あなたの未来を許さない

Syousa.

第六日:02【御堂小夜子】

第六日:02【御堂小夜子】


 昼休み。


 席に座り、いつものようにパンをもしゃもしゃと咀嚼する小夜子。


(あの子は、ちゃんと食欲はあるのかしら。昨日の今日だし。あの精神状態だし……)


 恵梨香のことを気にかけつつ、ふたつ目のパンの袋を開けた。
 以前までの彼女は昼食時にパンは一つしか食べなかったが、今は小夜子にとっては戦時である。
 覚悟を決めたあの日からは、気力を損なわぬよう、食事は多めにとるようにしていた。
 今日は野菜ジュースまで用意している。


 そんな彼女のところへ、また中田姫子がやって来た。今日は珍しく、一人だけだ。


(中田さん、マメね)


 と思いつつも、視線は動かさない。
 今はカロリーを補充する時間なのだ。せめて食べ終わるまでは邪魔をして欲しくない。


「ミドブお前、昨日といい今日といい、調子に乗り過ぎじゃない?」


 小夜子は一顧だにしない。まだメロンパンは半分残っているからだ。
 もしゃもしゃと咀嚼を続け、嚥下し、またパンに口をつける。
 だが、ふとあることに気がついた。


(……今日?)


 昨日は分かるが、今日は何かしたかな、と首をかしげた。
 その間にも咀嚼は続ける。


「聞いてんの?」


 もぐもぐもぐ。


(何だろう。体育の時間に何かやったかしら?思い出せない。まあ、どうでもいいか……)


「無視してんじゃないよ」


 ガン、と机を蹴る姫子。
 ほぼ同じくして、小夜子は最後の一切れを口に入れる。
 もぐもぐもぐ。ごっくん。
 そして一人手を合わせ、「ごちそうさま」と言った。


「話聞けっつってんでしょ!?」


 軽く、上を見上げる。声を荒げる姫子と、目が合った。


(ああ、うるさいな)


 中田さん、貴女に割く精神的リソースは無いのよ。
 お願いだから、少し黙っていてくれる?ね?


 出来ないなら、黙らせてあげようか。


 簡単よ。今日は貴女一人だし。
 足を引き倒して机に顔を叩きつけてもいいし。
 シャープペンを目に突き立ててあげてもいいわ。
 まあ別に、道具が無くったって指で十分よね。
 だって貴女、隙だらけなんですもの。


 ねえ?


 出来ないと思っているの?


 いいえ。違うわね。


「……やらないと思っているの?」


 小夜子が、焦点の合わない瞳をしながら、にやり、と笑う。


「はぁ?」


 姫子は苛立った声を上げたが、同時に背筋に何か冷たいものが滑り落ちるのも、感じた。
 だが、彼女はその理由を理解できない。


 小夜子が机の中からペンケースを取り出し、蓋を開け、シャープペンをつまみ上げる。
 椅子の背に手をかけ、ゆっくりと立ち上がろうとした。


 その時。


「ちょっと失礼しまーす」


 という声とともに、教室の入口に恵梨香が現れた。


 その声で我に返った小夜子と、惨事を免れたことを知る由もない姫子が、


「えりちゃん!」
「恵梨香!」


 同時に声を上げる。


「あ、いたいた」


 恵梨香は、教室の入り口を通り、とてとてと歩いて席までやって来た。


「め、珍しいわね、恵梨香が1組に来るなんて」


 上ずった声を上げて、恵梨香に話しかける姫子。


「こんにちは、姫子ちゃん」
「え、ええ」


 小夜子の席越しに相対する二人の姿を見て、恵梨香が頭を傾けた。


「あれ?お取り込み中だった?」
「だ、大丈夫よ」
「そう?じゃあちょっと御免ね。さっちゃんに用事があって」
「へ?あ、そう……」


 どこか落胆したような姫子を他所に、小夜子を覗きこむような姿勢で、ぐぐぐっ、と顔を近づける恵梨香。


「今日は一緒に帰ろ?」


 いつもと同じ、柔らかい微笑み。
 そのはずなのだが。
 何故かその目には、有無を言わせない迫力があった。


「う、うん。いいけど」
「じゃあ、また放課後ね。迎えに来るから。先帰っちゃ駄目よ」
「え!?あ、うん」


 そこまで話したところで、


 きーん、こーん、かーん、こーん。


 と昼休みの終わりを告げるチャイムが鳴った。
 恵梨香は「また後でね」と言い残し、慌てて自分の教室へと帰っていく。
 小夜子と姫子は、その後姿を呆けたように見つめていた。





 柔らかいし、暖かいし、気持ちいいし、いい匂いがする。
 何というか、とにかくいい匂いがして、たまらない。


 しかし。
 他の人の視線が、微妙に痛い。


 学校も終わって、帰り道。
 小夜子と恵梨香は並んで歩いていた。
 ただし、恵梨香は右腕を小夜子の右肩に回し、肩を抱くようにして。
 小夜子も本当なら恵梨香の肩に手を回すべきなのだろうが、残念ながら二人の身長差はかなりのものである。腰のあたりに手を回すのが、精一杯だ。
 だがこの体勢。腕を組んでいた時よりもずっと密着度が高い。
 体の奥でどろりとした何かが蠢くのを、感じずにはいられない小夜子であった。


(でも)


 恵梨香がこんなにもスキンシップを求めてくるのは、精神が傷つき、壊れそうだからなのだ。
 恐怖からなのか。絶望からなのか。罪の意識からなのかも知れない。
 何かに縋りたくて、支えが欲しくて。
 それで、身近な小夜子に甘えているのだ。


 それを理解しているからこそ、小夜子はこの状態を喜ぶことは出来なかった。


 恵梨香の顔を見上げる。
 どことなく楽しげな笑みを浮かべながら、前を向いていた。


(……この笑顔の裏で、どれほど苦しんでいるのだろう)


 代わってあげることも出来ない。相談に乗ることも出来ない。
 辛い訳は分かるよ、と言ってあげることも出来ない。


 無力感に潰されて、萎れそうになる自分の心を誤魔化すため。
 小夜子は恵梨香の腰に回していた手をずらし、そのヒップを指の腹で撫で回す。


 流石に、チョップが飛んできた。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く