する。


 整理出来た。


「はぁぁぁあああああああああ!?」


 素っ頓狂な声を上げる小夜子。
 すれ違った自転車の主婦が、驚いた顔をして一瞬振り返り、遠ざかっていく。


「ちょ、さっちゃん、声大きい」
「何でよ!?何やってんの!?馬鹿じゃないの!?仲良かったじゃない!」


 小夜子にとっての二人は、絵に描いたような健全な男女交際の模範イメージであった。
 恵梨香からも、どこに出掛けたとか何をして遊んだとか、しょっちゅう聞かされたものだ。
 小夜子も彼女のことを思えばこそ、痛む胸を押さえつつ、甘んじてその話をよく聞いたものである。
 なのに。何故。


「落ち着いて、さっちゃん。どうどう、どうどう」
「どうどうじゃないわよ」


 何故か小夜子の方が取り乱す、妙な状態となった。


「何でそんなことになってるの」


 問いかける、小夜子。


(吹田先輩のことだって、えりちゃんの心の支えになるはずなのに)


 恵梨香は「うーん」と唸っていたが、しばらくして、ぽつりと言った。


「私はもう、あの人に何もしてあげられないから」


 それを聞いて、小夜子は目を閉じ。深く、息を吐く。


(ああ、そうか)


 恵梨香は、彼のことを案じたのだ。
 対戦に負ければ、今夜にでも恵梨香は死ぬ。それこそ、死体も残さずに。
 たとえ勝ち抜いたとしても、どのみちあと数日でこの時代からは消え去るのだ。


 だから。


 自分の影を、彼が追わないように。彼の心を、縛らぬように。
 恵梨香は。身を引いておいたのだ。
 あるいは、自分が悪者になってでも彼から距離をおいたのだろう。


 だが、小夜子がそのことを理解した、と悟られる訳にはいかない。
 同じ対戦者であると、知られてはならないのだ。


 それ故、小夜子は敢えて彼女を慰めなかった。
 言えば、ボロが出そうだ。


「そうなのか……男女の機微?って奴はよく分からないわ」


 だから、恵梨香の心情など分からない、と嘘をつく。


 恵梨香は何も言わず、ただ、寂しげに前を向いていた。


 今の言葉で余計、傷つけてしまったのだろうか?
 その懸念が、小夜子を焦らせる。
 二人の間に流れる沈黙が、冷静な思慮を妨げた。
 耐え切れなくなった小夜子が、とにかく何か言葉を繋げなければ、と口を開く。


「大体私、恋愛とかしたことないしね」


 嘘の多い、一日である。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く