あなたの未来を許さない

Syousa.

第七日:03【中田姫子】

第七日:03【中田姫子】


 友人達と。
 唖然とした顔で、それを見つめていた。


 1分近く続けられた辺りで慌てて皆で二人を引き剥がし、中断させる。


 きゅぽん、と音がしそうな勢いで、小夜子と恵梨香の唇が離れた。


「そ、そこまで本格的にやらなくてもいいよ」


 と、他の友人が言った。あれは誰だっただろうか。思い出せない。


 そう、あれは「結婚式ごっこ」。
 次は姫子が花嫁役を務める順番だった。


 姫子は花婿役を指名するために、その後すぐに恵梨香に話しかけたのだ。
 恵梨香は「いいよ」とすぐに花婿役を引き受けてくれた。
 その彼女に対し、姫子は、


「わ、私達もさっきの、やってみない?」


 と提案をする。
 だが、それに対しての恵梨香の返答は、


「えー、やだ」


 という拒絶であった。


「何で!?小夜子ちゃんとはしてたじゃない」


 興奮した声で問う姫子に対し。
 恵梨香は涼しい顔をしながら、一言だけ返してきた。


「さっちゃんは、別にいい」





(……嫌なコト思い出した)


 鼻をハンカチで押さえながら、姫子は心の中で呟く。


 血はもう、止まりかけていた。鼻骨も、折れたりはしていないようだ。
 腹の方も、蹴られた時は悶えていたものの、今では大分落ち着いた。大事には至っていないだろう。


「何なのよ、あのサイコ女!」


 佐藤が、声を荒げた。


「これは立派な暴力事件よ。先生に言って、アイツ退学にしてやろうよ。少なくとも停学は免れないわ」


 腹をさすりながら、本田が報復を提案し、


「ね、中田」


 と姫子に同調を求めた。


「……そうね」


 問われた姫子は、心ここにあらず、といった様子で返事をする。
 そのまま二人が小夜子への報復について作戦を練っている間、姫子はずっと黙ったままであった。


 校舎裏から校舎内へと戻り、そして自分達の教室がある階へ向かう。
 その途中で、三人は一人の生徒と遭遇した。


 長野恵梨香である。


 恵梨香は姫子を見つけると、声をかけてきた。


「あ、姫子ちゃん。さっちゃん何処にいるか知らない?ケータイは教室に置きっぱなしだったから連絡も取れないし……で、他の子から、姫子ちゃん達と一緒に歩いてくのを見た、って聞いたんだけど」
「……ごめん。知らない」


 恵梨香から目を背けながら、姫子は小さく答えた。
 そこに、佐藤が割り込む。


「長野さん、見てよ、中田の顔。この血のついたハンカチ!これ、ミド……御堂の奴にやられたんだよ!?」


 姫子が手で止めようとするのを振り払い、佐藤がまくし立てる。
 恵梨香は姫子の様子を数秒観察していたが、「ふーん」と遅れて相槌を打つと、


「姫子ちゃん、さっちゃんに、また何かしたの?」


 と、静かに言った。
 静かで、優しく。だが、とても暗く。そして、怒りに満ちていた。
 それを察した姫子が、びくっ、と震える。
 だが、そのことを理解しない佐藤は、さらに言葉を続けていく。


「長野さん、何言ってんの!?中田がやったんじゃなくて、御堂にやられたんだよ!?」


 恵梨香が佐藤を一瞥する。
 普段の恵梨香からは想像できぬような、冷たい瞳。
 視線を合わせてしまった佐藤が、思わず気圧され、後ずさる。
 恵梨香はすぐに姫子に向き直ると、


「姫子ちゃん。私、中学の時にちゃんと言ったよね?次に、度を超えて何かしたら、許さないって」


 先程と同じ、静かで優しい声で、問いかけた。
 姫子は、返事をしない。俯いたままだ。
 今度は、本田が割り込んでくる。


「中田だけじゃない、私や佐藤も暴力を振るわれたのよ!?私達、今から職員室に行って、先生に言ってやるんだから!」
「へえ」


 恵梨香が片側の唇を、釣り上げる。


「じゃあ私は、『貴方達三人がよってたかって御堂さんに暴力を振るおうとしていた、それに対して御堂さんは必死に正当防衛をしただけです』って先生達に証言するね。『私はこの目で見たんです』って」
「はあ!?何で?何言ってるの!?長野さんはいなかったじゃない」


 本田が食いつく。
 だが恵梨香は、笑みを浮かべたまま、彼女に言い返した。


「ええ。いなかったわ。でも、生徒会も務めていて覚えも良い私の証言と、貴方達の証言と。先生方は、どちらの言うことを信じると思う?いいえ。どちらの証言を信じたがると思う?学年の皆は?先輩方は?後輩達は?私と貴方。どっちの言うことを信じると思うの?」
「なっ……」
「貴方達がやるっていうなら、私も徹底的にやらせてもらうけど」


 恵梨香の言葉と態度に、完全に飲まれる本田。


「な、そんな、長野さん」
「私がやらないと思うの?だとしたら、認識不足も甚だしいと思うよ?」
「だって……」
「分かったら、大人しくしててね?私、今の時点でもかなり怒っているから」
「うう……」


 佐藤に続き、本田も気圧され、萎縮し。姫子の背中に隠れるように後退した。


「何で……」


 ここに来て、ようやく姫子が口を開く。


「恵梨香は、何でそこまでして御堂を庇おうとするの?おかしくない?」


 意を決して、恵梨香の目を見つめる。


「何でって、決まってるでしょ、姫子ちゃん」


 表情は、一見すればいつもと変わらない。
 優しい微笑み。
 だが、その目は。
 今までに見たこともないほど、恐ろしく冷たい光を湛えていた。


「さっちゃんは、私の一番大切な友達だもの」


 恵梨香は、その瞳で見据えたまま。


「貴方なんかとは違うの」


 姫子の心を引き裂いた。


「じゃあね。さようなら。【中田さん】」


 そしてそのまま恵梨香は、三人の前から立ち去っていく。
 おそらく、小夜子を探しに向かったのだろう。


 三人はしばらく、動かなかった。いや、動くことが出来なかった。
 だがやがて、立っていられなくなった姫子が、膝から床に崩れ落ちる。
 慌てて佐藤と本田が手を貸そうとするが、姫子は立たない。立ち上がれない。
 恵梨香の言葉で裂かれた心が。彼女が自らの足で立つことを許さなかった。


 数分後、二人に肩を貸されるまで。
 姫子は床に座り込んだまま、焦点の合わぬ目で、茫然自失としていた。


 こうして。


 中田姫子の10年越しの初恋は、この日、終わった。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く