あなたの未来を許さない

Syousa.

第六夜:02【スカー】

第六夜:02【スカー】


(たくさんある病室の中から、一発でここを探り当ててきたの!?)


 探索中に、他の病室がこのように押し開けられようとする音は聞こえなかった。
 相手は、この病室に小夜子がいると分かって、仕掛けてきたのだ。
 つまり、【ハウンドマスター】は彼女の居場所を探る手段を持っているということである。


 どん。
 どんっ。


【ハウンドマスター】、もしくはその【猟犬】とおぼしきものが、断続的に引き戸を圧迫し、揺らし続けている。
 どうやら、体当たりをしているらしい。
 このままではやがて、加えられた力で戸が外れてしまうだろう。


 どん。
 どん!


 小夜子は急ぎ、最寄りのベッドからシーツを引き剥がす。
 そして入り口まで駆け寄ると、シーツと果物ナイフを構えて戸の脇に身を寄せた。


 どんっ。
 どんっ!
 がこん!


 騒々しい音を立てて、押し倒される引き戸。
 戸を倒しつつ病室へと侵入してきた「何か」の正体を確認する前に、即座に小夜子はシーツを被せる。
 そして、視界を塞いだ相手に対し、果物ナイフを滅多刺しに突き立てた。


 躊躇する様子など、微塵も無い。恐るべき冷徹さである。
 小夜子の「覚悟」が。恵梨香への「思い」が。
 既に人としての正常から、小夜子の足を踏み外させているのだ。


「ぎゃあああうううっ!」


 と大きな叫び声を上げる「何か」に対し、手を休めること無く、全力で刃を刺し入れる。
 骨らしきものにも何度か当たる。その感触が手に返ってくるが、構わず続ける。
 銀色の刃がシーツに埋まるたびに、白い生地が赤く染まっていった。


 息が切れるまで続けたところで、小夜子は初めて手を止める。
 ナイフを見ると、先端は欠け、刃にはべっとりと脂がついていた。比較的、作りがしっかりとした果物ナイフであったが、こうなってしまっては無残なものである。


 続いて、シーツをめくる。
 取り払って、小夜子は思わず「うっ」と声を上げた。


 それは、白いモノ。白い、人の形をした異形であった。


 まるで湿った紙粘土のような、体毛のない肌。
 目も耳も頭髪も無く。顔には大きく発達した豚のような鼻と、醜く裂けた口が付いていた。口の中には、ギザギザに生えた牙が無造作に並んでいる。
 人の形を模したものに、人ならざるものがついた、怪物。
 それが、絶命していた。


 悪夢やホラー映画にでも出てきそうなその不愉快な造形に、小夜子は思わず眉をひそめる。


(これが【ハウンドマスター】……?いや、違う)


 直感で、相手の能力は変身の類ではない、と理解した。
 これは、【猟犬】だ。これが、【ハウンドマスター】が使役する武器なのだ。


 あらゆる趣向をこらして不快感を煽るその姿を「めっちゃキメぇ」の一言で片付けつつ、小夜子は死骸を観察した。


 目と耳が無いのは、知覚に視覚と聴覚を利用していないからだろうか。
 逆に特徴的な鼻は、嗅覚で獲物を嗅ぎつける姿を容易に想像させた。


(嗅覚探知なら、たくさん並んだ病室の中から一発で私の居場所を突き止めてきたのも納得できるか……目が見えないなら、シーツを被せる必要は、無かったわね)


 そして武器は、この醜い牙と膂力という訳か。
 サイズや見た目こそ細身の人間程度だが、かなりの力の要求される方法で、まさに今、病室へと侵入してきたばかりなのだ。
 もし掴まれでもしたら、振りほどけるかどうかも分からない。
 防御力は大したことが無いにしても、その攻撃力は十分人間を殺傷するに足るものだろうと予測できる。


 そこまで考えたところで、


(大したことが無い、って!?)


 小夜子は、はっ、とした。


 そうなのだ。あまりにも、呆気なさ過ぎるのだ。
 人型を模しているとはいえ、ナイフがあっさり通るほどの柔らかさ。不意打ちとはいえ、いきなり小夜子に倒されてしまう程度だ。反応や動作も、機敏とは言い難かった。
 小夜子はともかく、【能力】を持った他の対戦者を相手にして、とても通用するとは思えない。一体どうやってこれまでに二人も屠ったというのか。


(イカサマで強い能力を選んでいるはずなのに、おかしいわ)


 疑念を抱いた瞬間。


「おぉぉおおぉおぉおおう」


 という、苦悶のような叫びが、遠くから聞こえた。
 それに続いて、もう一つ。


「おぅううおおおううぉおおう」


 同様の、悶えるような叫び声。


 小夜子は、直感的に理解した。


(ゲームなら、よくあるタイプの奴だ)


 舌打ちし、自分の勘が正しいか、照合するために呟く。


「【能力内容確認】」


 今までの推理が合っていれば、その分も反映されて表示されるはずである。


 浮かび上がる文字。


 能力名:【ハウンドマスター】


 まず白字で書かれた、メインの能力を読む。
・【猟犬】を召喚する。
・【猟犬】に敵を襲わせることが出来る。
 ここまでは、既に確実になっていると言える部分だ。問題はこの先である。


 その下に続く黄色の文字列は、制限や補足説明の部分。そこには、
・【猟犬】は、嗅覚で敵を探知する。
・【猟犬】が1匹倒される度に、一定時間(要調査)の間隔をおいて、新たに2匹を召喚することが出来る。
 と、小夜子の予測通りの内容が、記されていた。


(やっぱり!)


 つまりこれは、【猟犬】を返り討ちにする度に【ハウンドマスター】の戦力が増強されていく、ということであった。


 確かに猟犬一匹一匹は、能力持ちの対戦者にとっては大した脅威ではないだろう。
 だが。複数いればどうか。しかもそれが、増え続ければどうなるか。
 ……やがては、対応できなくなるはずだ。
 おそらく、その特性を利用して相手を倒してきたのだろう。


(でも、この能力の強さは「倒されて増える」ことじゃない)


 気付いた小夜子の耳に、


「ぎゃぁああうっ!」


 という叫び声が聞こえた。
 先程も聞いた、【猟犬】が死ぬ時に上げる、断末魔。


 何故、【猟犬】は死んだのか?
 予測は簡単についた。
【ハウンドマスター】が、片方の【猟犬】にもう片方の【猟犬】を殺させたのだ。
 そう。言わば「共食い」。


 どうしてか?
 簡単な話だ。
 相手に【猟犬】を倒してもらわなくても、自力で召喚数を増やす方が、確実で手っ取り早いからだ。


 そのために。「共食い」で数を増やすために。
 敢えて小夜子に殺させて、作ったのだ。最初の共食いペアを。
 容易に倒せた最初の一匹は、相手の罠。そのトリガーだったのだ。


「実にクソッタレね」


 小夜子はため息をつき、面倒臭げに、そう吐き捨てる。


 そして、静かに行動を開始した。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く