あなたの未来を許さない

Syousa.

第六日:04【御堂小夜子】

第六日:04【御堂小夜子】


『そしてここからが本題なんだけど』


 その声で、小夜子の意識は赤黒く湿った世界から引き戻された。


『……聞いてるかい、サヨコ』
「ゴメン。続けて」
『5回戦も終わって、残りの対戦者は君を含めて13人。これからもあの三人は、身内同士のマッチングや不戦勝枠を利用して勝ち進めると思われる』
「でしょうね」


 相槌を打つ。


『そしておそらく、君の存在も必勝枠として利用されるだろう』
「どうして私を?私があいつらを狩るのよ?」


 小夜子のその発言に軽く驚いた様子をみせたキョウカであったが、すぐに気を取り直して話を続ける。


『うん、その意気だ。それでいい。それでこそ、君の目的を達成できるというものさ……で、話を戻すが、連中は、君が【能力無し】であることを知っている』
「まあ何せ、犯人だものね」
『その通りだ。そしてそれはつまり、君が今残った対戦者の中では最弱スペック、しかも群を抜いて弱い対戦者であることを、彼女達は理解している。いや、誤解している、と言うべきことかな』


 キョウカは画面を移動させ、対戦者一覧を手前に引くと、残った対戦者の枠を点滅させた。


『残りは13名。おそらく、全ての対戦が終わるまでに必要なのは、あと4日か5日だ。君はその中で、彼女達が勝ち抜くための消化試合として組まれるだろう』
「つまり、それは」
『残りの対戦。君は高確率で彼女達の擁する対戦者とぶつかることになる。早ければ今夜にでも、だ』


 ぞくり。


 小夜子の心を、再び目に見えぬ「何か」が塗り潰し始める。


「好都合よ」
『サヨコ。強がるのはいいが、連中はおそらく、強力な能力を選んであるに違いない。能力に改竄を加えている可能性だって高い。きっと、手強いぞ』
「いえ、それこそ好都合よ」
『どうしてさ』
「その強力な奴らが、えりちゃんよりも私に向いてくる。その可能性が高いんでしょう?これを好都合と言わずして、何と言うの」


 小夜子の行動原理と意志は、あくまで恵梨香を守ることに向けられているのだ。
 彼女の言葉はそのことをキョウカに、強く再認識させた。


『確かにそうだね。まあ、エリ=チャンの【ガンスターヒロインズ】はかなり強力なものだ。そんじょそこらの相手には引けは取らないだろう』


 キョウカの言葉に頷く小夜子。


『だから連中も「事故」を避けるために、エリ=チャンとの対戦カードは出来るだけ後回しにするはずだ。君がその間に【ハートブレイク】、【ハウンドマスター】、【ライトブレイド】を始末しておける、というのはなるほど確かに好都合だな』
「でしょう?キョウカ、アンタにとってもそれは、スカッとする展開のはずよ。イカサマまでしていたクソ連中が、最もハンデを負っていた相手に打ち負かされるんですもの」


 そう言って小夜子は、楽しそうに唇を歪めた。





 パソコンで調べ物をしながら、


「そういえば、アンタ達の未来ってどうなってるの?」


 小夜子はそう、口にした。
 30分に区切っていた面談時間が余ったため、小夜子は今まで気になっていたことを、キョウカに尋ねてみたのだ。


『27世紀以降の未来ってことかい?』
「そう」
『いや、分からないよ』


 ベッドの上にあぐらをかいたまま、ぶんぶん、と首を振るキョウカ。


「はぁ?だってアンタ達の時代はタイムマシンあるんでしょ?未来にだって行けるんでしょ?」
『行けるよ。だってそうじゃなきゃ、この時代から27世紀に帰れないだろう』
「じゃあなんで分からないのよ」
『怒られるからだよ』
「【国際時間管理局】だっけ?そこに?」
『いいや。僕達の未来の未来人に、さ』


 思えば、キョウカ達の未来にもさらに未来はある訳で。
 その「未来の未来人」からすれば、過去から観光客が来る、というのは煩わしくはあっても喜ばしいものでもなかろう、とは小夜子にも容易に想像できた。


『タイムマシンの理論が完成した時、その一分一秒違わぬ同時刻に。各国の元首に対し、未来からメッセージが送られてきたんだ』
「何て?」
『【未来へは、来るな。来ようとすれば、処罰を加える】ってね』


 まるで怪談のキモ部分を話すかのように、おどろおどろしく、キョウカは口にした。


「へえ。ちょっとしたホラーね」
『まあ、実際当時は都市伝説扱いされていたらしい。それから一年ほど経つまでは』


 そして再び、語り始める。
 その内容としては、概ね以下のような内容であった。


【時間の復元力】、という言葉が27世紀には存在する。
 例えば、大虐殺を引き起こす極悪人を過去に戻って暗殺したとしても、結局は代わりの人間がその極悪人の立場に成り代わって大虐殺を引き起こす、というケースが挙げられる。
 キャストに変更を加えても、劇の大筋は変わらない。結末も、変わらないのだ。
 逆に、小夜子達のような「未来に繋がらないもの」は、歴史の本筋に繋がらない、存在の意味が無いことが確定しているという。キャストの変更候補にもなることも、無い。


 キャストに代役が充てられることや、台本がそれに合わせて調整されることを、【時間の復元力】、もしくは【歴史の復元力】と27世紀人は呼んでいた。
 過去への時間航行については、【時間の復元力】もあるため、正直な所、歴史の流れに大きく変更が加えられる恐れは少ない。よって、27世紀現行の体制や社会が揺らぐ心配も無い。
 元々、過去への航行については左程警戒も危険視もされてはいなかった。


 だが、未来に行くのというのでは、話は別である。
 動物と違い、人類社会というものは、基本的に未来の文明には太刀打ちが出来ない。当然未来の方が、科学技術が発展しているからだ。
 未来に行った者が技術を持ち帰ってきて、現在のパワーバランスを崩す、というのは27世紀の秩序の守護者達にとっても、受け入れ難いものであった。
 それ故、真偽も定まらぬ「未来からのメッセージ」は、すぐに各国の協力によって国際的に未来への航行を規制するきっかけとなったのだ。


 だが、極東の大国「中央革新人民共和国」は秘密裏に、速やかに未来航行への計画を進めており、しかもそれを他国は察知することが出来ずにいた。
 そして計画が実行に移される直前。
 巧妙に僻地に隠蔽されていた研究施設は、深さ数キロメートルに及ぶ巨大なクレーターを残し、次元の彼方へと消失した。
 消えた質量と範囲を換算すると、27世紀に実用化されている次元兵器の、数万倍の威力にあたる。


 翌日に、各大国の元首へ、再び未来からメッセージが届けられた。


『我々は「打診し、指導し、監視し、警告し、攻撃する」システムだ』、と。


 後日、共和国は【システム】からの再三に渡る指導や警告を無視し続けていたことが判明する。
 そして【未来への渡航禁止】は、各国間の取り決めというだけではなく、未来により監視、制裁されるという、より実効性のある条約になったのである。


『……という訳で、今では未来に行こうとする奴なんていないわけさ』


 えっへん、といわんばかりにキョウカがふんぞり返って講談を終える。


「ほーん」


 小夜子は、綿棒で耳を掃除しながら生返事をした。


『ちょ、君って奴は、自分から聞いておいてなんだよそれ!』
「いやー、だって何か難しくて……えりちゃんならそういうの分かるかもしれないけど、私にはちょっと……」
『このファッキンナー』


 ド、と言葉を続ける前に、ふっ、とキョウカの姿が消失した。
 おそらく設定していた30分の制限時間が来たからなのだろう。


 流石に悪いことをしたな、とも思いつつ。


「まあどうせ、対戦前と後にも会う予定だしね」


 ノートパソコンの電源を落とし、伸びをして、椅子から立ち上がる。


 キョウカの話を聞いていて、眠気が誘発されたのだろうか。
 あくびをしながら、小夜子はベッドへと移動した。


 そして恵梨香へSNSで、


《おやすみ、マイスイートハート(キス顔の顔文字)》


 と送ると、アラームをセットして眠りにつくのだった。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く